« 神戸ゆかりの美術館 | トップページ | 41歳の春だから~ »

近くに珍車

使用頻度の高い居間の照明をLED化するために、近所の電気店にやってきたダンナ。店の前に「神戸33」純正ナンバーを付けた(と思われる)初代センティアを発見。何か雰囲気が違うと思いつつシャッターを切る。

Ms9_f_3
この時点で気付けば相当なマニアさんだと思われるが、

Ms9_r
実はこれ、アンフィニMS-9なんですね~。今となっては「珍獣」の類だが、これでもセンティア全盛期の当時は結構見たものである。東京で見た個人タクシー(もちろん東個協のやつね!)仕様を撮れずじまいだったのを今でも後悔しているが。

せっかく珍車を見つけたので、この近所にあることが分かっている珍車も押さえに行く。

Ga_f
日産ガゼール(S12)RS-X。後期型はシルビアに統合されたため前期型しか存在せず、このモデルとしては貴重なはず。再登録車であること、この状態の良さからマニアさんの所有と思われる。

Ga_r_2
テールレンズのデザインがシルビアは縦方向の帯に対し、横方向に帯が入るガゼール。低迷期の日産車らしい雰囲気が今となっては懐かしい。この頃、セド/グロもY30が現れ、デザインセンスにがっかりしたものだが、後期型になってエグさが加わり日産の終焉を感じさせたものだ。まさか自分がそのエグくて嫌いだったY30に乗ることになるとは思わなかったが・・・。もっとも、使ってみると機械としては良い出来だったとは思う。430派として言っているに過ぎないのでY30ファンの方には申し訳なく・・・。

|

« 神戸ゆかりの美術館 | トップページ | 41歳の春だから~ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

こんちはです
友人が今は亡き「マツダアンフィニ」店に勤めていたので
色々と珍車も見せてもらいました


430が現役の頃は小学生でした
コラムシフトの430がタクシーで沢山走ってた時代、懐かしい(笑)
Y30というとエンジンがVG型になった型でしたっけ?

ガゼールとシルビアの110?と12はクーペとハッチがいましたねー

投稿: かわ氏 | 2012年3月23日 (金) 00時12分

こんばんは。

MS9はこっち方面でもまだ1台残っていた気がします。地元に元アンフィニのマツダ店があるので、割とMS系がよく残っている地域になるのかなと思っています。

ガゼールは元よりシルビアもS13以降しか滅多に見れなくなりましたね。地元で一時よく遭遇したS110系ガゼールのハッチバックも最近見なくなりました。

投稿: 西日本総合開発 | 2012年3月23日 (金) 01時55分

おおっ、当家本店のすぐ近くではないですか!

撮影されたガゼールの駐車場には、当方と同じような色の営業車が居ます。
当時は、販売力のトヨタに対して「技術の日産」がコピーでしたね。
直接は関係ないのですが、「西部警察」の特選DVDシリーズ1~6が3月7日
からレンタル開始されています。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2012年3月23日 (金) 12時39分

>かわ氏さま
アンフィニブランドで珍車でないのはRX-7くらいですかね~。今から思えば無理のあるバリエーション展開でしたが、それを懐かしく思えるほど時間が経ったのかとも思います。
430。私も小学生でしたよ。Y30は初めてV6になったセドリックです。ガゼールは仰られるとおりハッチとクーペです。私は110のほうガゼール、それも前期型のほうが好きでした。もちろん、今でもシルビア/ガゼールの判別、出来ますよ~。

>西日本総合開発さま
最近初代センティア/MS-9って急速に見なくなったような気がします。少し前は結構あったように思いますし、センティアの何%かはMS-9だったでしょうしね。と考えると2代目もほとんど見なくなったような・・・。

>アルプス銀水タクシーさま
おおっ、さすが。その通り貴社本店そばです・・・。この駐車場、だいぶ前から狙っていたのですが、なにせ再登録車だったので「当分無くならないだろう」と。
「日産は自動車を研究したが、トヨタは日本人を研究した。」とも言われてますが・・・。
西部警察、不朽の名作です。ああいうドラマ、最近ありませんよね~。

投稿: いぶきダンナ | 2012年3月23日 (金) 21時08分

こんばんは。

2代目のセンティアは初代より新車当時から見なかった気がします。初代はVIP改造のベースにもなったり「うなぎ」のあだ名も付いたりと、個性的なスタイリングでそれなりに人気があったのでしょう。

かくいう私もセンティアは初代のスタイリングのほうが好きです。初代は確か4WSも装備されていましたよね。

投稿: 西日本総合開発 | 2012年3月25日 (日) 01時48分

>西日本総合開発さま

そうですね~。2代目は地味でしたね。後ろはクラウンコンプレックス丸出しという感じで・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2012年3月28日 (水) 22時22分

こんばんは。

2代目センティアの記憶といえば現物よりCMのほうが強いです。ショーンコネリーだったと思いますが、外人を使った重厚なCMのインパクトはあったと思います。

前オーバーハングが短めなのに後ろが長く見えるデザイン、今だったら違和感を感じないかもしれませんね。クラウンコンプレックスではなく広島のベンツたる路線をまっしぐらに追い求めたほうがファンを確保できたでしょうね。

投稿: 西日本総合開発 | 2012年3月30日 (金) 04時35分

>西日本総合開発さま
う~ん、実は全く記憶がありません。そのCM。まあ、売れたクルマの次が駄作というのはよくある話なんですけれども。

投稿: いぶきダンナ | 2012年4月 1日 (日) 09時06分

こんばんは。

車に限らずヒット商品の次は当たらないようですね。まぁ先代イメージを踏襲するにしても大きく変えるにしても、ユーザーの購買意欲を引き続き高まらせていくというのは難しいのでしょう。

投稿: 西日本総合開発 | 2012年4月 4日 (水) 00時45分

初めまして、ekと申します。
センティアやガーゼル・・何とも懐かしい響きですよね。外観も今のエコカーには無い上品な雰囲気が伝わってきます。

80年代に活躍したクルマも、一部のマニアを除き現役車としてそろそろ終焉の時間を迎えそうなので、私も珍しいクルマを見かけたら撮らないといけませんね・・。

投稿: ek | 2012年4月 8日 (日) 00時35分

>西日本総合開発さま

まあその極意が分かっていれば、それだけで一生食べていけますわ。

投稿: いぶきダンナ | 2012年4月 8日 (日) 22時44分

>ekさま

こちらこそ初めまして!コメントありがとうございます。そう、まだクルマに夢があった時代です。今みたいに電化製品ではなくて・・・。
80年代~90年代のクルマはエコカー代替で急速に姿を消しています。みんなで撮りましょう!

投稿: いぶきダンナ | 2012年4月 8日 (日) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/44596991

この記事へのトラックバック一覧です: 近くに珍車:

« 神戸ゆかりの美術館 | トップページ | 41歳の春だから~ »