« まだいたのか。 | トップページ | 大衆食堂 »

橋脚

何気なく歩いていると。

Dsc_0853_1
JR山陽本線 新長田~鷹取間

ふとガード下を見ると何ともレトロな橋脚が。さすがに戦後のものではないだろうと、wikiで調べると、この区間は1931(昭和6)年に高架化されたというから、そのときの建造物なのだろうか。

よくクルマでは通るところなのだが、ちっとも気付かなかった。
そもそも、電車に乗っていると見えないし。

|

« まだいたのか。 | トップページ | 大衆食堂 »

建物」カテゴリの記事

コメント

神戸市電板宿線の常盤町電停があった場所ですね。
市電・板宿線は国鉄高架後に開通(昭和12年)したので三宮などと違って市電を通すために道路が掘り下げられています。
とは言え、戦前の橋脚に間違いないです。(地震後、補強されていますが)

投稿: えびび | 2012年5月11日 (金) 23時00分

一番手前2本の上部にRがついた横桁が見えますが、
明らかに昭和初期の「アールヌーボー」調の流れですね。

この時代の建造物には、「ゆとり」を感じさせる物が
多いですが、古いビルのエントランスや階段の部分、
廊下の天井などにRが多いのも、その影響でしょう。

阪神の旧三宮駅の柱や天井も丸みがあったですし、
山陽電鉄旧明石駅上り改札口の、鉄筋コンクリート屋根
や柱もそうでした。


投稿: 830 | 2012年5月12日 (土) 10時55分

>えびびさま
あの辺りの高架や高架下の工場店舗の類は、いやまるでGMの”高架下店舗”みたいで魅力的です。
地震後の補強はX型の斜交いと横棒でしょうか?

>830さま
ああいう見えない(見えにくい)部分にRを付けるのは、なかなかのセンスですね。現在でもいろいろとデザインの工夫はなされますが、さすがにこういう部分にはないでしょうから・・・。阪神三宮は改良工事中に建設当時のRの付いた天井が現れていますね。

投稿: いぶきダンナ | 2012年5月13日 (日) 22時46分

Rもそうですが、橋脚にもちょっとした装飾が施されていたりね。
社会資本とはかくあるべき、みたいな意気込みが伝わってくるような気がします。

それにしても阪神三宮。
せっかく昔の美しいコンクリートのRが出てきたのに、また化粧版で覆ってしまうみたいですね。

もったいない・・・。昔の構造を活かしたデザインに出来んものか。

投稿: みささ | 2012年5月13日 (日) 23時36分

>みさささま

阪神三宮、覆ってしまうんでしたっけ?一部は見えるように残すような話が新聞に出ていた記憶があるんですけど・・・。せっかく今がいい雰囲気だけに惜しいですね~。阪急梅田のコンコース飾りも上層階のレストランに行くそうですが、そんな高そうなとこ行かんし。大衆の目に触れてこその値打ちだと思うのですが。

投稿: いぶきダンナ | 2012年5月14日 (月) 22時02分

阪神三宮の天井、80年前の梁アーチ部分は、保存状態も良かったので
活かして残そうとなったとのことです。
配線変更も含め完成は2013年春までの予定です。

阪急梅田の昭和4年完成 旧コンコースのアーチ型天井、
伊東忠太氏のガラスモザイク壁画、シャンデリア、唐草模様レリーフは
13階に誕生するレストランに移転再現されるのは、百貨店の
大型レストランなので心配はないのではないでしょうか。

特にモザイク壁画は2センチ角のガラスモザイクを1枚、1枚はぎ取り清掃、
元の位置に戻すという作業を文化財修復者が担当したとのことで、
この秋の完成を楽しみにしています。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2012年5月16日 (水) 12時56分

>地震後の補強はX型の斜交いと横棒でしょうか?

ダンナさんのお察しのとおりですね。
市電時代の写真を見ると横棒も斜交いも写っていません。

最近、この戦前に作られた高架区間がとても気になっております。
新湊川以西の築堤式よりスラブ式区間がおもしろいですね。
昭和6年完成の山側2線と同12年完成の浜側2線で設計や工法が変わったのか比べると微妙な違いが見てとれます。

花隈の歩道橋からその違いを間近でじっくり見ることができます。
まあ、空襲の名残なのかススで真っ黒ですが。

投稿: えびび | 2012年5月18日 (金) 21時34分

>アルプス銀水タクシーさま

やっぱり阪神三宮の天井アーチは残るんですね。確かそんな話だったと・・・。
阪急百貨店、もちろん13階まで上がれば、の話ですよね。阪急さんなので、そこは心配していませんが、昔の、それこそ”ライスカレー”の時代ではないので、どういう風になるのかな~、と思っております。

投稿: いぶきダンナ | 2012年5月18日 (金) 22時18分

>えびびさま

空襲の名残と言えば元町駅付近は熱でぐにゃぐにゃに曲がった鉄骨が残っていたものですが、最近見なくなったようで・・・。ススで真っ黒なのは本当に空襲の名残なのかも知れませんね。気になります。
山浜2線で設計が違いますか。興味深いお話です。何気なく通り過ぎる区間だけに、一度どこか展望の利くところで見てみたいですね。えびびさんのご自宅ってそうでしたよね!

投稿: いぶきダンナ | 2012年5月18日 (金) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/45224468

この記事へのトラックバック一覧です: 橋脚:

« まだいたのか。 | トップページ | 大衆食堂 »