« 渡船 | トップページ | 不都合・不具合報告(その1) »

富山

岩瀬浜。

01

北前船の中継地の一つ。多くの廻船問屋が当時のまま残る通りがあるが、コッコ1号、高岡でダンナに引っ張り回されたのに懲りたか、街の散策に大反対。まあ、今日はおかみがいないので、また次回ということにする。次回って、いつになるやら分からんが。

02
JR富山港線をLRT転換したライトレール。富山北でしばらく撮影。駅の南側が玄関であり、商業施設等ごちゃごちゃした感じだが、北側は静か。路面電車ではなくLRTという言葉が似合う。電車の周辺は計画的に整備され日本離れした風景が広がる。

03
さてさて、南口。こちらは以前から地鉄の市内線があるが、工事たけなわの富山駅高架化が完成すれば、北側のライトレールと線路をつないで相直するという。地鉄側は所有が富山市というライトレールの同型車が投入され、新線を経由する環状ルートで活躍する。富山港線のLRT化、地鉄市内線との相直、新路線の建設は一連のもので、富山は路面電車を積極的に活用して市内中心部の活性化を図ろうとしている。そう、富山って持ち家率や自家用車所有台数が全国トップレベルの幸せ度数上位県だったはず。クルマがこれだけ普及すれば市内中心部の空洞化は避けられない。LRTがそれを防ぐ決定打となれば・・・。

というわけで、富山で目的のトランシス3種に完乗。ちょっと前に乗った岡山電軌のMOMOと合わせ4種完乗達成ということで。いやまて、熊本がまだ・・・。

04
電鉄富山駅。今回地鉄の鉄道線に乗るつもりはないので改札外から撮影。オリジナル車も見たかったが、結局京阪ばかり。

05
バスも今回は「撮れたら・・・」くらいの消極的行動なため、貴重なエアロスターKも後ろからしか撮れなかった。

06
次いつ来るか分からんので、ダンナにとって多分これが最後になると思われる。475系。

07
まあ、帰りは定番「ますのすし」でビール、ですか。

|

« 渡船 | トップページ | 不都合・不具合報告(その1) »

バス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

今の若い鉄道ファンはこういうLRTを“カッコイイ”と思うんでしょうが、
無骨な釣り掛けモーター車を見て育った者としては、どうしてもカメラを向けようとは思いません。
同じような意味で、475系や地鉄10030形も全盛を知るだけに興味が薄れてしまいます。
それでも乗ってみると、あのモーター音はたまりませんね~。

投稿: えびび | 2012年6月15日 (金) 21時46分

>えびびさま
そういうお気持ちはよく分かるのですが、シンプルに言えば世代によって感じ方が違うものの一つでしょう。急行列車とて客車時代を知る方は475系さえ味気ないと思っておられるでしょうし・・・。私は鉄道が消えていくことを思えば、こうしてLRT化し発展していく富山の姿は大いに結構、という感じです。

投稿: いぶきダンナ | 2012年6月16日 (土) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/45630188

この記事へのトラックバック一覧です: 富山:

« 渡船 | トップページ | 不都合・不具合報告(その1) »