« 六甲道 | トップページ | 潮干狩 »

ラヂオ塔

こういちさまとアルプス銀水タクシーさまからの情報により「ラジオ塔」なるものを初めて知った。早速明石の旧遊園地近くを流していると、公園の中に何かが建っている。「なんじゃあれ?」

近寄ってみる。

Img_0649_1
中は何もないようで、こういちさまの情報通り「ボディ」のみということだろう。

Img_0650_1
「ラヂオ塔」の文字。確かに戦前のシロモノだ。

Img_0651_1
4面のうち北側の1面には「明石市」の文字が。これも右書き。

Img_0653_1
奥は明石市役所。目と鼻の先にあるというのはこのことだ。 まったく、ノーマーク物件である。

ラジオが高価で一般家庭にまで普及していなかった昭和初期、NHKなどにより全国の公園などに設置された”街頭ラジオ”がラジオ塔である。1930(昭和5)年に天王寺公園に登場したものが最初といい、終戦までに全国400箇所以上設置されたという。現在京都に7基残存しているが、全国では10数基が残るのみとか。

これって、「近代産業遺産」では?
明石市のガイドマップには出てこないが、全国的に見て貴重な物件であることは疑いなく、県内唯一の存在である。こんなもんが市役所の前にあるとは・・・。

まあ、周辺状況から見てすぐに消えるものではなさそうだし、これからも残しておいてほしいと願うものである。

|

« 六甲道 | トップページ | 潮干狩 »

建物」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

街頭ラヂオですか。こういう「台」がかつてあって、全国にまだ残っているとは知りませんでした。

今でもなにかしら、ラジオ(もしくはそれに類するもの)を載せて流してくれればよいのに・・・。

NHKのラジオ体操ぐらいならよさそうですが。

投稿: みささ | 2011年6月21日 (火) 22時35分

残っていてよかったです。ありがとうございました。

明石市の名があるということは、設置に関して市が費用を出したようですね。NHK各放送局のコールサインが入ったところもありますし。

いずれにしても、残っているのが県内唯一のようですから貴重なものですね。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2011年6月21日 (火) 23時39分

こんばんは。

なるほど、色々な遺産がまだ残っているんですね。かくいう私は予てから興味のあった、東淀川の砲台跡を知人宅の近くという事で先日見てきました。あれは近い将来、計画道路の用地買収が進めば1個を残して取り壊される恐れが高いようです。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年6月22日 (水) 01時20分

夏のラジオ体操会に使用されたのでしょうね?
戦時中は警戒警報や空襲警報の「中部軍情報----」
に。

投稿: 830 | 2011年6月22日 (水) 10時49分

 はい、そのラヂオ塔ですよ。あまりに貧相なので人知れず取壊しになった物が多い物件です。
 稼働している物は無いと聞いてます。
 以前は、三ノ宮の東遊園地や神戸な大倉山にもあったそうです。
 西日本総合開発さんの言われてるのは、砲台マンションの事でしょうか?
 神戸には、砲台は葺合町とその大倉山にあったそうですが、遺構としてはレンガの門柱ぐらいですね。

投稿: こういち | 2011年6月23日 (木) 22時17分

こういちサン:
大倉山は高射砲陣地でしょう?
戦時中に一度B29を撃墜したのが歌敷山から
見えました。馬鹿にして低空飛行していたので---

ラジオ塔は本当に貴重だから明石市役所近くのを
残して置いて、災害情報などの広報にでも-----。

投稿: 830 | 2011年6月26日 (日) 13時22分

>みさささま
やはり主目的はラジオ体操だったようです。公園の中心などにあったようで。明石のはちょっと大勢集まるには適当でない場所なのですが・・・。

>アルプス銀水タクシーさま
そうですね。比較的容易に見つかりました。せっかくなのでガイドブックなんかにも載せて名所化しても良いと思います。なにせ県内唯一ですので。

>西日本総合開発さま
なかなか東淀川とはdeepな場所ですね~。砲台に住んでいるのもすごいですが、60数年も放置されているという土地柄も・・・。いやはや。

>830さま
平時はラジオ体操でしょうが、戦時の警報も流していたのでしょうね。歴史の生き証人とも言えます。やはり保存&PRでしょうか。大倉山の高射砲とサーチライトの話は高校時代、英語の先生からさんざん聞かされました。serchという単語つながりで・・・。

>こういちさま
京都・円山公園のものは復元されているようです。当時のラジオではないようですが、機能を果たしているみたいで。一度行って見てみようと思います。
大倉山の高射砲はレンガ門柱が残っているのですか。これも見てみたいですね~。

投稿: いぶきダンナ | 2011年6月26日 (日) 18時48分

 葺合砲台のレポートはこれです。http://spn.blogs.yahoo.co.jp/jzs133b/5222814.html
 大倉山のは話しをしてくれた老人が「砲台、砲台」と言うので砲台と思いましたが、高射砲陣地なんですね?
 砲台マンションも大浜公園のラジオ塔も撮影してますが、アップしてたかがわかりません。
 砲台マンションは近辺にかなり戦争遺跡がありましたよ。
 廃品再生工場の中にとかに司令部の土台とかありました。
 残して欲しいのですが…

投稿: こういち | 2011年6月27日 (月) 21時17分

こういち様こんばんは。

東淀川のは砲台マンションというのか詳しく存じませんが、大東亜戦争中の砲台が幾つか残っていまして、そこに戦後いつしか居住開始されたようです。

テレビで取り上げられてからは随分と客人が多くなったらしく、一応個人の現住物なのですが勝手に砲台部分へ外階段を使って上がる方が増えたせいで、今は立ち入り禁止の注意書きと共に階段にチェーンを掛けてありました。

私が見た限り、2個は道路予定地の中にあって現在も誰か住居として使っている様子でしたが、もう1個が工場の建屋の中に残っているらしいのです。どうも砲台を囲むように工場を建てたようですね。地元の友人の話だと、そっちは道路予定地から外れているので将来的にその1個だけが残るだろうとの事でした。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年6月29日 (水) 00時54分

管理人様こんばんは。

東淀川はこれから少しずつ変わっていくみたいで、古き良き歴史的建造物も消えていくようです。

阪急京都線の淡路駅周辺も高架工事に入りましたし、城東貨物線の複線化によるJR大阪東線の東淀川区間の工事も始まっていますので、徐々にディープ感が薄まっていくのでしょうね。しかし東淀川って旧車の廃車体が意外な所に置かれていて、行くたびに驚きの発見があります。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年6月29日 (水) 01時02分

>こういちさま
葺合砲台のレポート、拝見しました。なかなか微妙な感じですね。跡地しかないのでしょうか?大倉山のは私は英語教師の雑談が元ネタですので、830さまのお話が確実かと思います。

>こういちさま、西日本総合開発さま
砲台マンションのお話、結構あちこちのサイトに出ていますので概要は理解しました。あとは実地検分するだけか、と。いや、行けるのか?と・・・。廃車体ですか~。土地柄が土地柄だけにありそう感は満ちていますが。まさかトラックが落ちているとか・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2011年6月30日 (木) 23時08分

こんばんは。

東淀川の砲台は各線の新大阪かJR東淀川から歩いて行けないことも無い距離ですね。ちなみに砲台跡の一戸の目の前には古い軽トラの廃車体がありましたよ。

トラックですが別の東淀川区内で2tロングの古い箱車が落ちています。あれは路地裏でかなり見つけにくい場所でしょうね。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年7月 2日 (土) 00時49分

>西日本総合開発さま
砲台マンション、とにかく見てみたい物件なのは事実です。なかなか怪しい土地にあるのがネックではありますが。取り壊しはどうかと思いますね~。ここまで残ったなにせ第二次大戦の遺物なわけですから・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2011年7月12日 (火) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/40489970

この記事へのトラックバック一覧です: ラヂオ塔:

« 六甲道 | トップページ | 潮干狩 »