« 熱田神宮 | トップページ | 明石市バスの組み立て(その2) »

天理→橿原

今日はどうせ雨だろうから「室内で何か見るところ」を探す。突然思い立ったこと。「三角縁神獣鏡見たいよね~。」

というわけでカングーを飛ばしてやって来たのは奈良は天理市。天理教本部の巨大な拝殿群はいつ誰が行っても見せてもらえるらしく、かなり見たい衝動に駆られるが今回はパス。黒塚古墳展示館へ直行。

Sankaku
一挙33枚が発掘された黒塚古墳の三角縁神獣鏡。展示されているのは全33枚だが全てレプリカ。とは言えよく出来ている。

そのあとは古墳2か所(崇神陵・景行陵と比定されるもの)を見て、巻向で箸墓古墳の外をず~っと回って・・・、
Torii_2
大神神社の大鳥居に到着。

Haiden
これは拝殿。オオモノヌシを祀るというが、ご神体は三輪山そのもののため拝殿しかない。まさにアミニズムである。日本最古の神社の一つというが、この信仰形態から見て恐らく事実なのだろう。

Hebi
「なんで卵が供えてあるん?」と聞いてくるコッコ共。「大方ここの神さんはヘビさんなんやろ。」と分かる程度の知識はある。

Somen_3
せっかく三輪まで来たので素麺を食べるべきだろうと。柿の葉寿司もね。

Wakamiya
食事中に持参していた古代史の本をめくっていると、大神神社の脇にオオタタネコが「若宮」として祀られていると書いてあった。「どこ?」と神社正面から左を見ると、すぐ近くに鳥居が。「あそこや!」 まあ、普通に参拝しただけですが・・・。オオタタネコ、オオモノヌシの子と言われ、オオモノヌシが祟ったときに大阪の堺から連れてこられた、とか。いや、「若宮」そのものが祟るのではないのか?とも思うが・・・。怪しい・・・。

Kashihara
最後に橿原考古学研究所付属博物館へ。到着16時で閉館まで1時間しか無かったが、まあ次回ゆっくり来ることにして早足で一通り見て回る。

橿原神宮は、また次の機会に。

|

« 熱田神宮 | トップページ | 明石市バスの組み立て(その2) »

カングー」カテゴリの記事

寺社仏閣」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

4日は伊賀市へ月末開催予定、長谷川義史さんの絵本ライブ入場整理券をもらいに行き、市営岩倉峡公園で遊んでから帰路、三輪さんの大鳥居近くの中和幹線を走行。

昼食後、橿原神宮前駅直近の義姉宅で夕方まで滞在しておりました。橿考研ならすぐそこです。
かなり接近していましたね~。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2012年3月 6日 (火) 20時52分

>アルプス銀水タクシーさま
いや、あの辺を走っているとニアミスしそうだな、と常々思ってはいるのですが・・・。お互い一目で判るクルマに乗っているだけに(笑)。三輪さんの大鳥居はこの前の名古屋行きのときも近鉄の車内からよく見えました。

投稿: いぶきダンナ | 2012年3月 6日 (火) 22時40分

たまごがお供されていましたか。
昔、大和の国に大きい蛇がいて「三輪さん」が頭で三重にとりまき、近鉄高田市駅
北すぐにある石園座多久蟲玉神社(いわそのにますたくむしたま)通称「龍王宮」が胴、近鉄磐城駅南にある「式内大社 長尾神社」が尾っぽだといわれています。

三社は東西ほぼ直線に並んでいて、大神神社の鳥居越しに西の二上山への落日がよく撮影されています。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2012年3月 7日 (水) 12時42分

>アルプス銀水タクシーさま

なるほど、三社が一直線ですか。調べてみると確かにそういう伝承があるみたいですね。何かあるのか後世の付会なのかちょっと分かりませんが・・・。そもそも大神神社がヘビというところから話が始まったのかも知れませんね。

投稿: いぶきダンナ | 2012年3月 9日 (金) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/44380443

この記事へのトラックバック一覧です: 天理→橿原:

« 熱田神宮 | トップページ | 明石市バスの組み立て(その2) »