« 宮津・籠神社 | トップページ | 430セダン灰皿 »

微妙な記事

朝日新聞12日付の記事(を出そうと思ったら、すでに回収に出された後だったらしい・・・。)によると、

新幹線車両の寿命がどんどん短くなっている

のだそうな。例えば団子っ鼻の0系(くどいようだが正確には000系。団子っ鼻なんて呼び名は引退が騒がれだしてからのものだと思うが。)は44年も活躍したが、100系は26年、300系に至っては20年だ、という。技術革新と航空機との競争激化によりモデルチェンジサイクルが早くなったことが原因である、という。ご丁寧にも鉄道ファン(誰だか知らんが)のブログにも「まだ新しいと思っていた」などというコメントが増えつつある、らしい。

う~ん、なんか微妙だ。

新聞社には”鉄”記者がどこの社にもいるようで、各社とも時折こういう記事が何の脈絡もなく掲載される。この朝日の記事、ダンナのような”うるさい”奴のツッコミに耐えうる書き方になっており、さすがに文筆を職業とする人間だけのことはある。

何が言いたいかというと、

①0系は12~15年程度で廃車になっており、当然1964(昭和39)年東海道新幹線開業時の車両は1976(昭和51)年頃には廃車が始まっている。確か最後に残った山陽新幹線の0系にしても1981(昭和56)年以降に製造された車両ばかりであって、44年も走った車両は存在しないという、マニア的意見。

②0系は44年間、代替わりしつつも基本構造は変わらず活躍した。国鉄内部の事情もあったためではあるが、近年技術革新でモデルチェンジが早くなったのは事実であり、そういう意味では0系は44年、300系は20年という”寿命”は正しいという、技術論的意見。

記者は0系の代替わりは知っていて、あえてこういう記事にした気配がある。だが、これは一種の誘導ではないのか。この記事を読んだ大半の人間は「昔の車両は44年も大切に使ったのに今は20数年でポイか。」と思うのではないだろうか。競争社会や資本主義社会が生み出す何かに対する朝日新聞流の批判精神が表れていると思うのは、ちと考えすぎか。

222
鉄道博物館(大宮)に展示された21-2。東海道新幹線開業時に用意された車両の貴重な生き残り。車齢12年で廃車となり長く吹田で人知れず眠っていたもの。

|

« 宮津・籠神社 | トップページ | 430セダン灰皿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

以前にも同様の意味解釈がとれる記事が出稿されていませんでしたか?

話のリードからエンドへの運びが同じだったような気がします。再度掲載するというのは、誘導したいデスクの思いがあるのか、私も同様の気がしてなりません。

知人に他社ですが新聞記者がいます。大阪本社~松江~東京本社~大阪本社と異動し、文化・芸能一筋です。文字の怖さは言っておられました。
記者がどんないい原稿を書いても、編集長がボツにすれば日を見ない訳で、記事に出るというのはその社の主張であり、言いたいことなんだと思います。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2011年10月14日 (金) 12時52分

語弊はあるかもしれませんが 設計寿命は短くなったってことですね
製品寿命はそう簡単に延ばせられませんから

新聞記事はもっと端的にわかりやすくあって欲しいですね。

来週初めてN700九州新幹線みずほに乗ってきます
その前の工程を考えるとぞっとしますが
お仕事なので 職後のデザートとでもいいますか・・

世界との戦いなので 技術革新を進めて世界一であり続けてほしいですね

投稿: OKMR | 2011年10月14日 (金) 23時31分

>アルプス銀水タクシーさま

このネタ、以前にも書いています。
http://chanoma-ibuki.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-41e9.html
多分これだと思うのですが、EF55から引っ張ったみたいですね。新幹線のほうも単独で書いたような気がするのですが、出てきません・・・。
最近は新聞記事そのものを全てそのまま信じるというより、自分でものを考えるために「参考」にする程度です。ネットでいろんな意見を読めますし本当は新聞取らないでも良いと思うのですが、興味のないところでも一応目は通しますので紙媒体としての必要性は感じています。

投稿: いぶきダンナ | 2011年10月15日 (土) 10時06分

>OKMRさま

そうです。知っていて記事を読めば設計寿命のことを指しているのが分かりますし、全体として間違ったことは書かれていません。要は何かどこかへ読者を誘導しようとしているような書き方なのではないかと感じるもので・・・。

お仕事忙しそうですね~。私も大変な状況なのですが、まあそういう時期もあるということで・・・。いずれまたゆっくりと。

投稿: いぶきダンナ | 2011年10月15日 (土) 10時12分

その記事は確かに読みましたが、新幹線が余り好きでは
無いので読み飛ばしました。誘導と言われると確かに
そんな文脈でしたね。
0系は雪に弱くて関ヶ原で立ち往生するので、週間朝日
が皮肉って表紙に0系とオバQを並べて「僕は雪には
弱いんだ」なんて号がありました。それ以来0系を「オバ
Q]と言うファンも居て-----
開業当時新大阪-東京間「ひかり」普通指定席合計
¥2,240-、間もなく値上げで¥3,330-でした。

投稿: 830 | 2011年10月16日 (日) 20時26分

>830さま

昔からの鉄道ファンの方には新幹線が好きでない方が大勢おられるようですね。私の高校時代の恩師もそうでした。「オバQ」もちょっと今の方は想像しにくいですね。どちらかというと川崎車体にあった丸っこい観光バス車体が「オバQ」と呼ばれていたのは有名でしたが、今となっては過去のお話です。「団子鼻」も実際私の世代では聞いたことがないです。

投稿: いぶきダンナ | 2011年10月16日 (日) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/42500260

この記事へのトラックバック一覧です: 微妙な記事:

« 宮津・籠神社 | トップページ | 430セダン灰皿 »