« コキ104-1 | トップページ | 橋脚 »

まだいたのか。

4月29日、JRで奈良まで行ったのだが。(昨日の続きでもある)

Nara
今さら何をと言われそうだが、ダンナ、たいてい近鉄で来るのでJRの奈良駅が高架になってからは初めて来たのだ、ここに。旧駅舎は壊すだの移築するだの言っていたようだが、結局保存したんだっけ。あれほど大きく見えた駅舎が広々とした駅前広場の片隅にちょこんと建っていた。こんなところにうまく収まるのなら駅舎としても使えそうだが、そういう使い方はしないらしい。無機質な現在の奈良駅を思うと、うまく旧駅舎と合体させられなかったのかと思うが、それは素人考えというものだろう。(大阪鉄道管理局設計 1934年竣工)

Narakotsu
駅前で客待ち中の奈良交通定観。この写真、10年前と言っても疑われないだろう。右のセレガも相当なものがあるが、今どきブルーリボンが現役というのも・・・。タイムスリップでもしたのかと思った。

Narakotsu02
後ろへ回る。ブルーリボンとは言え、さすがにクローバーではなかった。形式写真が撮りたくてドアが閉まるのを待っていたのだが、ちょっと油断しているうちに出発してしまった。

Narakotsu01
が、東大寺に行くと駐車場にいたので、今度は出発まで待たせていただく。たこ焼きをつつきつつ生ビールを片手に・・・。ようやくお客さまが揃ったと見えて出発するところを捕捉。

調べると1988年式の日野P-RU606BAで、特注の天井シースルータイプだという。あれほどいたブルーリボンも1年前の時点で残存2両というが、少なくとも1両はまだ生きている。良いものを見せていただきました。

|

« コキ104-1 | トップページ | 橋脚 »

バス」カテゴリの記事

型式写真」カテゴリの記事

建物」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私も最近よく北生駒やらR168沿線に行くのですが、奈良交通は路線バスでも基本的に古いのがかなり残っていますよ。予備車だったかもしれませんが最近までP規制のブルリHU低床が現役でしたし、見た目の仕様はP規制と全く同じU規制のHUもまだ頻繁に見かけます。

丸目、バス協テール、直結シフトの路線バスが大阪を山一つ越えただけで普通に走っているのに驚きますが、それ以上に古い直結シフトだと大抵ギア鳴りして入りにくいはずが、どのドライバーさんも静かにスパッとシフトを決めていたのにもっと驚きました。

投稿: 西日本総合開発 | 2012年5月 9日 (水) 12時51分

JR奈良駅、8年前に北側へ18メートル曳家されています。

奈交の天窓車、269・270の2両。
南紀営業所で観光として働いたあと、奈良に移籍し定期観光用
になったようです。

十津川特急はそれより未だ新しい車で、車令20年。
旧塗色の短尺・北村ボディも葛城営業所で頑張っています。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2012年5月10日 (木) 18時18分

>西日本総合開発さま
そうですね~。P-のキュービックもいたかも。P-のブルーリボン路線車の屋根板配置を見たいのですが、そうこうしているうちに無くなってしまうのでしょうね。見かけたら撮らねば・・・。学園前とかで粘れば屋根は撮れますかね~。
バス協テールも気が付けば貴重になりました。

>アルプス銀水タクシーさま
そうですか、もう8年も前ですか・・・。ということは8年以上JR奈良駅には行っていないと。和歌山線に乗ったときコッコ1号はいなかったかな、と。時間の経つのは早いものです。奈良には結構行っているのですが。
定観用のバスは貸切の古いやつを使う会社が多いのかな、と思います。そんなに走らないし、そもそも儲からない仕事なのでしょうね~。

投稿: いぶきダンナ | 2012年5月11日 (金) 18時48分

こんばんは。

奈良交通のP規制ブルリはどうも今年の年度末で僅かに残るのみっぽいです。よく行く解体屋にそのブルリP-HUがまた入っていました。P規制の丸フェンダーのキュービックは去年の春にそこへ入っていまして、あれでPのキュービックは最後だったのかな…

U規制ならバス協テール、丸目のブルリはR168の東生駒付近、あと県道7号のバイパスだったかの大和小泉付近やR25の法隆寺付近で遭遇しましたよ。屋根… 小泉や法隆寺界隈で上から撮れそうなポイントは厳しいでしょうね。そもそも残っているP規制のブルリはどこを走っているんでしょう…

私の見た感じだと北生駒よりは王寺から法隆寺界隈で割と古いのと遭遇しました。王寺はR25のオーバーパスの下にある公園にさりげなくD51も置いてありますし、大阪から山一つ越えただけで結構いいモノをアレコレ見れました。

投稿: 西日本総合開発 | 2012年5月12日 (土) 04時09分

P-のブルーリボン、北大和、平城、葛城で計3両
いることになっていますが、確かめないとわかりません。

おなじ1990年式のU-は見るのですが・・・。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2012年5月13日 (日) 00時27分

>西日本総合開発さま
>アルプス銀水タクシーさま

情報ありがとうございます。さすがにP-規制がその辺に転がっているとは思いませんが、そこまで減っているのですね。まあ当たり前と言えば当たり前ですが・・・。私の場合、古いバスについては狙って撮りに行くというのではなくて、たまたま旅先で出会うという感じで、なにか発見したようなうれしい気分になります。もちろん狙って行くこともあるわけで一貫性はありませんが・・・。まあ趣味との付き合い方をそうしている、という私のスタンスを示しているだけです・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2012年5月13日 (日) 22時52分

いぶきだんなの趣味や好みに対してのお考え、
十分存じております。

旅とはそうゆうもので、味わい深くまた
突然の出会いにドキドキするのが楽しい
ですからね。
当方も同じく、目当てをもって行ったり
たまたまを楽しんでおります。

コメントの件、失礼しました。。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2012年5月14日 (月) 07時23分

>アルプス銀水タクシーさま

いやいや、そんなつもりで書いたんじゃないので。気にしないでください。奈交の旧年式車はそろそろ本腰を入れなければならんな~と思っているのも事実なもので。

投稿: いぶきダンナ | 2012年5月14日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/45188028

この記事へのトラックバック一覧です: まだいたのか。:

« コキ104-1 | トップページ | 橋脚 »