« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

カウントダウン

いよいよ終末へのカウントダウンが始まった明石市バス。正直あまり良い趣味とは言えないが、地元ゆえカメラ出動はお許し願いたい。自分で言うのもなんだが、いわゆる葬式厨になってしまっている・・・。

1789
登場した「さよなら」前掛け。撮るのは憚られるのだが。

406
0406 三菱ふそうKC-MP317K(西工96MC B-1)2000年式
前後扉で2段窓。公営らしい質素な姿がなぜか清楚で美しい。まさかエアロスターだとは思えない、が。

600
0600 日野ブルーリボンシティ KL-HU2PLEA 2001年式
全国的にも珍しいブルリシティのツーステ前後扉車。まさに明石市バスの至宝。撮ろうと思うとなかなか捕まらなかったのだが、ようやく捕捉。

811
0811 三菱ふそうKL-MP37JK(西工96MC B-2) 2002年式
純正で買うと前扉がグライドスライドになって嫌だとか何とかで(いや、ウワサですが)、西工で投入された(らしい)エアロスターノーステップ。

1085
1085 いすゞKL-LV280L1改(西工96MC B-2) 2003年式
ここまで来るとエルガノンステップタイプAさえ西工で入れてしまうぞ、という意気込みさえ感じられる渾身の作品。シャシが異なるためかエアロスターとは微妙に裾回りのデザインが異なっていてモデラー泣かせではある。

1460
1460 日産ディーゼルKL-UA452KAN(西工96MC B-2) 2004年式
やや腰高な感じはするものの、ダンナとしては安定感あるデザインという点でワンステップを推したい。異論はあろうが西工としては最高の出来であると感じる。同期に天文科学館カラーもいるが、やはり標準色がよろしい。ベゼルに銀を選択したのは、かつてここがメッキだった名残りかも知れないが、神戸市のような黒にするよりセンスの良さを感じる。ま、メッキ時代の名残りだとは思いますけれども・・・。

1611
1611 日野ブルーリボンⅡ KL-KV280L1改 2005年式
その後、何に挫折したのか純正で買うようになってしまった。天文科学館カラーの2両は旧タイプのゼクセルクーラーとも相まって全くもってエルガに見えるが、実はブルリⅡ。時計の針は3時25分を指しているが、デフォルトは12時15分らしい。

1790
1790 日野ブルーリボンⅡ PJ-KV234L1 2005年式
明石市バス最後に新車で購入された7両のうち、2両が先日もこのブログで紹介した旧貸切カラー(一般公募作品)、1両が貸切カラーで落選したカラーだったのか同じく公募作だったが、4両は非の打ちどころのない美しい標準色で現れた。デンソーのただでさえデカく目立つクーラーが青いために「明石市バスは屋根に付くものは青く塗ります!」との主張が最後の最後に花開いた感がある(意味不明)。現在ペパクラ製作中。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明石市バス

どうしても3月16日までには間に合わせるべく、突貫工事にて製作を進めている明石市バスペーパークラフト。何とかここまで漕ぎ着けた。一部はベース車両のままだが最後に明石仕様にしてしまうので問題ない。手を抜きたかったのだが結局「一般乗合」に至るまでロゴは全て新調してしまった。が、ために時間も手間も掛かっている。

Akashi1788

夜に作業をしていると、実はそのままだと寝付きにくい。この日も気が付くと1時近く・・・。

え、前あった赤いやつは?って。あれはあれで別に作戦を練っているわけでして。それも合わせて期日までに間に合うのか?と・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

1000㎞

突然だが

Ikurado6_2
カングー走行1000㎞達成!

