« 山陽鉄道フェスティバル2010 | トップページ | 最近のひらめき »

日野TCはしご消防車

というが、実物ではなくてミニカーのお話。日本で絶大な人気を誇るミニカーと言えば「トミカ」であるが、では「トミカ」で最も売れた車種とは?まあ、有名な話なのでご存知の方も多いだろうが「日野はしご消防車」なのである。トミカとしては長期に渡って製造されていたことをある程度考慮する必要はあるが、子供たちにとって消防車が「カッコ良い」存在であることは言うまでもなく、伸びるはしごのギミックなど今見てもよく出来たミニカーだと思う。ベストセラーだということは納得できる。

Img_2906_1
↑これ。絶版になる直前、あわてて入手したもの。すでに日本製ではない。

ここからが本題。
この日野はしご消防車が昨年、トミカリミテッドヴィンテージネオで発売された。スケールは統一64分の1のため、通常のトミカよりはるかに大きい。

Img_2905_1

↑これ。定価7,770円となかなか躊躇する金額。(付属品は未取付け)

昨年の第1弾は田原市消防署(だったか)仕様で、回転灯は角型の散光式みたいなやつで、車体は単色白文字ロゴという近代的な姿であった。ダンナ「すごいな~」とは思ったが、逡巡しているうちに完売。店頭で見ることはなく、ほぼ予約で消滅した感じだった。それでも周囲の同僚や新入社員に「買いました~!」みたいな人がいたし、このブログの読者も買った方がおられた。

周囲が入手したと聞くと、何となく欲しいような、メーカーに乗せられているような、そんな気分でいると同系の化学消防車も発売された。いよいよ「乗せられている」感が強くなったのだが、そのうち忘れていた。もうこのトシになると、何が何でも手に入れたいという強い思いは薄れているのだ。

で、今年。やはりというか、柳の下にというか、第2弾として小山市消防署仕様が発売された。今度のは円筒形の回転灯が付き、車体も金色の飾り帯、同じ金色の特徴あるロゴなど、スタイル的には「そりゃ、こっちでしょう。」みたいな姿で、前回予約完売だったので生産数を多くしたのか、第2弾ということで購買意欲が減退したのか、店頭にも出たので買ってしまったのである。だいぶショーウインドーの前で迷ったけどね~。

ここで思うのはメーカーのしたたかさであろう。いわゆるコンプリートされるヘビーコレクターの方は仕様違いでも出るたびに買うので問題ないが、ダンナのようなライトコレクターの場合、複数仕様が出ると自分の好みの仕様を選ぶ。確証はないが、今回のTCの場合、後から出た小山のほうが「イメージにぴったり」という方は多いのではないか。だが多くは先発の田原を購入したはず(とにかく入手困難だったし)で、小山が出て「しまった」と思い、泣く泣くまた買う、みたいな。田原のほう、希少価値はあるだろうからミニカーとしての価値は小山より上なんだろうが、ダンナのように「欲しい車種を1台だけ」と思う人間からすれば「第1弾をあわてて買わなくて良かった」というところ。そのうち決定版として「東京消防庁」仕様あたりが出たりなんかするのだろうが、もう買わんし。

TCのほうは実物写真が撮れていないが、同じスタイルで2軸のKBのほうは以前紹介した。
http://chanoma-ibuki.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/kb_281c.html

|

« 山陽鉄道フェスティバル2010 | トップページ | 最近のひらめき »

クルマ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

トミカで育った世代がトミカを作ると、こういうモノができるんでしょう。
その値段を聞くと子供のオモチャではなくなってますよね。
ミニカーに限らず、あらゆる世界で“子供の頃、こういうのが欲しかった”ものが製品化してるような気がします。
細密な完成品があるからプラモデルが売れないんでしょうか?
ましてや、プラモデルを“素材”として違うタイプを作る人が若い世代にどれだけいることやら・・・
ま、こちらも情報がありすぎて腕がついて来ないジレンマはありますが。

投稿: えびび | 2010年11月 5日 (金) 22時18分

こんばんは。

この手のマニアには最初に出たほうが希少品という事で価値があるようですね。いっそこれが1/43シリーズで再登場すれば面白いのですが…

それにしてもTCハシゴ車の現物はまだ全国に案外残ってそうですね。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年11月 6日 (土) 02時47分

>えびびさま
同感です。バスなんかでも子供の頃「もっとキチンとした製品はないんかい!」と思っていたクチですし、バス以外でも海外のコレクション用のものを見ると日本のミニカーがチープに見えていましたので、そう感じた世代が作り手であり買い手であるのが現在なのかも知れませんね。
腕がついて来ない・・・これまた同感。DD51とか、気軽にキットでも組んで遊ぶ、みたいなこと出来ませんもんね~。何号機がどう、とかいう世界で。情報が溢れすぎているのもどうかな、と。まあ、昨今のコドモは手を動かしてモノ作りをしませんし、技術大国日本もまもなく終焉なのだろうかと危惧しています。

>西日本総合開発さま
純粋なコレクターさんにはそれで良いのですが、「この車種が欲しかった」程度のダンナのようなファンの場合、第2弾のほうを入手できればそれで良かったのです。1/43再販は面白そうです。一体いくらで売れるのかとも思いますが、海外には消防車モデルが豊富で大きいのもありますからね~。
TCはしご車、今もありますかね~。2年前のKBの話のときも現存車少なかったし。はしご車は価格が高いので寿命は長い傾向にありますが。

投稿: いぶきダンナ | 2010年11月 6日 (土) 10時35分

Mっちょからこちらを教えてもらって覗いてます。
そういえば、中学のとき、君はいつも電車やバスの絵を精巧に書いていたね~
趣味を極めるってスゴイね!

