« 太陽の塔 | トップページ | 買ってしまった・・・。 »

伊丹空港(その2)

(その1)と銘打ったからには(その2)があるだろうという、こんなことなら(その1)なんて書かなければ良かったな~などという思いを抱きつつ・・・。別に専門?ではないのだが、空港で働くクルマを撮ってみた。

101
キャビンサービス車。油圧で窓付きの荷台部分を上げ、作業員を機内に送り込む。

102
給油車。「サービサー」というらしい。地下のパイプラインから燃料を汲み上げて飛行機に給油するんだって。

103_4
トヨタのトーイングトラクタ。以前紹介した「夢ハッチ号」みたいなやつの本来の姿である。屋根付きと無しがあるらしい。後ろの貨車みたいなやつは「ドーリー」とかいうらしいぞ。

104
飛行機を押したり引いたりする大きなトーイングトラクタはコマツ製。飛行機に比べるとめっちゃ小さいが、相当な自重であろうと想像する。

105
なんじゃろな、これは。ハイリフトローダーというらしい。コンテナを飛行機の貨物室に積み込むクルマなんだそうな。

この他にも怪しげな西工のバスとかいろんなクルマがいっぱい走っていたが、まあこのくらいで・・・。動きを眺めているだけでも飽きんな~。



103_3

103_2

103

|

« 太陽の塔 | トップページ | 買ってしまった・・・。 »

クルマ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なかなか食いつきが悪いですね。

最近は7月5日の787大阪初寄港で行きましたが、デジ一眼で武装した女性が多かったです。となりの方と話しましたが、やはり、空の仕事に憧れたのがきっかけとか。

小松のトーイングトラクタ、ある機種はカミンズエンジン14リッター、320馬力、けん引力34トンとのことです。
「トーイング」は航空用語で飛行機・パラグライダをけん引するtowingです。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2011年12月 2日 (金) 12時56分

伊丹空港は近いのに余り行きません。ANAのB777-300
で東京往復したのも3年以前になりました。
コンテナー使用になってから積み下ろしがスムーズですが、プロペラ時代は小荷物車と同じでした。
小松製作所カミンズと言えば、JR東海のキハ85を型を
思い出します。建機大手なのに配当が何時までも安い
ですね??弱小株主がえらそうに言えないけれど。

投稿: 830 | 2011年12月 2日 (金) 13時34分

こんばんは。

給油車ですが飛行機用の燃料は発火しやすいので普通のローリーと違い、昔からどれもマフラーが車体の前に置かれているようです。

確かトーイングトラクタは大型特殊牽引の2種免許が必要と聞いた気がしますが… ジャンボジェットを引くトラクタは凄いパワーとも聞いた記憶があります。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年12月 3日 (土) 01時23分

>アルプス銀水タクシーさま
そうですね、ヒコーキネタはダメですかね~。私は趣味的にどうこうというより、空港の雰囲気とか働く人とか眺めるのが好きなので、結構どこも行くことがないときに行ったりしますね。

トーイングトラクター、排気量や馬力はトラックやバス並みという考え方もできますね。牽引力34tで飛行機重量300tを移動させる理論がどうにも不明なのですが・・・。転がるからいいのかな・・・、文系人間はこれだからいけません。

投稿: いぶきダンナ | 2011年12月 3日 (土) 11時58分

>830さま
B777は乗ったことないです。なぜかA340やMD-11には乗ったことあるんですよ~。

キハ85はカミンズですね。小松と言えばJR四国の2000系じゃなかったでしょうか。同車ベースの智頭急行「スーパーはくと」も小松だったか、と。

投稿: いぶきダンナ | 2011年12月 3日 (土) 12時07分

>西日本総合開発さま
マフラーが前ですか。確かに高温になりますもんね~。クルマってマフラーと給油口が左右逆って聞いたことがありますが、今でもそうなのでしょうか。2本出しはどうなってるんだろうと素朴な疑問を持っていたりしますが。

トーイングトラクター、大特牽引の2種が必要なんですか?なぜ2種が必要なのかよく分からないのですが、そもそも公道でなくナンバーも無いのに免許が必要なのでしょうか?

投稿: いぶきダンナ | 2011年12月 3日 (土) 12時12分

空港の働く光景は、私も好きでたまに行ったりします。
実は一つ間違えると、航空会社に就職することになっていました。

トーイングトラクター、小さい車で大きい物体を動かす・・・力持ちが電車を引っ張る場合と同じでしょうか。少し運動が始ると摩擦抵抗もあり速度が出る・・・。

空港内のみでも、操作技能の能力判断の確認として、資格取得されているのではと思います。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2011年12月 5日 (月) 13時02分

こんばんは。

どうも飛行機牽引のトラクタは、飛行機自体がトレーラー扱いで、更に乗客を乗せる旅客機はバスと同等と看做されるなんて聞いた事があります。いわば特殊機械で引っ張るトレーラーバス状態という見解でしょうね。

空港はいわば公道外の場内ですから作業免許さえあればいいのかなとも思いますが、要は他人管理地内で敷地管理者の許可が無い場合は運転免許が必要という規定なのかもしれませんね。例えばナンバー無しでもキャタピラタイプのユンボは大型特殊と建機作業免許が無いと、許可が得れていない他人地では操作できないのと同じかなと思っています。

投稿: 西日本総合開発 | 2011年12月 5日 (月) 21時21分

>アルプス銀水タクシーさま
そうですね。要するに引き出す力があれば、ということですね。動き出すと慣性の法則(でしたっけ)もありますしね。というか、アルプスさま、そっちの会社への就職もあったかもということなんですか?操縦するほうでしょうか・・・?

>西日本総合開発さま
アルプスさまも書いておられますが、操作技能の確認みたいなものだと思います。かと言って2種までは正直必要ないのではないかとも。トレーラーバスという見解はちょっと無理があるのでは?2種かどうかというのは白か緑かということで、バスかどうかとは関係ありませんし。

投稿: いぶきダンナ | 2011年12月 5日 (月) 22時37分

操縦は資格取得コースが最短なので別ですが、当時J社は大・高専・高校・学部学科全て混ぜての集合教育で適正選別され、地上営業・システム・整備・機内の各職種に振り分けられる状況でした。
英文マニュアルに囲まれた職場や巨大電算センターの企業紹介パンフにも少し揺れたのも、正直ありましたが・・・。

毎年採用実績の流れを止めたくない母校の勧めに従い入社しておれば、いぶきだんなとの出会いも無かったし、今頃は企業再生でどうなったことやら・・・。
赤い電車に乗る通勤だったかも。

1種か2種かは、カーゴ社が受取・発送業務の請負いなので2種と考えます。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2011年12月 6日 (火) 12時56分

>アルプス銀水タクシーさま
いや~、そんなこともあったんですね~。私もあの部署にいたのは前任者がいたからで、あの日アルプスさまが来なければ出会わなかったかも知れませんし、そうなると今J社で何やら副なんとかをされている誰かさんとも飲みに行くこともなく・・・。どこにどんな縁があるものやら。

投稿: いぶきダンナ | 2011年12月 6日 (火) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/43219929

この記事へのトラックバック一覧です: 伊丹空港(その2):

« 太陽の塔 | トップページ | 買ってしまった・・・。 »