« 伊丹空港(その1) | トップページ | 伊丹空港(その2) »

太陽の塔

101
誰もが知っている「太陽の塔」ずいぶん久々に下まで来た。

102
「人類の進歩と調和」の会場も今は森に還る。

104
なにせ紅葉狩りに来たのだから。

103
日が暮れ、目が光ると何か不気味・・・。

|

« 伊丹空港(その1) | トップページ | 伊丹空港(その2) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

太陽の塔って子供の頃から見ていて不気味さを感じたものです。その意味では地元にある「いのちの塔」ってオーソドックスですね。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年11月29日 (火) 02時40分

>西日本総合開発さま

あれは「いのちの塔」っていうのか・・・。大阪万博は生まれてもいないのですが、花博のほうは2回ほど行きましたね。すでに周囲には花博でさえ記憶のない世代が多くいますが。

投稿: いぶきダンナ | 2011年11月29日 (火) 19時45分

こんばんは。

私も大阪万博は生まれていない世代です。うちの親世代の思い出らしいですね。

花博は地元だけにしょっちゅう行っていました。今では開催中の面影を残す施設は限られていますね。開催中の施設も結構残っているのですが、あの盛況が無いと雰囲気が全然違って見えます。

私の周りでも花博が通じない世代が多くなりました。これが世代ギャップなんですね。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年12月 1日 (木) 00時57分

花博は終了後に一度行ってみようとしたのですが、途中でとんでもない渋滞に巻き込まれ、諦めて行先を変更(そのときも大阪空港へ行ったような・・・。)した記憶があります。それ以来あのへんには近寄っていません。

投稿: いぶきダンナ | 2011年12月 3日 (土) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/43181026

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の塔:

« 伊丹空港(その1) | トップページ | 伊丹空港(その2) »