« 道明寺天満宮 | トップページ | 神戸ゆかりの美術館 »

なにわの海の時空館

大阪南港にある「なにわの海の時空館(大阪市立海洋博物館)」なる施設に行ってみた。夏に海遊館に行ったとき近くに見えていて、「あれは何じゃろな。」と思っていたトコロである。

101_4
クルマだと建物が見えてくる天保山で降りたくなるが、そこは我慢して南港北で降りないとトンネル代100円が余分にかかることに・・・。

今日から企画展「海をめざした鉄道 なにわの海の鉄道もけい展」開催。ダンナの大先輩がご参加されているのだ。万難を排しても行かねば。

108
エントランスからエレベータで下り、海中のトンネルをくぐって本館展示棟へ。ここからしかアクセスできないようで、本館は海に浮かんでいるような形になっている。

107
日本トロリーモデルクラブのレイアウト。なんや分からん電車が・・・。長崎電軌の新車とか。5000形というらしい。なんかねずみ色のんもあったよな、と。それは3000形というのか。360形と370形のここが違う!なんて言っていたのはいつの頃だったか。

106
道路沿いの教会では結婚式が。

102
実は鉄道模型や企画展を見ていたので、常設展のほうをあんまり見ていないのだ。なかなか興味深い内容だったのだが・・・。本当に海に浮いているのか、何となく建物が揺れるような気がする。ダンナ体調不良だったので眩暈でもしているのかと思ったが、一緒に行っていたダンナ母も同じことを言っている。どんな構造なんだろうか?

103
中央部に展示された菱垣廻船。もちろん忠実に復元したものだが、実際に帆走したことのある本物の船である。個人的に江戸時代再評価中のダンナ、これだけでも見る値打ちがあると感じた。

105
そうこうするうちに閉館時刻に・・・。

104
「印象 日の出」いや夕暮れです・・・。

だがしかし、晩御飯を食べるのに天保山に移動したので結局トンネル代100円は支払うことに。おまけにそのトンネル、ETC無くて現金払いやし。

|

« 道明寺天満宮 | トップページ | 神戸ゆかりの美術館 »

カングー」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

あの大阪港トンネルは私も南港からの帰りでちょいちょい使いますが、普通車だと100円を受け皿に投げ込まないと通行できないんですよね。市バスやトレーラーは回数券を入れていたような… 確か少し前まで料金所が有人で、その頃は通行料金がもっと高かった記憶があります。

なお大阪市内中心部側からじゃなく、R43の此花から北側から南港を目指す際は、舞洲経由で夢舞大橋と夢咲トンネルを使うとタダで行けます。私の場合は西淀川某所に寄ってから一般道で南港を目指す事が多いので、北港ヨットハーバーから夢咲トンネルのルートで渋滞回避です。

投稿: 西日本総合開発 | 2012年3月23日 (金) 02時14分

>西日本総合開発さま
今どきですのでETC化してほしいところです・・・。

ただ、正直ほとんどあの辺に行ったことは無いです。南港はバスまつり以来です。天保山は子供に食べさせるものが多いので結構愛用しているんですけど。

投稿: いぶきダンナ | 2012年3月23日 (金) 21時14分

こんばんは。

天保山はマーケットプレイスの飲食店舗が充実しているので、海遊館の前という影響もありますがあの界隈だとそれなりに繁盛しているポイントな気がします。

そういや大阪の有料橋やらトンネルはETC化されていないのが多いですね。大阪港トンネルのすぐ近くにある鶴町のイケア側へアクセスする、なみはや大橋も確かETC化されていなかったと記憶しています。

投稿: 西日本総合開発 | 2012年3月25日 (日) 01時56分

海の時空館を柳原良平画伯の船の絵というか、あの人のは漫画ですけれど-を見にと、
旧知の柳原画伯に会いに行って見てきました。
車が無いと足が不便なのが欠点ですが、海事知識を向上
させるのには良い展示物も多いです。

鉄道関係のHPで北海道の高校の先生に教えたら、修学
旅行で絵画部の生徒さん達が見に行ったそうです。

菱垣廻船本当に立派ですが修学旅行の見学コースならば
貸切バスで廻れるから、もっと全国からの生徒達に見て
もらいたいです。

投稿: 830 | 2012年3月27日 (火) 13時45分

>西日本総合開発さま
いや~、クルマで大阪に行き始めたのは最近なもので、その辺の事情は全く疎いですわ。

>830さま
柳原良平氏とお知り合いなんですか!すごい話ですね。漫画といえば漫画なんでしょうが氏の船の絵は好きですよ。神戸では海文堂に船舶関係の書籍が多いのは有名ですが、柳原氏のイラストも多く展示されていた記憶があります。あとはトリスのウイスキーでしょうか。菱垣廻船は本当に立派なものです。あんなに人が少ないのは勿体ないですね~。

投稿: いぶきダンナ | 2012年3月28日 (水) 22時28分

こんばんは。

そういえば天保山で思い出しましたが、海遊館の駐車場の無料シャトルバスは確か近鉄バスで運行されていたと思います。大阪市バスじゃないんだなと不思議な感じがしました。

投稿: 西日本総合開発 | 2012年3月30日 (金) 04時19分

>西日本総合開発さま
もうそういう輸送は民間委託すべきかと思います。そのくらいの仕事なら市バスの半額くらいで出来るのでは?

投稿: いぶきダンナ | 2012年4月 1日 (日) 09時04分

こんばんは。

いやー天保山で近鉄バスを見たという事のインパクトが強かったんですよ。市バスの港車庫の近くなのでまさかと思った次第です。

それにしても民間委託にすると随分安くなるんですね。市バス民営化と言い出す理由が分かります。

投稿: 西日本総合開発 | 2012年4月 4日 (水) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/44556090

この記事へのトラックバック一覧です: なにわの海の時空館:

« 道明寺天満宮 | トップページ | 神戸ゆかりの美術館 »