Ikurado7
1000㎞達成地点。ここはどこ?備中高梁市内から賀陽インターへ向かうスパイラルループの途中・・・。「写真、写真!」「クルマ止めるところが無い!」と焦っていたらP発見。危うく1001㎞になるところでした。

一体どこに行っとるんじゃ、というと。

Ikurado
井倉洞、なのである。

Ikurado3
入口で出迎えてくれるのはD51838。伯備線と言えばD51の3重連という方も多かろう。838号機は蒸機による最後のお召牽引機という。昭和18年鷹取工場製。

Ikurado4
どうやら水害があったらしい。休業中の飲食店。やや遅めとは言え休日に人の気配がない。

Ikurado2
高梁川を渡って対岸に出入口がある。入洞料一人1,000円には一瞬引いてしまいそうになるが、ここまで来た以上引き返せない。なお、新見側からアプローチすれば市の無料駐車場に入れるが、岡山側からだと民間の有料駐車場に誘導されるらしい。おまけに横柄だとか。何かの経緯なり市と業者の関係なりがあるのか、岡山の山奥まで来ると未だにこんな商売が平然と出来るものなのか。たまたま無料駐車場見つけたから良かったけど。

Ikurado5
内部はこんな感じ。距離はともかく高低差がすごい。外から見る崖のどこらあたりまで登っているのか・・・。

そもそも走るために出てきているのだが、中国道でクルーズコントロールを使用してみた。88㎞/h巡航という、やや他のクルマには邪魔な速度で走行車線を走ったのだが、なるほど~、という感じ。今までそういう装備の付いたクルマに乗ったことないので。新見から吹屋へ行こうと思っていたのだが、コッコ共の不満が爆発しそうだったのでガス抜きに井倉洞へ寄ったというわけ。結局こちらがメインになってしまい吹屋どころの騒ぎではありませんでした、とさ。そちらはまたの機会に。

慣らし運転終了、これで良いのだろうか?
ネット上には最初の1000kmを走ると「エンジン、ミッションのオイル交換」と書いている方がいる。実際そういう指示は受けていないが、国産車でないので、ちょっとだけ不安。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

給油

初回点検までに「慣らし」を終わらせたい、出来れば初期故障も発見したいダンナ。とにかく走り回っているのだが、今回初めて給油。結果としては652.3kmで51.41lのハイオクを食べたということで燃費は12.69km/lであった。初期段階としては良いようにも思うが、今回は神戸⇔岡山の高速90km/h巡航部分が多いためだろう。燃費計算はクルマのほうでもしてくれるが、100km走るのに何リッター使うかという表示なので(フランスではこの感覚?)、日本人には理解しにくい。

Kangoo_m
とりあえずメーターを撮影。トリップメーターとの一致はこれが最後になる。(そりゃリセットしなければ良いのだが・・・。)

Bocksan
ちょっと買い物に東須磨のボックサンへ。今やすっかり有名店だが、ダンナとしては子供の頃からお世話になっていた近所のケーキ屋だ。それにしてもカングー、こういう風景に似合いすぎ。思わず撮影。

そのまま東へ意味もなく走るが特に面白いこともなく、気が付けば阪急西宮ガーデンズの近所まで来ていたので、そこで昼食。北上する途中、西宮市内で同じ色のカングーとスライド。お互い「あっ!」みたいな表情ですれ違う。旧カングーはよく見かけるが、新型は1日1台もすれ違えば多いほう。東京では山手線にカングーのラッピング広告が付いたそうなので、登録台数が増加するかも知れないが。

さてさて、平坦な道を走っていても何も分からんので、逆瀬川から六甲山に登る。ブンブン回すわけにはいかないので、3000回転を目途に適度に引っ張り気味で。

Rokko_cable_2
六甲ケーブル山上駅。昭和7年築。近代産業遺産指定。下側の駅は昭和13年の阪神大水害で倒壊・流出し、現在見られる山小屋風に建て替えられたもの。

Tenrandai2
天覧台でしばし休憩。それにしても寒い。カングーの外気温計を見ると、下界8℃が、ここは0℃で点滅していた。

Kangoo
天覧台駐車場で初めて天井部分を上から見る。ルーフレールなどが付けられる穴が4か所、何かでふさいである。いかにも商用車然とした感じが良い。別にダンナ的にはクルーズコントロールやオートエアコンは必要ないのだ。(付いてるけど)

