« ラヂオ塔 | トップページ | 更新一時休止のお知らせ »

潮干狩

実際、”潮干狩”というレジャーが現代でも存在しているのか実は懐疑的であったのである。ただ、平日昼間に小さい子供を連れた母親が熊手やバケツを下げて電車に乗っているのを見ると、やはり現実として潮干狩に行く人もいるんだ~、などと、あまりイメージできないまま受け止めたりしていたのだが、

ようやく。

Dsc_0014_1
やって来ました。姫路市は的形の潮干狩場。7月以降は海水浴場でもある。

Dsc_0012_1
おおっ、結構な人出である。このところ週末の天気が悪かったこともあり、たまたま晴れた土曜日に集中しただけかも知れないが、ひとつの海辺レジャーであることは間違いない。ただ海水浴と違ってカップルの姿は少なく、小さい子供を連れたファミリーと会社団体が主な勢力のようである。

Dsc_0015_1
自然にいるのか、夜のうちに漁協の人が撒いてくれているのか、アサリが採れる採れる。思わず熱中。なかなかに面白い。来年は暑くなるまでに来よう。

ダンナ、潮干狩2度目である。1度目は小学校1~2年生のとき。山陽電車の団体貸切列車を利用した。”団体貸切”という特別仕立の列車にみんな「おおーっ」という感じだったが、来たのは300形4連で、座席が少ないので立ったまま。ガラスは曇って外も見えないし。おまけに雨が本降りになって海に出ることも叶わず、結局潮干狩どころではなかった。今から思えば300形の貸切なんぞ貴重な経験ではあったが、当時は全車健在の時代でもあり単なる「ボロ電」であった。

なので、こうやって貝を掘ったのは「初めて」の経験であると告白しておこう。

|

« ラヂオ塔 | トップページ | 更新一時休止のお知らせ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も同じく貸切で的形でしたが車両は2012編成。
帰りは混乗でした。
まて貝が採れれば嬉しかったもんです。

家族で行っても3年生くらいまででしょうか。ちなみにうちでは一昨年から今年まで連続3年行ってます。

職場でのにわか調査です。「潮干狩り遠足に行った経験は?」
やはり阪神間では神戸市内まで、西宮・尼では無いとのこと。大阪市内や南大阪になると二色浜あたりに行くんですと。
奈良では泉南か津あたり隣県の三重へ。
兵庫北部・京都・滋賀では「潮干狩り」自体をご存じない方が多かったです。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2011年6月28日 (火) 04時24分

香川では坂出綾川がメジャーな潮干狩りポイントでしたが 最近ではすっかりアサリが捕れなくなって マテ貝ばかりになっています。
マテ貝捕りは面白いのですが どぶ臭くて食べられたものではありません。

参考までに 潮干狩りには 海上保安庁のHPにある「潮干狩り情報カレンダー」が役に立ちますよ。潮干狩りに適した、潮が大きく引く(干潮)時期を知ることができます
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN5/siohigari/pdf/H23osaka.pdf

投稿: OKMR | 2011年6月29日 (水) 23時51分

>アルプス銀水タクシーさま
アルプスさまのご家庭は毎年行かれているんですか?一度ご一緒したいですね~。ウチは結構気に入ったみたいで来年も行こうかと思っているんですけれども・・・。
二色浜、有名ですよね。よく聞きます。地域性が似てますよね、あの辺とは。
潮干狩を知らない方もいらっしゃるとは・・・。ウチの会社は恐らく全員が知っていることと思われますが・・・。

>OKMRさま
マテ貝って穴に塩を入れると飛び出す、アレでしたよね。私も塩は持参したのですが、アサリ採りに集中してしまって、それどころではありませんでした。
干潮時期ですが、私の地域では駅に置いてあるパンフレットに塩見表(大潮かどうかも含めて)が掲載されていますので、HPを見るまでもないという感じです。

投稿: いぶきダンナ | 2011年7月 1日 (金) 00時08分

今は的形ですか--私は3年生の春の遠足が白浜の宮
での潮干狩りでした。
西舞子から2代目76+宇治電51の2両編成でしたが、
浜の宮辺でご多分に漏れず2代目76のポール回転子
がすっ飛んでしまい、運転士が屋根に上がって前の
ポールをグルリと廻して通電で運転再開。
その日の獲物は蛤の小さなのが2-3個だけでしたが、
浜茶屋で竹のスプーンの紅茶を一杯飲めました。
その内に「舞子の遠足は雨」の例に漏れず雨が降り出し、帰途は宇治電51型に乗って西舞子で解散。

戦時中は天気予報が中止だったので散々でした。

投稿: 830 | 2011年7月 3日 (日) 14時38分

来年はぜひご一緒させていただきたいですね。

子供たちは海には親しんでいるんですが、家内は山国生まれ育ちなもので、海浜ものにはうずうずしています。
家内の友人家族はうちとの海水浴が初めての海泳ぎとかいう世界です。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2011年7月 5日 (火) 03時59分

>830さま
おおー!すごい話になりましたね。というか世代を超えてこの沿線住民は子供のころに電車で潮干狩りに出かけていたんですね~。よく考えるとここまで来ると「文化」と言えるのではないかと思います。2代目76や宇治電51という形式、よく耳にしますが見たこともない世代でけに、いや、わくわくしますね。

>アルプス銀水タクシーさま
では来年こそはお約束しておきましょう。私の母親も実は今回が初めての潮干狩りだったということで。元々三木が実家なものですから。

投稿: いぶきダンナ | 2011年7月12日 (火) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/40562093

この記事へのトラックバック一覧です: 潮干狩:

« ラヂオ塔 | トップページ | 更新一時休止のお知らせ »