« 「兵」ナンバー | トップページ | 続・商業ビルC »

商業ビルC

久々にNゲージ模型のストラクチャー。

01_2
埃まみれなのはご容赦を。トミックス製「商業ビルC」なる製品。HO運転会用仮設建築物を製作するにあたって、そもそも「ビル」ってどのくらいの寸法か知りたかったために1棟購入。街並みの建て込んだ場所を想定しているのか、背面はノッペラボウで通用口も非常口も何もないシンプルなデザインだが、基本寸法を得るためだけに買ったので問題ない。これを基本に街で見かけたホンモノのビルを模型化するつもり。最新号のアールエムモデルズに同じような発想の記事があった。

だが一次試作としては、まず「商業ビルC」そのものをHOスケール化してみるのが簡単ではないか?と。ここからは「作業」。単に各面をスキャンして拡大してみた。レンガの外壁が意外なほどいい感じ。

02
80分の1に拡大して艶消しのパソコン用厚紙に印刷したもの。この時点では「展開図」としてただ箱状に組み立てるつもりだった。別に窓を抜かなくても「箱」のまま十分使えそうである。

03
ちょっと面倒だが窓を抜いてみた。もっと窓が多い場合はクラフトロボで抜かせるのが簡単だ。今回は手作業。

04
窓を抜くと強度が落ちるので、百均で購入の糊付きスチロールボードで補強する。窓部分は大きく抜いて窓ガラスを貼りやすくした。ガラスは茶色く変色してしまった古い透明塩ビ板を使用。着色されたガラスの表現ができた。

05
スチロールボードを大きく抜くとさすがに強度に問題がありそうなので、窓を抜いたときに出た廃材で裏側を補強してみた。糊付きなので便利だ。

06
揃った各部材。サッシ部分は銀色ステッカーを細く切り出したもの。サッシ自体の表現はいろいろ考えられるが、今回は製品のデザインをそのまま使った。写真で分かるがNサイズ(左上)よりはるかに大きくなる。計算上そうなるのは理の当然だが、実際に作ると実感できる。小規模なマンションでもHOだと相当大きくなる。最初に「公団住宅」なんぞに挑戦しなくて良かった。

で、さあ組み立てよう!と思ったら、スチロール用の接着剤が家に無かった。

今日はここまで。作業時間・約4時間程度。

|

« 「兵」ナンバー | トップページ | 続・商業ビルC »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

作業4時間ですか… お疲れ様です。HOスケールでこの大きさだったら、うちのペーパークラフトは約倍サイズですからA4プリンターでは拡大印刷不可能ですね。でもジオラマとしていずれ建物も考えてはいます。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年1月29日 (土) 03時35分

このあたりはさすがにNゲージの出番でしょうね。比較的小さなスペースでも大都会の光景が再現できたりしますから。さすがにペーパークラフト用のストラクチャーはウチでは考えていません。

投稿: いぶきダンナ | 2011年1月30日 (日) 11時00分

こんばんは。

トラックプラモの方は外撮りで背景を綺麗に表現している場合も多いのですが、さすがに紙を迂闊に外へ持ち出す勇気が無いので何か室内でも背景を誤魔化せないか思案しています。

うちの部屋はとにかく物が多く、普通に撮ると写り込む背景がゴチャゴチャになってしまいます。それでペーパークラフトの未舗装路の土台を撮影時に下に敷くとか、背景になる部分にペーパークラフトの構造物を置いてみたり色々挑戦中ですが、思うような効果が出ないんですよね。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年1月31日 (月) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/38648575

この記事へのトラックバック一覧です: 商業ビルC:

« 「兵」ナンバー | トップページ | 続・商業ビルC »