山登りの感じではMTなので好きなように走ってやろうと思っていたが、前を走っていた他府県ナンバーのエスティマが意外に遅かったので追い付いてしまい、性能を試すような走りが出来ず、下りで試すことにした。コーナーに突っ込むと車体が沈むような感覚(重心が高いためか)があり、しかしそのまま粘ってフワッと戻るというか、そんな感じで通過する。これが”ルノー”なんだろうか?まったくこの手の走りに弱いYS130は論外として、意外に頑張る430やY30より安定感があるのは事実。

まあ実は、この足回りに期待してカングーを選んだということなんだが。
いや、日頃はゆったり安全運転してますんで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カングー撮影会

カングーの写真、先週撮ろうと思っていたのだが適当な場所が見つからず断念、結局Y30を撮った駐車場に。

0205_1
まずは順光で1枚。

0205_4
本来は向きを変えて順光にすべきだが、完全な逆光でもないので、そのまま後ろから撮る。

0205_2
サイドビュー。旧型のようなすっきりと割り切ったデザインではないが、これはこれで面白い造形である。要するにフランスでは日本でいうNV200とかプロボックスの類。日本人が作ると妙に真面目すぎる出来になる。今思えばエスカルゴなんて面白かったと思うな~。

慣らしを兼ねて距離の稼げる長距離ドライブ。山陽道に乗って西へ走る。説明書により慣らし段階では90km/h以下で走るよう指示されているので、これに従う。通常でも3,000回転以上回さないよう注意書きがあるが、平坦路を5速で90km/h出すと3,000回転弱に達するので、要するにこの範囲内で慣らし運転せよということなのだろうか。元々急加減速を繰り返す運転をしないので多分問題ない。

0205_3
岡山は吉備津彦神社に到着。備前国一宮で祭神は大吉備津彦命。四道将軍の一人である。吉備は古代日本の先進地域であり、興味深い場所だ。

0205_5
次にやって来たのは祭神が同じ備中国一宮の吉備津神社。名前がどっちだったか混同するが、まあ間違っても大した違いはない。以前はこちらも吉備津彦神社と称していたのだから。

0205_6_4
ここの見どころは比翼入母屋造りとなっている本殿とこれにつながる拝殿。ここにしかない形式で国宝に指定されている。

0205_7
岡山の観光パンフレットには必ず出てくる回廊。今日はお釜殿のほうへ向かう支線へ曲がったが、まだ先までつながっている。この時点で時刻は16時。お釜殿は15時までの公開ということで、残念ながら内部を見ることはできなかった。もっとも十数年前に一度見たことはある。

神戸は晴れていたのだが徐々に天候が悪化し、ここ吉備津神社は雨になった。

0205_8
というわけで、備中国分寺の五重塔は車内から望見しただけ。コッコ1号「奈良にもあるやん。」と言うが、岡山のこの場所にあるから値打ちがあるのだ。ちなみに県内唯一の五重塔である。

1月28日からの総走行キロ625kmあまり。元々の25kmを加えて650km。1,000kmで慣らしはOKらしい。また3,000kmくらいで本来の性能を発揮するという。今のところ不具合なし。異常もなし。

しばらくはドライブ三昧ということで。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

みとろ荘

先週土曜日にカングーがウチにやって来てから、慣らしのためにその辺を意味もなく走っていたりするが、今日は少しは意味のあるドライブ。

Mitoro_1_2

どこかに風呂でも入りに行こ~、みたいな。行ったことないところということで加古川市の「みとろ荘」へ。それにしても”昭和”な雰囲気。風呂は改装されているらしいが。

だがしかし、やっぱり風呂のほうも”昭和”だった。ダンナ母はどうももっと新しいスーパー銭湯のような施設がお好みであったらしい。

Mitoro_2
最近珍しくなったのではないかと思われるピンク電話。最近の新入社員なんぞ、ダイヤル式電話の使い方が分からないという者が大勢いたりする。(本当ですよ!)

Mitoro_3
あるよね~、大広間。何に使うのだろうか、この舞台。”昭和”やね~。

この雰囲気、実はキライじゃない、ダンナとおかみ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »