« 掬星台 | トップページ | TRC運転会 »

三社参り

あけましておめでとうございます。

昨年は本当に大変な1年だった。地震・津波・原発と、まだまだ苦難が続いている状況ではあるが、ダンナとしては正直まったくコメントとして言及しなかった。何かコトバにしてしまうと思いが伝わらないような、そんな気がしてあえて触れずにいたのかも知れない。そう、もう17年になるのかと思うあの日も近づいてくるし、ここはダンナが神戸の人間だということで察していただければ幸いである。

さて。昨年喪中であったこともあり、初詣は一昨年以来。最近は近所で済ませていたこともあり、神戸ではメジャーと言われる三社参りなど、めちゃくちゃ久しぶりである。

Nagata1_2
にも関わらずクルマで出かける非常識者・・・。西代駅のやや東に駐車場を見つける。歩いていると、ふとかつての通学路を見てみたくなった。だいぶ変わっているところ、全然変わっていないところ・・・。ダンナ母校はとうの昔に建て替えられ、すでに全く知らない学校である。せっかく来たのでコッコ共を撮る。ま、ここに来たければせいぜい勉強したまへ。まあ結果ダンナのようになってしまっても責任は取りかねるが・・・。

Nagata2_2
まずは長田神社へ。祭神は事代主(コトシロヌシ)。神功皇后三韓征伐の話から始まる古社。生田・廣田とセットなので、実は三社とは長田・生田・廣田ではないかとも思うが、廣田は西宮なので外れているのだろうか?そもそも、初詣はどこかの電鉄会社が仕組んだ歴史の新しい風習だとも言うし。

Nagata3_2
長田神社は三社では最も参拝客が少なく、境内は何となくのんびりした雰囲気。舗装されていない地面と写真のように配置された屋台が、都心の神社とは異なるローカルな雰囲気を醸し出す。ダンナこういうの大好き。

屋台で串焼きを買い、「ういろや」でういろうを買い、高校時代感動した「いちご大福」を当時の店で買って食べたり、とまあ、それこそがささやかな楽しみ。

Minato1_2
クルマを西代まで取りに行くのが面倒になって、電車で湊川神社へ。さすがに人が多い。三社のうちここだけが非常に新しい神社で、祭神はご存じ楠木正成。「楠公さん」と呼ばれ親しまれている。菊水の印は神戸市バスの塗装にもモチーフとして使用されている。

Ikuta1_4
さらに電車で三宮へ。最後は生田神社。祭神は稚日女尊(ワカヒルメノミコト)。アマテラスの小っちゃいやつと思えば間違いない。三宮にあるだけに人はさらに増え賑やかである。

Ikuta2_3
いくら寄進すれば名前を書いていただけるのか知らないが。モザイクにしているのは、まあご察しください。

次は厄払いやね。

Ikuta2_2

|

« 掬星台 | トップページ | TRC運転会 »

寺社仏閣」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

謹賀新年
初参りは近所の神社で済ませました。
以前生田神社→湊川神社→長田神社と廻った事が
2年ありましたが、以後はご無沙汰です。

本当は生家の近くにある舞子駅北側の、若宮八幡へ
お参りしたいのですが---縁起担ぎかも知れないけれど
守護神が八幡様らしいので。

投稿: 830 | 2012年1月 5日 (木) 09時27分

>830さま
今年もよろしくお願いいたします。
私は板宿~東須磨間にある證誠神社(大手の権現さん)が氏神さまになります。最近行ってないですね~。

投稿: いぶきダンナ | 2012年1月 5日 (木) 22時34分

こんばんは。本年も宜しくお願い致します。

今年はうちが喪中ですので年賀のご挨拶やら全て取りやめております。また自身の病気の絡みで正月らしい食事も今年から出来なくなり、よって普段と全く変わらない休日でした。

ちなみに初詣ですが喪中はその1年だけなのでしょうか。実は祖父が亡くなった際にそれが気になり、長いこと神社に行かないうちに厄払いも行けなくなってしまいました。

投稿: 西日本総合開発 | 2012年1月 5日 (木) 22時59分

>西日本総合開発さま
喪中の長さについては標準1年かと思います。親族のどこまでを喪中の範囲とするかは、自分との関わりで判断すれば良いと思います。いずれにしても自分の心の問題ですので・・・。

お体のほうは大丈夫ですか?最後は生きていること、健康なことだと思いますので。体も心も・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2012年1月 7日 (土) 09時49分

こんばんは。

何かと有難うございます。関わりは同居親族ですから深いほうに該当すると思います。

体調のほうは相変わらず、というか形が変わっただけでしんどいというのが本音です。数値的には3ヶ月で一般成人の正常値にまで下がったのですが、逆に食べる量も中身も猛烈に制限されますので、本来は健康なのでしょうが疲れが抜けないんですよね。

ドクターや栄養士の話を聞いていると、病気が病気だけにこの状態から脱するのは一生無理っぽいです。まぁ投薬治療がごく短期で終わっただけでもマシと諦めるしかないですね。

投稿: 西日本総合開発 | 2012年1月 8日 (日) 03時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/43621994

この記事へのトラックバック一覧です: 三社参り:

« 掬星台 | トップページ | TRC運転会 »