« 摂津本山 | トップページ | 日本ラインと犬山城 »

神戸市バス収穫

今回のSKTオフ会は、必死に目指すバスを撮るあるいは乗る!というイベントではなく、まあ久しぶりに顔を見るのでグダグダしゃべってバス乗って、晩は飲み会というゆる~い会合だったので、特に大きな収穫はなし。また六甲道は昨年6月に来ているので重複もあり。ご容赦を。

01
魚081 三菱ふそうLKG-MP37FK(MBM) 2010年式
ワンステベースのエアロスターノンステ。ダンナ家の近所は純正ノンステのほうをよく見るので、まだ違和感はある。ドア上の妙に大きい空間が好きになれない。神戸市は黒いから良いようなものの、神姫になると目も当てられない。(JR六甲道)

02
魚220 日産ディーゼルKK-RM252GAN改(西工) 2001年式
1台のみ存在する西工中型CNGノンステ。1台だけだが昨年も撮れたし、ダンナはわりと遭遇しやすいクルマ。しかし車齢11年、まもなく廃車か。(JR六甲道)

03
魚201 三菱ふそうKK-MJ23HE(MBM) 2000年式
今回摩耶ケーブル下まで乗ったエアロミディ。昨年は撮っただけ。まもなく廃車となろう。(JR六甲道)

04
石018 日野ADG-HX6JLAE(J-BUS) 2007年式
勢力拡大中のポンチョ。新鮮に感じたこのカラーのポンチョも、もう登場して5年も経つのが信じられないが、増えたら増えたで食傷気味とは人間勝手なものである。(JR六甲道)

05
魚047 いすゞPDG-LR234J2改(J-BUS) 2008年式
もはやいすゞなのか日野なのか、大型なのか中型なのか、興味も失せたこのシリーズではあるが。エルガミオCNGノンステ。(JR六甲道)

06
魚442 日野KL-HU2PLEA(日野) 2003年式
ブルーリボンシティのこの顔も、今見ると「なかなかカッコ良いじゃないの。」と思ってしまうのは、バスメーカーが疲弊して減ってしまい、ここ数年で外観だけでも5種あった大型バスが2種類に集約されてしまったことと無縁ではあるまい。ブルリシティ、ハイブリッドならばこの車体をまだ作ってくれるが・・・。(阪神御影)

以下、飲み会・・・。

 

|

« 摂津本山 | トップページ | 日本ラインと犬山城 »

バス」カテゴリの記事

型式写真」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。会合お疲れ様でした。

神戸市バスといえば魚442みたいな濃いグリーンの印象が強いのですが、今ではライトグリーンが主流のようですね。

投稿: 西日本総合開発 | 2012年8月 5日 (日) 09時47分

西日本総合開発さまの仰る”ライトグリーン”はノンステップ車のカラーです。普通のグリーンはノンステップ以外の標準色。かつて非低床車だの低床車だの言っていたときは現在の”濃いグリーン”が低床車色で、本来もっと黒い(というかほとんど黒)緑が標準でした。要するに床の低さが色の濃淡に現れる事業者だということでしょうね。

投稿: いぶきダンナ | 2012年8月 6日 (月) 06時50分

最後の写真、バックの色合いのせいか模型を写してるように見えます。

投稿: えびび | 2012年8月12日 (日) 19時59分

>えびびさま
形式写真としてはもう少し顔を入れて、扉の付いている側から撮るのが正式かと思います。確かに、背景はグレーでNゲージの高架橋のようでもありますね・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2012年8月14日 (火) 07時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/46561482

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸市バス収穫:

« 摂津本山 | トップページ | 日本ラインと犬山城 »