投稿: ? | 2010年11月 7日 (日) 23時50分

>?さま(何か手がかりになるハンドルネームお願いできますか?)
Mっちょ、元気にしてる~?結構長いこと連絡取っていないので、ちょっと心配していました。電車やバスの絵、小学校のときから描いていましたね~。趣味を極めているように見えますが、極めているヒトはもっとすごいです。仲間内ではまあライトなほうなんですが・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年11月 8日 (月) 10時57分

高松市生島にある 消防学校に廃車ではありますが 自由に見られるのがあります。
隣に無料の防災センターも合わせてお子様連れでおいでてください。

投稿: OKMR | 2010年11月 9日 (火) 00時02分

こんにちは。

関西方面にもごく最近は残っているか不明ですが、まだTC後期ハシゴがちょっと前まで残っていたのは知人経由で確認済みです。

ちなみに私も基本は「この車種が欲しかった」レベルです。ただ一部マニアックに造り込みたくなる時もあるのが問題だったりします。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年11月 9日 (火) 13時46分

>OKMRさま
そっち方面には行く用事が最近出来ましたので、是非寄らせていただきます。私が学生の頃はそんな無料の施設あったかな~?周辺はよくウロウロしていたのですが・・・。

>西日本総合開発さま
情報ありがとうございます。さすがに消防車を追い求めるまで手が回りませんが、私個人としては旅先で見かければ押さえる、という感じで・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年11月11日 (木) 09時08分

こんにちは。

確かにあのバスネタの豊富さを見ると消防車までは手が回らないでしょうね。そういうのを見たさに遠方まで旅をするメンバーというのも居ますが…

投稿: 西日本総合開発 | 2010年11月11日 (木) 10時57分

そんなに古くないですよ
できたのは10年位前でしたか

香川県防災センター

トップページにほんのちょっとだけ消防車写ってます

http://www.pref.kagawa.jp/kikikanri/bousai/top.htm
高松市生島町689-11(香川県消防学校教育訓練棟1階)

開館日時
開館時間 午前9時~午後5時
 (正午~午後1時までは、昼休み、設備点検、清掃などにより体験できません。)


休館日 

毎週月曜日 (月曜日が祝日の時は、翌日火曜日が休館日となります。)
年末年始(12月29日~1月3日)

投稿: OKMR | 2010年11月11日 (木) 13時27分

>西日本総合開発さま
私は「そういうの見たさに旅をするタイプ」ではないです。もちろんバスに対しても、です。「旅をしていて途中でそういうのに出会う」楽しみを大事にしたいとは思っています。

>OKMRさま
なるほど~。HPのほうも拝見しました。香川県民でなくなって15年も経つと確かに知らない施設は出来てますよね。これは行かなければ・・・。
っていうか高松市内、知らない道が増えて迷子になりそうです・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年11月12日 (金) 09時07分

こんばんは。

そういえば以前もそういう話をされていましたね。

ところで香川県防災センターHPのトップに写りこんでいる消防車ですが、どうも安全窓で判断するにTCと同じ前2軸のスーパードルフィンFNみたいですね。グリルがどの辺の世代か見切れないので残念です。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年11月13日 (土) 03時49分

西日本総合開発さま>
よく考えたら もうちょっと新しい世代かもしれません。 無知をお許しください。

これ以外にも パトロールが置いてあります。
走行距離を見るとびっくりするほどすくないですが 廃車です。

投稿: OKMR | 2010年11月14日 (日) 19時51分

>OKMRさま
いや、私もトラックはあまり詳しくないので・・・。細かい型式はバスと同じようにあるのですが、実はさっぱり判りませんので・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年11月15日 (月) 16時13分

OKMR様こんばんは。

いえいえ、TCでなくともスーパードルフィンすら今ではP規制世代だと希少です。最終型のU規制世代ですら大阪では排ガス規制で全廃だと思います。近くだったら間違いなく貴殿の情報を頼りにドルフィンFNを見に行っていたはずです。

消防車って普通のトラックみたいに走って稼ぐ道具じゃないので、解体屋さんに入荷してきても驚くほど走行距離が少ない程度良車が多いです。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年11月15日 (月) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/37537888

この記事へのトラックバック一覧です: 日野TCはしご消防車:

« 山陽鉄道フェスティバル2010 | トップページ | 最近のひらめき »