« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

十和田観光電鉄 いすゞCRA650

オバQの続きというわけではないのだが、山陽バスの中古車がとうとう十和田観光にも出現したと聞き、所蔵の写真を引っ張り出してきた。

258f

258r
十和田観光電鉄 いすゞCRA650(川崎) 1977年式?
(1993年9月 青森駅)

ダンナ18きっぷで放浪していたときに青森駅前で撮ったもの。当時にしても「ボロい」感じがした。国際興業カラーだった貸切から塗り替えたものでナンバーも付替である。山陽の中古もこのカラーになっているようだ。何となく電車と同じ色遣いを意識しているが、車体が白いため雰囲気は異なる。この点、土佐電鉄の電車とバスの関係に似ている。しかし十和田観光の電車は今年廃止されてしまった。

余談だが、十和田観光のタクシーは国際興業貸切カラーを使っていて、本家のような小豆色ではないのが面白かった。この旅行中取り損ねたまま現在に至っている。まあ本家が小豆色だったというのも昔の話。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オバQ

いつもお世話になっているOKMRさまの「OKMR crossing」にある「香川県の廃車体・オバQ」の写真を見て、同じ車両を「確か撮っていたような・・・。」と探すこと数年(もちろんずっと探していたわけではないが・・・。)、ようやくダンナ撮影分が見つかった。

Bu15kp_f

実は撮影許可を得ていないのだが。
OKMRさまの記事では、バンパーをトラックのものと交換したとあるが、この写真は原型のままである。恐らく1992年撮影。

Bu15kp_r_3

もちろん後ろも撮ってます。

最近、近所を通りかかったときも見たような気がするので、まだあるかも。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

赤い明石市バス

明石市バスが以前「赤かった」のを当たり前のように思っていたのだが、昔撮った写真を見ていると、恥ずかしながら何とも言えない違和感のようなものを覚えてしまうのである。

2144fs
明石市交通部2144 三菱ふそうK-MP118M(西工) 1981年式

これは多分震災前に「明石市バスが青くなった」のを撮りに、播磨観光タクシーさまやら大勢で出掛けたときのものだと記憶する。20年くらい前の写真である。

2424rs
明石市交通部2424 いすゞK-CJM520(川崎) 1982年式

こういった懐かしいモノコック車は赤塗装がしっくりくるのは当然だが、

4847fs
明石市交通部4847 三菱ふそうU-MP218K(西工) 1991年式

みたいな、何となく元々「赤い」イメージだったんだけれども、いつの間にやら青くなっていて青いイメージの染み付いてしまったクルマは、自分でも衝撃を受けるほど「赤」に違和感というか、妙な新鮮さを感じてしまったのだ。いや、今日写真を見ていて。

うん、こうすればお分かりいただけよう。

2424fsmono

この写真を見ると、「赤」だと思えるのだが、

4847fs_mono

この写真は、「青」のようにも思うという(実際は赤だが)、そんなお話。ちょっとコントラストが青にしてはきついかな、とか。

3609fs
明石市交通部3609 日産ディーゼルP‐U32K(西工) 1986年式

当時、車庫に1両だけいた塗り替えまもない青い個体。何とも新鮮だった記憶がある。周囲に写る赤い市バスがそれを物語る。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

常識

一昔前、と言うかつい最近まで

山陽バスって

Narabi1_1_2
こんなんやったよね~、と。その昔(要するに黄色くなる前)もこんな感じでBUが並んでいたっていう感じ。それが「常識」だったのである。

Dsc_0305_1
それが、こんなになっちゃうとはね~。それにしても西工、このカラーリング似合いすぎ。エアロスターはバンパーの滑り止めがちょっと「目の下にクマ」って感じかな。三菱も西工も窓上の黄色部分がもっと多いほうがバランスが良いとは思うが。

いや、そんな話ではなく、これが2012年の「現実」なのだ。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

大衆食堂

阪和線山中渓駅前の大衆食堂。

Img_2105_1
それにしても、よく1/80のキットやらトミーテックの○○コレとかで出てきそうな「大衆食堂」らしい大衆食堂が、実際に駅前に建っているというのも。そりゃ実際に建っているから模型になるのであろうが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

橋脚

何気なく歩いていると。

Dsc_0853_1
JR山陽本線 新長田~鷹取間

ふとガード下を見ると何ともレトロな橋脚が。さすがに戦後のものではないだろうと、wikiで調べると、この区間は1931(昭和6)年に高架化されたというから、そのときの建造物なのだろうか。

よくクルマでは通るところなのだが、ちっとも気付かなかった。
そもそも、電車に乗っていると見えないし。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

まだいたのか。

4月29日、JRで奈良まで行ったのだが。(昨日の続きでもある)

