« 西日本車体 96MC B-Ⅱ ペーパークラフトの製作 | トップページ | ラヂオ塔 »

六甲道

全く久しぶりに六甲道に出かけた。非番でウチに帰ってきたらコッコ共が友達と遊びに出ようとするところに出食わして、とりあえず”家族サービス”をしなくて良いことが分かったためである。実はちょっと受けた依頼があって、神戸市バス魚崎営業所の車両を取材する必要があり、面倒なく撮れそうな場所として狙っていたのだが、それにしても15年くらい来ていないかも・・・。

しかし衆目の中、バスターミナルでバス撮影は昔ならいざ知らず最近は結構恥ずかしい行動だ、途中で吹っ切れるまでは。

Dsc_0782_1
ペーパークラフトで96MCを作ると、さてどうバリエーションを展開するか考えつつ、やはり西工車に目が行くのは仕方ない。こんなイロもんを撮りに行ったわけではないのだが、やって来ると押さえてしまうわな。しかも石屋川のクルマやし。

Dsc_0786_1
最初あちこちの営業所に登場したときは違和感があったものだが、見慣れるとなかなか落ち着いたカッコ良いスタイルに思える西工ワンステップ。明石市営のものと共に作ってみたい車両のひとつ。

Dsc_0805_1
日野ポンチョ。神姫カラーもいけるが神戸市カラーもカッコ良い。リエッセの一部を使って細工すれば出来そうな車種ではある。

Dsc_0811_1
三菱ふそうエアロミディ。今となっては”方向幕”が貴重である。それにしてもこういうカラーリングは何とかならないものか。地元のウケは良いかも知れないが。

Dsc_0831_1
今回ペーパークラフト化した96MCノンステのサーモキング版。シビリアンテールではないためにややおとなしいリアスタイルではある。当然本年度射程距離内にいる。

40分ほど立っていると”同業者”が撮影を始め、オトモダチでもなかったので撤収した。そのまま万歩計のカウント稼ぎに阪急六甲まで歩いて久々に2系統に乗る。日曜の夕方に下り方向に乗る乗客は少なく、静かに三宮まで移動する。

Dsc_0851_1
デンソーのもあるが、サーモキングを避けるわけにはいかず。N尺のエルガを撮る。神姫で見るとさほど長くは思わないが、”神戸市はK尺”と固定観念があるのかやたら長く見えるのは気のせいか。

まあ明るい間に帰宅。次の日も仕事あるし。

|

« 西日本車体 96MC B-Ⅱ ペーパークラフトの製作 | トップページ | ラヂオ塔 »

バス」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

私も六甲道は15年以上は確実に行っていないです。ひょっとしたら阪神大震災の後は行ってなかったかも…

しかし駅前やロータリーでカメラ向けるって結構勇気の要る作業ですよね。周囲の目よりも被写体の関係者から何か言われないか気になって、私はカメラはドキドキします。

特殊カラーリングといえば最初の画像の西工中型CNGノンステ、大阪市バスはガスヒーポン塗装が大量にあったのですが、徐々に標準塗装に戻すという話だったので今も残っているのかな。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年6月 8日 (水) 10時11分

フォレスタ六甲のオープンが昭和63年、その後の御影山手系統新設時以来行っていません。

コミュニティバスは小ぶりなので、細かい絵柄は判りにくいですね。
ポンチョも神戸市カラ―は好感が持てます。

バスターミナルの駐機方法も最近増えた「バック不用中之島タイプ」は撮影し易く好きです。
ドル箱路線と言われた2系統、最近は空いているように思いますが・・・。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2011年6月 8日 (水) 12時50分

>西日本総合開発さま
被写体の関係者と言えばバスは近年”同業者”が増えたので文句を言われることが減ったのですが、逆に車庫立ち入りを断られるケースが増加しています。タクシーについては現在でも乗務員が何か言ってくることがあるので、撮ったら逃げることも・・・。

>アルプス銀水タクシーさま
あんな中型CNGなんて実車を見たことがありませんでした。全くいい加減なものです。2系統は確かに空いているような気がします。もちろん時間帯が悪いと言えばそれまでですが、全体に以前のような活気が感じられません。昔からドル箱路線ゆえ新車ばかりが投入されていましたが、それは変わっていないみたいです。

投稿: いぶきダンナ | 2011年6月 9日 (木) 19時12分

こんばんは。

バスに関してはそうなんですか。車関係は鉄道みたいに「撮り」を認められるのは少なくともまだ随分掛かりそうですね。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年6月10日 (金) 00時48分

こんばんは。
バス関係は殆ど無関心(ごめんなさい)なのですが、神戸市バスだけは特別です。
18歳まで2系統沿線に住んでいましたので非常に懐かしいです。

数あるバスの中でも神戸市バスのカラーリングが一番やと思っています(笑)

それにしても、緑色が昔に比べて年々薄くなっているように感じるのは気のせいでしょうか?

投稿: 市川ネコ蔵 | 2011年6月10日 (金) 22時55分

>西日本総合開発さま
鉄道はバスとは違いますからね~、何もかもが。似ているのは「箱型で車輪の付いた乗り物」ってなところくらいでしょうか。鉄道だって海外では撮影できないところもありますし。

>市川ネコ蔵さま
神戸市バスのカラーリング、良いですね~。私も地元ゆえ支持します。なにせ白以外は緑一色しか使っていませんし、シンプルで美しいと思っています。
色合いですが、そもそももっと暗い黒みたいな緑でしたが、低床車を識別するために明るい緑が使われ始め(現在の色調とは違うのですが、話がややこしくなるので同じということにします。)、現在に至っています。ノンステップはさらに床が低くなったので、もっと薄くなったという楽しい解釈が可能で、一応の合理性があります。

投稿: いぶきダンナ | 2011年6月11日 (土) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/40307015

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲道:

« 西日本車体 96MC B-Ⅱ ペーパークラフトの製作 | トップページ | ラヂオ塔 »