« 明石市バスの組み立て(その3) | トップページ | なにわの海の時空館 »

道明寺天満宮

日を遡って書くとどうも新鮮味に欠けるが・・・。

それはともかく。
今年の観梅は、定番の綾部山の開花が遅れたために「どっか別の場所に行こう」ということになった。選んだ場所は道明寺天満宮。行ったことはあるが梅のシーズンではなかったので、ならば観梅時期に行ってみようと。

Do1_2
特に説明は要しない。

Do2
人出は結構ある。屋台もたくさん出ていて活気はあるが、年齢層はかなり高い。

Do3_4

で、思い出したこと。我々関西人が食べる「桜餅」。関東では「道明寺」というのだ。関東風の、餡を薄い餅で巻いたものは「長命寺」というとか。どちらが正しい桜餅というわけではない。日本の豊かな食文化を誇りに思うのみ。

Do4

さてさて、道明寺天満宮をあとに大鳥大社に向かう。和泉国一宮。「らき☆すた」で有名になり多くの参拝客を集める埼玉の鷲宮神社とならび、全国の大鳥信仰の本社とされる。また祀られるヤマトタケルは後世の付会であるらしいが、最近マイブームになっているダンナ的には、今日はこちらが本来の目的。

Ootori_2

が、道明寺から意外に時間がかかった(応神陵だの仲哀陵だの近辺の古墳群を見て回ったり・・・)のと、遅い昼食だか夕食だか分からんことをしているうちに受付時間終了・・・。まあ、アメノコヤネやらヤマトタケルにとって菅公とは格が違うということか。ついでに来るのは何事か、とか。

まあ、出直しますわ。

|

« 明石市バスの組み立て(その3) | トップページ | なにわの海の時空館 »

カングー」カテゴリの記事

寺社仏閣」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

関西では京を始めとして桜餅の名前。

藤井寺産の道明寺粉を使い丸く仕上げて
塩漬桜葉がついているもので道明寺と呼ばれています。
鶴岡でも食べましたが、北前船で東北の日本海側と北海道は
ほぼこの形のようです。

それに対して、焼いた生地を巻き中か外に桜葉が巻いた長命寺は、
隅田川の向島で花見の季節、同名の寺で売り出されたことから
この名前で関東周辺、東北の太平洋側、甲信越、
山陰に広まったようです。

ちなみに塩漬桜葉(オオシマサクラ)の生産地は東だと伊豆・松崎で
西では五條・西吉野となっています。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2012年4月19日 (木) 12時58分

>アルプス銀水タクシーさま

道明寺は北前船のルートとも一致しているのですね!知りませんでした。フォッサマグナから向こうは長命寺かと・・・。桜餅の分布はそうなっているのですね。

オオシマサクラ、今年もきれいに咲いたダンナ庭のは散ってしまいました。

投稿: いぶきダンナ | 2012年4月21日 (土) 09時03分

いぶき庭園はオオシマザクラでしたか!
西吉野での情報では、ソメイヨシノの葉を
塩漬けすると黒っぽくなるそうです。
で、オオシマサクラを使用するそうです。

そそのかすようですが、来春は自家製桜葉塩漬けで桜餅を!
今年の桜葉を樽に塩漬け込みお願いします・・・なんて、失礼しました。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2012年4月23日 (月) 19時33分

>アルプス銀水タクシーさま
我が家のオオシマザクラ、大きくなりすぎて隣家に浸食しつつあるので、今年こそ散髪しようと思っています。自家製桜庭塩漬けはおかみに提案しておきましょう。本当にやっちゃいますよ。

投稿: いぶきダンナ | 2012年4月25日 (水) 12時51分

何でも作ってしまわれるだんなとおかみですから、
その通りだったりする訳ですね。

いろいろなHPで紹介されていて、
よく水洗い→湯を軽く通し→冷水漬け→重しを載せて
塩漬け3日→取出し冷蔵保存(翌年まで)が
共通するところのようです。

塩漬けの塩の分量がいろんなデータがあり
その辺りが、経験で出てくるんでしょうか。

来年春はその時期、「道明寺粉」を持参させていただきます。
責任を感じて・・・。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2012年4月27日 (金) 12時49分

>アルプス銀水タクシーさま

うわ、これは本当に作らねばならなくなってきましたやん。作り方はともかく、冷蔵保存はどうするか、どのくらいの量にするか・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2012年5月 4日 (金) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/44607696

この記事へのトラックバック一覧です: 道明寺天満宮:

« 明石市バスの組み立て(その3) | トップページ | なにわの海の時空館 »