« ビッグバン | トップページ | 今治から »

今治へ

学生時代の友人に誘われて、愛媛県は今治にやってきたダンナ一家。段取りも全て今治在住の友人が取り計らってくれ、まったくお客さま状態である。申し訳ないところではあるが。

06
今回は高松から今治まで初めてJR特急を利用。高松から来た「いしづち(左)」と岡山から来た「しおかぜ(右)」を宇多津で併結。コッコ1号よりダンナのほうが、この作業に興味津々。一眼レフを構えたアヤシイ女性も隣で写真を・・・。「鉄子」か?行動は男のマニアと変わらん。

02
今治と言えば最近話題のB級グルメ「焼豚玉子飯」。なるほど、いかにもB級という味である。どうやら焼豚タレをかけているようで、そのタレの味が店によって違うとか。

05
実は友人の予定によれば対岸の島に渡って要塞を探検するはずであったのだが、あいにくの雨天でタオル美術館に変更。

01
これが意外に(失礼!)落ち着いた良い施設で、実はダンナとおかみ大満足だった。

※今治と言えばタオル生産で有名。全国の60%を生産するとか。

04
しまなみ海道の来島大橋。今治側から。

船に乗って対岸の馬島に渡る。島唯一の民宿で宴会・・・。

03
来島大橋。馬島から。

つづく。

|

« ビッグバン | トップページ | 今治から »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今治、続編が楽しみです。
亡父がよく出張で造船会社に行き、土産はじゃこ天だったと覚えています。

現地では「いまばり」ではなく「いまはる」とか「いまばる」と言う年配の方はいませんでしたか?
母が出張から帰った父の「いまばる」に「いまばり」でしょ、と言われたのに対して昔は違う読みもあった・・・との会話を思い出しました。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2011年9月21日 (水) 12時58分

>アルプス銀水タクシーさま

さすがに「いまはる」「いまばる」と仰る方には会いませんでしたが、招待してくれた友人のお父様が結構な年配なので、その発音をされるかも知れません。調べてみると大正9年に「いまばり」と読むことが市議会で決まったようですね。そういうことを決めなければいけないほど他の読み方も広がっていたということなのでしょう。まあ、昔は読み方や充てる漢字もとくに定型は無かったはずなので。

投稿: いぶきダンナ | 2011年9月23日 (金) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/41864733

この記事へのトラックバック一覧です: 今治へ:

« ビッグバン | トップページ | 今治から »