« 山陽鉄道フェスティバル2011 | トップページ | 某所運転会2011・秋 »

いすゞ・ファーゴ/コモ

いつもの道を走っているのに
「あっ!」みたいな発見。

Fargo_1
ファ、ファーゴやん!どう見ても死んでいるようだが。

Fargo_2
前に回るとナンバーが付いているではありませんか。現役とは思えないが、それにしても「いつもの道」だけに今まで未発見なのも不自然。もしかして「生きている個体」か?
さすがに後期型だが。地味ながらこの「丸っこさ」がたまらない魅力のファーゴ。このところ廃車体もなかなか発見できずにいたのだが・・・。

Fargo_4
ちなみにここ数日は珍車を多く発見している。探してもな~んも見つからんことが多いのだが、発見し始めると続くものなのである。写真は数日前に見つけた2代目ファーゴ。言うまでもなく日産キャラバンE24系後期型のOEMである。

Fargo_3
E24キャラバン、いやファーゴのリアスタイル。いつか忘れ去られる商用車だけに、こうした記録がいずれ日の目を見るのである。きっとね。

Como_1
キャラバンのE25化により名称が「コモ」に変わった。キャラバンだと思って見過ごすと発見できないため、E25を見るとこまめにチェックしておくことをお勧めする。(誰に?)
単色のものより、こうした企業カラーを纏ったものが”萌え”だ。

Como_2
これも「コモ」。リアもきちんと記録しよう。緑ナンバーを付けていることも”萌え”ポイント。いつしか貴重な記録として後世に伝えられることだろう。(たぶん)

|

« 山陽鉄道フェスティバル2011 | トップページ | 某所運転会2011・秋 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

初代の自社製ファーゴですね。確か初代ピアッツァと共通コンセプトで開発されたと記憶していますが… 

最近まで地元の運送会社が初代の後期を使っていたのですが、夏以降見なくなったので遂にシャカになったのかなと勘繰っています。あと時々地元近くで、初代後期で8ナンバーの冷凍仕様のも走っていましたが、そっちも今年に入ってから見ていません。

元祖ファーゴは1ボックスの中では一番好きなデザインです。個性的な唯一無二のスタイルですよね。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年10月30日 (日) 21時57分

>西日本総合開発さま
ピアッツァと共通コンセプトとは初耳ですが、確かに何となく丸い感じは似ているような・・・。それにしても結構そこいらで見たように思うのですが、気付くと周りでは姿を消しています。当然トラックもあったわけなんですが、もう二度と見れないかも・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2011年11月 1日 (火) 23時55分

おはようございます。

デビュー当時、確かピアッツァもファーゴもジウジアーロデザインとして話題になっていたかと思います。デビュー時期もかなり近かったはずです。

ワゴンタイプですが地元近くに、後期で4WDのRVモデルの抹消車両が残っています。あれって特別仕様車かもしれませんが、ビッグホーンみたいなダークグリーンとシルバーのツートンカラーのせいか商用のファーゴとは雰囲気がまた違ってきます。

後期型で1.5tクラスのトラックもありましたね。後輪がシングルタイヤの小径扁平で低床だった記憶があります。地元でもタイヤ屋さんと鉄工所が使っていましたが、NOXPM規制の絡みで確かアトラスOEMの1.5tエルフに変わっています。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年11月 2日 (水) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/42758107

この記事へのトラックバック一覧です: いすゞ・ファーゴ/コモ:

« 山陽鉄道フェスティバル2011 | トップページ | 某所運転会2011・秋 »