« なにわの海の時空館 | トップページ | 近くに珍車 »

神戸ゆかりの美術館

六甲アイランドにある「神戸ゆかりの美術館」に初めて行ってみた。
今までノーマークだった施設。「神戸ファッション美術館」と一緒だとは知らなかった。ファッションに疎いというのもあって、近寄ったことがなかったのである。

Kobeyukari

Genkan_2

今日来た目的はこれ。

Totsutotsu

高校時代の恩師が版画家で、いやまあ実はこの趣味の大先輩でもあるので。多版多色の木版画は、パンフレットにもあるが渋い色彩。毎年年賀状に刷られたものはダンナの大切なコレクションである。



|

« なにわの海の時空館 | トップページ | 近くに珍車 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ファッション美術館、神戸市産業振興財団の運営ですね。
ものづくり支援の他、神戸市との友好姉妹都市の事務所も傘下にあるようです。

4層からなる建物は、バブル崩壊後しばらくの開館にしてはお金のかかった設計ですね。

版画は私も好きで展覧会は行く様にしています。
上京時、深川の浮世絵版画工房の工程を見せていただいたことがあります。

某社沿線風景の版画でも創作しようかと、考えているのですがなかなか進みません。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2012年4月 5日 (木) 12時54分

>アルプス銀水タクシーさま

確かにバブルの匂いが残る建物ですよね。それにしても人が少ない・・・。人が多くても落ち着かないわけで、美術館は人が少ないに越したことは無いと・・・。

版画ですか~。私も2年ほど多版多色で年賀状を刷りましたが、その後20年ほど停滞しております・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2012年4月 8日 (日) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/44709169

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸ゆかりの美術館:

« なにわの海の時空館 | トップページ | 近くに珍車 »