« グリーンピア三木 | トップページ | 生野銀山 »

海遊館

ダンナにとっては休日となる土日。ゆっくりと休養したいところではあるが、夏休みで時間を持て余しているコッコ共にとっては、「どこかへ遊びに連れて行ってくれる日」である。この矛盾は全国のおとーさん達が等しく感じていることであろうと思うが、まあ家族サービスも業務のうちかも知れない。ダラダラしていても余計に暑いので出かけることにする。

Dsc_0244_1
というわけで、海遊館にやって来た。

Dsc_0240_1
「大阪海遊きっぷ」を使えば割安なのだが、阪神三宮駅で駅員に「(海遊館は)入場1時間待ちやで~。」と言われ買うのは断念、でも来てみたのである。それも大阪駅から市バスで。なぜ市バスなのかは判る人にだけ分かってもらえれば良いので。

Dsc_0292_1
う~ん。かと言って観覧車は余分なんだよね~。

|

« グリーンピア三木 | トップページ | 生野銀山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

はいはい、分かります。私も市バス常用者ですから(笑) 知らない人にすれば「何でバス移動やねん」と思われているようです。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年8月16日 (火) 00時45分

>西日本総合開発さま
あ~、え~っと、そうじゃないんですよね。別にバスが好きだから乗ったわけではないので。もったいぶると話が余計にややこしくなるので書きますが、要するに企画乗車券を買わなかったので最も安い手段を使っただけです。行きにバス・帰りに地下鉄だと乗継割引適用で100円引きになるから、が正解です。バスで時間を稼いだというのも理由の一つ。企画券利用だと観覧車2割引を定価で乗ったので「余分」だと。もちろん帰りは中央線利用です。

投稿: いぶきダンナ | 2011年8月16日 (火) 22時10分

いえいえ、私もほぼ同様の理由でバス利用です(笑)

バス地下鉄乗継券制度やバスバス地下鉄乗継制度が無かったら、私は多分市バスに乗る頻度は凄く下がります。

実は少し前にバスからバス及び地下鉄への乗継券発券方式が変わったので、最初は結構トラブルになりましたよ。運転手が「それは発券できない」とか突然言ってみたり… 以前のように料金箱で自動発券してくれるほうが良かったです。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年8月17日 (水) 02時49分

私はIC利用なので自動的に乗り継ぎ割引適用になります。それが分かっているので便利に使っています。本当はいろいろと制限をかけたいみたいなのですが、技術的に困難なようで。

投稿: いぶきダンナ | 2011年8月17日 (水) 19時08分

こんばんは。

あぁ、ピタパですね。私はアナログ人間なせいか、どうもIC乗車券に抵抗があります。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年8月19日 (金) 00時42分

IC乗車券は今後とも普及すると思われます。いちいち運賃を事前に確認して切符を買わなくてよいし、私鉄・地下鉄・JRの区別なく使えますしね。子供には運賃表を見てお金を入れて切符を買う、という方法は教えておかないと、と思いますが。

投稿: いぶきダンナ | 2011年8月21日 (日) 09時01分

こんにちは。

目的地までの切符を買うという習慣すら無くなる可能性のあるICカード恐るべしです。物凄く身近な時代の変化ですね。

電車だと運賃表、バスだと整理券番号を見ながら料金を確認するのも一種の楽しみのように思っていたので、そのうち料金値上げにも気付かないようになってしまうのかな… 

投稿: 西日本総合開発 | 2011年8月21日 (日) 16時14分

まあ、事業者側は高額な券売機や精算機は減らしたいですし、IC専用改札になれば改札機コストも下がりますから推進しているわけで。まあ情緒もクソもない話ですがね~。

投稿: いぶきダンナ | 2011年8月21日 (日) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/41214755

この記事へのトラックバック一覧です: 海遊館:

« グリーンピア三木 | トップページ | 生野銀山 »