« 神鉄トレインフェスタ2011 | トップページ | 微妙な記事 »

宮津・籠神社

もう5年ほど前の話だが、天橋立を端から端まで歩いて、西国28番成合寺に参拝してそれはそれで堪能したことがあったのだが、橋立の先にある籠神社にもちょこっと行って素通りしてしまっていたことに近年気付いた。そう、籠神社の祭神豊受大神は伊勢外宮の祭神であり、ゆえに籠神社は「元伊勢」と呼ばれるのである。それとは別に各国の一宮を巡っているダンナとおかみが、丹後一宮でもあるこの籠神社はもう一度行かねばならぬ宿題でもあったのである。

いや、籠神社。一般には「このじんじゃ」と読みます。念のため。

宮津市内までは高速を使えばあっという間なので、また天橋立に行く手もあったのだが、今回は足を伸ばして伊根まで行ってみた。

04_2
伊根の舟屋群。恐らく尾上松之助氏も来たであろう道の駅から望む。

01
多分、海から見ないと値打ちが分からんのだろうと、丹後海陸交通の遊覧船で湾内を巡る。ただ、舟屋を見るというよりカモメに餌付けするという状態・・・。乗り場にも船内にもカモメ餌用「かっぱえびせん」が売られている。どうりで先に出航した船にカモメが群がっているはずである。

さすがに行楽シーズンとあって伊根にも大勢の観光客が来ており、町並みを散策する人、撮影する人、釣りに来た人などで賑わっていた。そうやね~、ここはゆっくり散策すべきなんやろうね~。ダンナとおかみペースだと丸一日使ってしまいそうだが。

05
そうこうするうちに夕方になってしまうのである。そもそものメインである籠神社に急ぐ。シンプルな神明鳥居が伊勢との関わりを示す。本殿の鰹木も多く社格の高さを感じるが、千木は内削ぎとなっている。豊受大神は女神であるため内削ぎは当然と言えるが、実は伊勢外宮では同一神ながら男神と同じ外削ぎとなっているのである。これには何らかの理由があると思われるが・・・。

08
今回はきちんと朱印をいただきました。元々、天橋立はこの社の天然参道だったのである。神社を司る海部氏は現在82代目。系図は国宝という。天照-豊受の関係をヒミコ-トヨだという説もある。トンデモ歴史なのか、ある種の事実を反映したものなのか・・・。いや~、この日本海側の歴史は興味深いものがあって、いずれゆっくりと・・・。

03
このあたりをエリアとするのは丹後海陸交通、いわゆる丹海バス。阪急グループである。丹海バスと全但バスを混同している方も多い。琴電と琴参の混同は「琴」が同じ琴平なのでまあ良いとして、丹は丹後、但は但馬であって・・・、もう面倒くさいが。

02
というわけで、加悦SL広場の営業時間には間に合わず。ダンナ一家のようなまったり行動パターンだと一泊しないと全部回れないな~。もっとゆっくりまったりしそうで結局回れないという結果が見えているようだが。写真はキハ083。多分全国で残った最後の08ではないかと。

06
自分用のおみやげ。伊根と宮津の酒、地元加工の海産物、名物の金樽イワシ使用オイルサーディン。左上、ウニと海苔佃煮を混ぜるアテが最高に旨かったし、

07_3
このオイルサーディン、1缶500円とかなり高いのであるが、やはり食べてみるべきだろう。そのままでもイケるが、今回はレモン汁をふりかけ、ガーリックパウダーを付けて食べてみた。まさにアテ。地元酒をレンジで燗して楽しんでみました。

いやはや、小さな(気分的には大きな)贅沢である。

07_2

|

« 神鉄トレインフェスタ2011 | トップページ | 微妙な記事 »

寺社仏閣」カテゴリの記事

建物」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

伊根の舟屋、湾側からの眺望がいいですよね。貸切船で写真クラブの撮影会も開催されています。

丹後一宮・籠神社の参拝が未だというのは意外でした。でも、一般的に天橋立周遊となると文殊さん、成合寺の方が多いかもしれません。

千木の外・内削ぎについては伊勢外宮以外にも例外はあるようです。

丹海さんのバス・汽船の制服は効率化のためかでグループ内供用し、阪急電鉄と同じではなかったですか?

投稿: アルプス銀水タクシー | 2011年10月11日 (火) 13時06分

地酒の1級はメーカー物の特級クラスと云いますね?
伊根は一度舟屋を写しに行って見たい所です。だいぶ前に
NHKの朝ドラに出てきませんでしたか?戸田奈穂の
新米医者がベテラン看護婦の和田アキ子に怒鳴られる
場面が-------

投稿: 830 | 2011年10月11日 (火) 20時02分

>アルプス銀水タクシーさま

籠神社、正確には参拝がというわけではなく、朱印が未だということでして・・・。当時三十三か所用の納経帳だけ持参していて、その他用のを忘れたというのが真相で・・・。千木の例外はあるものなんですか?そもそも神の男女の分け方も曖昧なものではあるのですが。
丹海さんの制服・・・、もちろん見ましたが阪急さんと同じかどうかまで注意して見ていませんでした。

>830さま

そうですね。地酒、口に合う合わないはありますが、旅先での出会いですから大切にしたいです。そういう旅気分が素敵だと思っています。
NHK朝ドラ「ええにょぼ」ですね。いや、ヒロインが最初に結婚するという珍しいスタートだったかと。伊根の舟屋が一般にも有名になったのはあれからだったように思います。

投稿: いぶきダンナ | 2011年10月11日 (火) 23時45分

どこかで見かけたような名前が(汗

道の駅舟屋の里伊根で、まさに写真の風景を眺めたものです。
そして同じ場所から見上げると、リムジンカーで乗り付けて和風レストランのテレビロケを行っていた桑原翔平さんの姿を見かけ、親子で手を振ると気持ちよく応えて頂いたものでした。

同じ会社が運行している天橋立遊覧船でもかっぱえびせんが売店で発売されていて、息子と餌付けした事も。
浄土ヶ浜のうみねこパンほどではありませんが食いつきの良さは乗船時間があっという間に感じられるほどでした。

ご当地カップ酒、中身もさることながらカップのデザインで選んでしまいます。

投稿: 尾上松之助 | 2011年10月15日 (土) 12時12分

>尾上松之助さま

ご訪問ありがとうございます。確か伊根に行かれたようなお話を聞いたもので・・・。
餌付け、面白いですよね~。出雲大社なんて鳩が手に乗ってきます。

浄土ヶ浜ってどこ?って思わずググってしまいました。宮古なんですね。今は大変そう。でも観光で行くことも復興のためには必要なことなのです。

カップ酒。舟屋デザインだったので思わず買ってしまいました。味はまあ、ふつうということで・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2011年10月15日 (土) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/42412539

この記事へのトラックバック一覧です: 宮津・籠神社:

« 神鉄トレインフェスタ2011 | トップページ | 微妙な記事 »