« 播磨町or稲美町 | トップページ | 西日本車体 96MC B-Ⅱ ペーパークラフトの製作 »

思い込み

ダンナ、長い間稲美町は「神戸ナンバー」であると思い込んでいた。この件で再三「神戸ナンバー」だと記載している。だがしかし、実は「姫路ナンバー」なのである。ダンナ、稲美中央公園駐車場でクルマを見ていて、みんな「姫路ナンバー」だと気付いてはいた。しかし、思い込みとは恐ろしいもので、「事実」を目の前にしても「真実」が見えないものなのである。会社の同僚が「真実」と「事実」は違うと言ったこともあったが・・・。

Minicab
そろそろ珍しくなってきた4代目三菱ミニキャブ。もちろん「姫路ナンバー」。事実を前にして真実が見えないわりには、珍しくなったこのミニキャブを「撮る」という点でダンナ冷静である。

Corollavan
同じく稲美中央公園でのE100系トヨタカローラバン。プロボックスに置き換えられて消えていく車種である。今撮ることが大事なのだ。こちらも「姫路」ナンバー。この時点で不思議と思いつつも・・・。

そもそも、どこかで「稲美は神戸ナンバー」と聞いたのである。ただ、稲美町自体が神戸から見るとマイナーな自治体だったので、現実問題として忘れていたのだ。ところが、あるとき某社の高速バスが「稲美町でキャンピングカーになっている」という情報を聞きつけ、現地に出向いたところ、その”キャンピングカー(実際は某社の高速バス)”が、神戸ナンバーを付けていた。これにより、過去の誤った情報と目の前にある現実が結びついて「稲美町は神戸ナンバーである。」という間違った情報がインプットされ、強固に脳内のシナプス回路に固定されたのだろうと推測する。

そう言えば、ダンナ父が文系で読み書きにうるさかったにもかかわらず、「出羽」を「でば」だと信じていた。思い込みというのは、そういうことなのであろう。

ま、とにかく。稲美町も「姫路ナンバー」なのである、と。

失礼しました。

|

« 播磨町or稲美町 | トップページ | 西日本車体 96MC B-Ⅱ ペーパークラフトの製作 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

思い込み、だれでもあることだと思います。

私の場合、家内とまったく同じ思い込みをしていました。某カレーチェーン店を「○○壱番館」と思い込んでいて、看板を見ていても二人とも見えていない!
実際は「○○壱番屋」だった訳で。

静かに代替されていく車両、特に商用車。マイカーのように残そうとする行動が企業にないだけに、記録は大事ですね。
事業者により、低廉であるが快適さを重視してバンから乗用系ワゴンに変更されたりすることがあります。
同じ医薬品問屋でも近畿のN県の支社では、バンではなく、社名の表示も無し、色もまちまちで覆面のごとく車種を変えて配備しているのは、ライバル社との契約競争のためか?とも思っています。
面白くありませんねぇ。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2011年6月 1日 (水) 12時51分

>アルプス銀水タクシーさま
それにしても大胆な思い違いだったとは思いますが・・・。
商用車、気が付くとランサーバンなんかも撮り損ねています。あんなにいたのに・・・。最後の自社生産デリカもどこかの運送屋が使っていたのを撮り損ねて・・・。昔は何でもバンが存在したものですが、カローラバンが最後かな、と。ここ数年で消えていく車種には違いないです。ワゴンのほう、兵庫県がアコードワゴンやプリメーラワゴンを使っていて驚かされます。ペールグリーンの車体に白帯は目新しいですが、確かに面白くはないですね~。

投稿: いぶきダンナ | 2011年6月 1日 (水) 21時15分

お恥ずかしい次第ですが、思い込み違いに気がついたのがまたまた笑わせる訳でして。
山形県内を走っている時、「おっ、看板までそっくりの店やな~」と夫婦で関心して、確認すると自分達が間違っていた事に気付いたんです。

「バンってなんですか?」なんて事になるんでしょうね。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2011年6月 2日 (木) 12時54分

>アルプス銀水タクシーさま
私のほうはその店からはかなり遠ざかっています。そろそろコッコ1号も解禁かと、久々に行くか、などと言っています。なにせ新ロゴになってから行っていないもので・・・。

「バン」確かに。

荷物列車と貨物列車って何が違うのですか?
カセットテープ、使ったことないです。

いずれも最近実際に聞いてしまいましたし。

投稿: いぶきダンナ | 2011年6月 3日 (金) 10時55分

よく神戸、横浜、湘南ナンバーの人気が高いなんて
言われましたね。今は品川も??

同じ港町でも長崎が入っていないのが???

投稿: 830 | 2011年6月14日 (火) 10時46分

>830さま
湘南は新顔ですね。品川は昔から人気だと聞きます。東京の中心だからか、と。以前週刊朝日「デキゴトロジー」に苦心惨憺して都内ナンバーを得る人の話が出ていましたが、何の地縁もないナンバープレートが”カッコ良い”はともかく”欲しい”という人の気持ちは分かりません。郷土のナンバーが一番馴染むもの。誇りを持って乗りたいものです。

投稿: いぶきダンナ | 2011年6月17日 (金) 15時05分

ホンコンナンバー なんて言われる地区に住んでいると 神戸ナンバーはかっこよく思えたものです。
バブル期には とくにそういう思考が強かった気がします。

いまだにちっともかっこいいとは思えないので 倉敷のようにご当地ナンバーで 高松 なんてあったらいいのに・・ とちょっと思いました。

投稿: OKMR | 2011年6月17日 (金) 22時28分

>OKMRさま
私も香川に移住したときは「神戸ナンバー」のまま乗りたいと思ったものです。しかし住めば都とはよく言ったもので、そのうちホンコンナンバー(笑)にも親しみを感じ始め、喜んで乗ってました。
「倉敷」カッコエエですね。「堺」も渋いです。「高松」欲しいですね。何となく「兵庫」がダサくて「神戸」がカッコ良いイメージがある、同じ感じがします。

投稿: いぶきダンナ | 2011年6月21日 (火) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/40147357

この記事へのトラックバック一覧です: 思い込み:

« 播磨町or稲美町 | トップページ | 西日本車体 96MC B-Ⅱ ペーパークラフトの製作 »