« 天理→橿原 | トップページ | 明石市バスの組み立て(その3) »

明石市バスの組み立て(その2)

明石市バスペーパークラフト組み立ての続き。今回は写真ばっかし。

601_2
後面の次に前面を接着。模様を合わせて下半分→フロントガラス→方向幕側面→屋根の順に。一気に組み立てず、それぞれ確実に接着してから次の作業へ移る。屋根は付きにくいので車体を壊さない程度の重しをかけるのが良いだろう。

602
タイヤ。ギザギザののりしろはいきなり切り抜くのは困難なので、まず写真のように切り抜いた後、千枚通しなど先の尖ったものでのりしろの裏側に筋を入れる。こうするとハサミを入れるときに微妙な感覚を受けストッパーになる。(意味、分かりますかね~。)

603
のりしろを切り抜いたら丸める。

604
タイヤだけではないが、紙断面の白さが意外に目立つので、ペンで断面を塗る。黒でも良いが目をむきすぎるので、ダンナはグレーのペンを使用している。

605
タイヤは組み立てたあと、写真のように貼っておく。

608
今回はここで底板を貼った。幅が決まるのでその後の工作がやりやすい。

606
バンパーは小さなパーツだが、丁寧に切り取り、あらかじめ組み立てておく。

607
バンパーを車体へ取り付ける。正面部(後面部)を先に接着し、乾けば側面部を付ける。小型のクリップを用意しておき、保持させると良い。乾く間に別のパーツを組み立てておくのを忘れずに。ビール片手にほろ酔い作業。

609
ナンバープレートも付け、屋上以外はほぼ完成した。

610
後ろからだと、こんな感じ。実は1788号、実車がエラーで縞模様の線がこちら側だけ1本多い箇所があるのだ・・・。(まあ詳しくは別の機会に)

以下、続く・・・。

|

« 天理→橿原 | トップページ | 明石市バスの組み立て(その3) »

バス」カテゴリの記事

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

組み立ての過程をみるのは楽しいなぁ。
ビールのみながら仕上げちゃうところがさすが。

投稿: みささ | 2012年3月 8日 (木) 01時31分

>みさささま
と、ここ数日は飲み過ぎて作業になりませんでした、と。何でもほどほどが良いようです。

投稿: いぶきダンナ | 2012年3月 9日 (金) 12時39分

ビールを飲みながら、趣味活動に専念する至福の時間ですね。
BGMはクラシックですか?JAZZでしょうか。

明石市営バス、路線移譲まで10日を切り、昨日は仕事を昼までに切り上げ、朝霧丘や明舞団地を撮影に行きました。

過去に撮影済み・・・といっても、最後の姿を撮らねばと、のり鯛カードを利用しての移動です。
平日昼間とあって、3社並ぶ光景は撮影できませんでしたが・・・。
山陽さんや神姫さんの教習車が走っていました。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2012年3月 9日 (金) 12時50分

>アルプス銀水タクシーさま
そう言えば最近はBGMかけていませんね~。音楽を聴く余裕も必要なのでしょうが・・・。

明石市バス、撮りに行きたいような、なんとなくそっとしたいような複雑な気持ちでいます。全車を撮る!みたいな意気込みは当初から無かったんですけれども。

投稿: いぶきダンナ | 2012年3月13日 (火) 14時48分

記録として主な風景を記録するだけ程度なんですが、明石駅前、上ノ丸の坂道、
朝霧丘、明舞団地などですね。
西部路線は既に委譲されていますからね。

のり鯛カードは委譲日以降も少し使用出来るので記念品として購入しました。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2012年3月14日 (水) 12時16分

>アルプス銀水タクシーさま

いやいや、そういう何気ない風景を記録しておくことが必要だと思います。結局私は明石駅前以外では撮らず仕舞いになってしまいそうですし・・・。無くなるからというのではなく、日頃からこまめに記録することが必要なんでしょうね。

投稿: いぶきダンナ | 2012年3月15日 (木) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/44394909

この記事へのトラックバック一覧です: 明石市バスの組み立て(その2):

« 天理→橿原 | トップページ | 明石市バスの組み立て(その3) »