« TOKYO METRO 1978 | トップページ | あと2日・・・。 »

明石市立天文科学館

先日(11日)、訪問。もう何年ぶりだろうか、ここに来るのは。
毎日見ている建物ではあるのだが、中に入った記憶はほとんどない。最初に来たのは幼稚園のときだから昭和51(1976)年のこと。その後家族と一度来たらしいが、震災による被災、復旧オープン後は全く来ることもなく、先日リニューアルまでされたのだが。

Img_2536_1

結局、来た目的というのはおなじみ「レールクラフト阿波座」さんがNゲージを走らせるというからなのである。

Img_2542_1_2
レイアウト自体は山陽電車100周年で製作されたものの一部。

Img_2546_1
明石駅で並ぶ阪神8000系リニューアル車(マイクロエース)と山陽5030系(レールクラフト阿波座特製品)。

実はこのレイアウトが山陽鉄道フェスティバルでも登場するのだ。HO関係の方と話していたのだが、これは強敵である。一般の方にはレイアウト(要するにジオラマ)になっているほうが説得力がある。HOは関西有数の私鉄自作車両終結状態でマニアには有名だが、Nだって同じ状態が再現できるし(こちらは製品が出揃っているわけで)、 一般のお客さまにはどっちでも良い。ならばNのほうがメジャーなだけに有利だ。

Img_2553_1

それはともかく。すご~く久々にプラネタリウムに入って癒され、展望台に上がって風景を眺めて、それはそれで「のほへ~」とした一日を過ごしたのであった。

|

« TOKYO METRO 1978 | トップページ | あと2日・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

交通科学館の大レイアウトもただ線路を敷き倒してるだけじゃ子供たちは飽きるでしょうね。
先日、某電鉄に行ったら1階ロビーにジオラマ(いわゆるレイアウト)があって、一緒に行った女子社員が「少し見て帰りましょう」と異様に食いついてました(笑)
一般人は「ここが○○だから××系じゃない」とか重箱の隅をつつくような事は言わず、鉄橋を渡ってトンネルを抜けて・・・というのが楽しいんだなと思います。

投稿: えびび | 2010年10月14日 (木) 19時15分

私も長い間行ってません。
独り者なので、デートの機会にでも行きたいですが、さて相手がなんと言うか…

投稿: こういち | 2010年10月14日 (木) 20時36分

こんばんは。
Nをやってる私が申すのもなんですが、なるほど強敵、ですね。ただ、Nの車両アイテム数がこの10年ほどの間で飛躍的に増えたせいか、昨今イベントを見に行っても、「(この車両)どうやって作ったんやろ~!?」みたいな感動は少なくなってきているように思います。

投稿: odori-ko | 2010年10月14日 (木) 23時34分

出来てすぐに行きましたが,最近はレイアウトもあるの
ですか?楽しいでしょうね又行って見たいです。
瀬戸内海客船やフェリーが華やかなりし頃,神戸,大阪
行き航路の船上から、時計台を望遠レンズで写して
居ますが最初のは無粋?な市役所ビルが無いのでスッキリして居ます。

JST.E135.00はそれ以前人丸神社の傍にあった赤い
ガラス球に星が刻んであって、それを通した日光が底に
集中したら正午でした。

投稿: 830 | 2010年10月15日 (金) 10時35分

>えびびさま
そうですね。やはり風景の中を走っている模型を見ると心躍ります。自分の車両を持ち込んで走らせるカフェとかが流行るわけです。詳しいことは知らなくても素朴に楽しめますし、夜景もあれば尚良しということで。

>こういちさま
ウチはコッコ1号が幼稚園の遠足で行って、どうも親を連れて行きたかったみたいなので、模型の走行会もあってちょうど良い機会でした。
まあ、プラネタリウムは一人で行くところではありませんね~。癒されること間違いなしですが。

>odori-koさま
そうなんですよね。車両にしてもストラクチャーにしても製品が花盛りになってしまって、「おおっ、やっとるな~」みたいな感動は無くなりました。みんな売ってるし。これは”一般化”とか”普及”なんですね。歓迎すべき事象だと考えるべきなんでしょう。コアな世界のままだと、それはそれで社会性無し状態ですしね。

>830さま
いえいえ、レイアウトがあったのは私が訪れた11日の1日限りイベントですので、普段はありません。市役所ビルですか。私が気付いたときにはもう建ってましたね。横のホールにはかつて演奏会なんかで来たこともありますが、最近は仕事で市役所のほうに行く機会がたまにある程度で・・・。天文科学館って人丸神社側への出口もあるんですね。展望台から直下に歴代明石藩主の墓所が見えます。あまりに見下ろす感じなのが、なかなか”不敬”な感じではあります。

投稿: いぶきダンナ | 2010年10月16日 (土) 08時35分

いつもJRから見てますが中に入ったのは

・・・小学校の遠足で1回きりです(笑)
(20年以上前)

イベントでのレイアウト・・・しかもジオラマとなると
人の集まりも食いつきも違いますねー

マニア視点(笑)ではHOの作りこみも気になりますが
一般の方にはNゲージですかねぇ~

来週は抽選があたったので山陽・阪急の2連チャンになりそうです(^_^;)


投稿: かわ氏 | 2010年10月16日 (土) 13時03分

>かわ氏さま
やはりそんなもんですよね~実際に入った回数・・・。
マニア視点ではNもHOも作り込みということになり、両方あったほうが「より楽しい」はずです。逆に一般の方にとっては、HOでも簡単な家やビルやクルマなんかが添えてあれば対抗できるのかも知れません。いや、対抗しても仕方がないのですけれども・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年10月20日 (水) 01時35分

こんばんは。
>いぶきダンナさま
感動が無い、と申す私自身、しばらく作ってませんね~。秋の夜長ですし、そろそろまた車両工作を始めたいところではありますが・・・
明石の話題のついでですが、明石市営バス民間移譲の事業者が、神姫バスと山陽バスに決まったようですよ。

投稿: odori-ko | 2010年10月20日 (水) 21時05分

odori-koさま
HOに転向してからは気軽に車両工作していないような気がします。Nってシビアに考えなければ結構気楽に取り組めるところがありますので、そういう意味では楽しく工作できたのかも知れません。あ、この前何か忘れているなと思ったらBトレ京阪800をお渡ししていませんでしたね。すみません。また今度と言うことで・・・。

明石市バスの民間移譲ですか。山陽は明舞団地方面なのでしょうか?それとも共同運行(まさか)?公営交通には問題も多いと思いますが、何か多様性が失われるのもどうか、と。オレンジ一色になった姫路駅前に立つと、これで良かったのだろうか?と思ったり・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年10月21日 (木) 02時13分

こんばんは。
>いぶきダンナさま
細かいものが少し見えにくくなってきたのもありますが、Nだと「(細かいとこ見えへんから)このくらいでええやん」というのはありますね~。Bトレ、次の機会でよろしくお願いします。<(_ _)>
>明石市バス
昨日、ようやく市のHPに詳細な情報が出ました。大雑把には明石駅発着系統は神姫、朝霧駅発着系統は山陽ですが、例外もあり、神姫の担当となる明舞線のうち、サブルートである明石駅~北センター~朝霧駅とか、朝霧線の明石駅~大蔵海岸~朝霧町~明石駅は山陽になっていて、互いに競わせよう、ということでしょう。定期券での相互乗車とか、利便性が損なわれないようにお願いしたいものです。。。

投稿: odori-ko | 2010年10月22日 (金) 21時23分

odori-koさま
そうなんです。「このくらいでええやん」というのは「いい加減」ではなく逆に作者のセンスが問われる部分でもあるわけです。ただ、昨今の完成品洪水の中でそういう模型的センスより「何でも実物通りリアルに」といった風潮で、おおらかさを欠いているようにも思います。

明石市バスの件、確認しました。なるほど~、というか何というか・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年10月24日 (日) 00時10分

こんばんは。
>おおらかさを欠く
そうですね。ネットで情報を得やすくなった反面、ちょっとした差異でも目に付きやすくなったせいでもあるのでしょうが、全体の雰囲気とか、バランスが極端に違わなければそれでいい、とは思いますね。
>明石市バス
色々な見方があるかもしれませんが、少し何だかな~、という気はします。。。

投稿: odori-ko | 2010年10月25日 (月) 00時37分

そうですよね~。マイクロの京阪3000。どんなにどこをこだわっても、色があれでは「あちゃちゃ~」です。エンドウの名作は今見ればな~んにも付いていませんが、でも誰が見ても京阪3000でしたもんね~。模型で大切なことは、結局そういうことですよね。

投稿: いぶきダンナ | 2010年10月25日 (月) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/37231595

この記事へのトラックバック一覧です: 明石市立天文科学館:

« TOKYO METRO 1978 | トップページ | あと2日・・・。 »