Nara
今さら何をと言われそうだが、ダンナ、たいてい近鉄で来るのでJRの奈良駅が高架になってからは初めて来たのだ、ここに。旧駅舎は壊すだの移築するだの言っていたようだが、結局保存したんだっけ。あれほど大きく見えた駅舎が広々とした駅前広場の片隅にちょこんと建っていた。こんなところにうまく収まるのなら駅舎としても使えそうだが、そういう使い方はしないらしい。無機質な現在の奈良駅を思うと、うまく旧駅舎と合体させられなかったのかと思うが、それは素人考えというものだろう。(大阪鉄道管理局設計 1934年竣工)

Narakotsu
駅前で客待ち中の奈良交通定観。この写真、10年前と言っても疑われないだろう。右のセレガも相当なものがあるが、今どきブルーリボンが現役というのも・・・。タイムスリップでもしたのかと思った。

Narakotsu02
後ろへ回る。ブルーリボンとは言え、さすがにクローバーではなかった。形式写真が撮りたくてドアが閉まるのを待っていたのだが、ちょっと油断しているうちに出発してしまった。

Narakotsu01
が、東大寺に行くと駐車場にいたので、今度は出発まで待たせていただく。たこ焼きをつつきつつ生ビールを片手に・・・。ようやくお客さまが揃ったと見えて出発するところを捕捉。

調べると1988年式の日野P-RU606BAで、特注の天井シースルータイプだという。あれほどいたブルーリボンも1年前の時点で残存2両というが、少なくとも1両はまだ生きている。良いものを見せていただきました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

コキ104-1

ダンナ、このところ近場の電車移動にほとんどJRを利用している。実はダンナ父が国鉄だったので以前はよく乗っていた。こちらは103系普通や113系快速。EH10やEF65なんぞが牽く貨物列車との抜きつ抜かれつの大レースは懐かしい思い出だ。せっかく抜いたのに次の駅で止まってる間にまた抜かれてしまうけれど、あのワクワクする感覚、久しく忘れていたのだ。

が、先日、奈良へ電車で行った際、芦屋まで先着する207系普通に乗ったら、外側線の貨物列車と並走し始めた。おお~、だいぶご無沙汰だがワクワクしてきたぞ~。

と、その一瞬・・・。

Koki104_1

「あっ!」

岡山駅でぼんやり貨物列車を眺めていて「コキ50000」が目の前を通り過ぎた、かれこれ20年ほど前以来の感動である。もっともコキ50000のほうは、今は大宮でいつでも見ることが出来るのだが・・・。

Koki50000
これね。(撮影 2010年9月16日 鉄道博物館)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千年藤

宍粟市山崎、大歳(ださい)神社の千年藤を見に行った。

01

02
見事なものである。

03
ダンナにとって山崎は今まで通過点であったか、神姫バスの写真を撮りに行ったか(と言ってもそれも20年近く前の話だが)、とにかく街歩きをしたことは無かったのだが、酒蔵の並ぶ一角はなかなかの雰囲気。こちらは老松酒造。

00_3
向かいには山陽盃酒造。

05
♪橋のたもとに~造り酒屋の~煉瓦煙突~♪

今日は藤を見に来たついでだったのだが、まあ、次の機会にゆっくりと。(そればっかし。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TRCのGW運転会2012

このほど、TRC(宝塚レールロードクラブ)の運転会に再び出席させていただいた。前回1月のときにHPで公開すると言いながらページを用意できていない。ご招待いただきながら申し訳ないことである。

01
会場の様子。内側にN、外側にHOを配している。自慢の車両を持ち寄り議論に花が咲くのは運転会の醍醐味。走らせるより話に夢中・・・。

02
コッコ1号がHOや他人様のNゲージを走らせるとヒヤヒヤするので、「こういう時用」にと中古導入した223系や321系を出す。ついでに以前から持っていた221系を加えるとサマになる。ダンナのようにNゲージも20年近く休むと「近くでよく見るデンシャが全く無い状態」なので、急遽最近の車両をある程度揃えることに。もちろん出来るだけ中古で安価に、だが。

03
山陽3000系3態。3427Dさま製(左)といぶき工房製(中)に加え、今回トクイ車両さまが整備依頼を受けたとかで持ち込まれた1本(右)。作者が違えばそれぞれに表情が異なる。これこそが自作の良さである。右のは実際に見るのは初めてだが、どこかのHPで見たことがある作品だと思う。大体、この3000系のHO模型って日本に何編成あるんだろうか?

03_1
と、思ったらもう1本が製造中。我が国に存在する山陽3000系HO模型のかなりの割合がここに集結しているのは間違いない。(って数編成ですが・・・。)

04_2
Nゲージセクションから。線路脇の木陰をスバル360がやって来る。やっぱりNゲージはレイアウトだと。こういう小さなシーン、作ってみたいな~。

今度こそ、きちんとまとめますので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »