« 神戸市バス収穫 | トップページ | 尾張一宮 »

日本ラインと犬山城

現存十二城制覇を目指すダンナとおかみ。ところが、結婚前に一方だけが行っていた城が当然ながら存在する。犬山城と松本城がそれである。さてこのほど、ダンナは30年前に行ったがおかみ初となる犬山城を征服(?)することに。

予定では「犬山城だけのためにクルマ転がすのもな~」と日本ライン下りを加えたプランを考えていたのだが、途中名神が事故渋滞で栗東から米原まで全く動かなかったため、日本ラインの最終便に何とか飛び乗れる時刻に着いてしまった。したがって犬山城後回し。

01
犬山橋から送迎バスで美濃太田の乗船場に移動。中山道太田の渡し場である。

02
「日本ライン」って何のことかと思ったら「ライン川みたいだから」だそうな。なんとなく「やれやれ」感が漂う中、エンジン付きの船で下ってゆく。途中何か所か流れの速いところがあるが、まあそれほどのスリルを感じる乗り心地ではない。

03
まあ、なんだかんだで楽しんで犬山に戻ってくる。名鉄ミュースカイが渡る。かつて道路併用で有名だった犬山橋だが、その面影は無い。

04
この時点で17時を過ぎていたため登城できないものと諦めていたが、一応前まで行ってみると、夏期は18時30分まで開いていたのは幸運で、おまけに17時以降は駐車場が無料とくる。管理する人件費のほうが高いらしい。結果オーライ。

05_2
天守閣自体はさほど大きくないが、木曽川に面した部分は山の上に建つだけに高度があり、欄干が低いうえ足元も外側に傾斜しているため、正直怖い。年を取って高所恐怖症気味のダンナ、ご勘弁願いたいところ。

ここから泊地となる一宮まで移動するわけだが、それにしても、日が経ってしまうと、このような日記みたいな文章は書きにくいものである。まったく臨場感ないしな~。もちろん鉄分もなし。

|

« 神戸市バス収穫 | トップページ | 尾張一宮 »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

日本ライン下り、過去名鉄グループでしたが今はまったくの地元資本会社です。
私は二十歳代に乗ったきりで、名鉄の岐阜エリアゴールデンルートだったんですね。
日本ライン下りで下船、明治村、モンキーパーク、リトルワールドで、いづれも車内放送は犬山到着時、全ての施設を案内していました。

日本ラインの名付けは札幌農大卒の方であると、乗船時隣合わせになった北大の
女学生に聞きました。
その学生は翌年神戸に遊びにくると言い、忘れていたのですが本当に電話をしてやってきたのには驚きました。
その後私が札幌に行きましたが、気を遣わないでいい女性だったものの神戸と札幌、結局遠距離すぎて・・・。

若気の頃、しょうもない話ですみません。

義母の里である鶴岡にいくと必ず乗船するのが最上川芭蕉ラインで、こちらはお国なまりで話す船頭の案内が面白くてくせになってしまいました。日本ラインの案内はいかがでしたか?


投稿: アルプス銀水タクシー | 2012年8月21日 (火) 18時37分

>年を取って高所恐怖症気味・・・
わかります。
最近、手すりが胸のあたりまでないと覗きこめません。
腰のあたりだと自分がしゃがんでチラッと見るだけ。
まわりから見ると相当なへっぴり腰でしょう。

投稿: えびび | 2012年8月22日 (水) 06時39分

>アルプス銀水タクシーさま
青春の良き思い出というところでしょうか。船頭さんの案内は特にクセもなく、残念ながらハマるほどのものではありませんでした。私も前回の犬山は1982年で、それこそ犬山橋も併用橋の頃でしたし、アルバムには8000系の北アルプスが写っていました。

>えびびさま
なんで年取ると高いところが怖いのでしょうか?観覧車も結構苦手になってしまいました。昔は最上部があれほど楽しみだったのに・・・。ただ、犬山城は子供だった昔も少し怖かった記憶があります・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2012年8月22日 (水) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/46766515

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ラインと犬山城:

« 神戸市バス収穫 | トップページ | 尾張一宮 »