« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

サーモキングは今

と言いつつ、実は製作途中だったりするサーモキングのクーラー。もっとも最後に手を入れたのは2011.6.27なので、1年以上放置していることになる。せっかく話題になったので久々にプリントアウト。

Img_3056_1
中型用のサモキン(左下)とよく似ているのだが、大型用はよく見ると意外に複雑な形状をしているのである。ファンその他の部品は中型用から流用できそう。

Img_3057_1
組み立てるとこんな感じ。

Img_4458_1
本物はこんな感じ。

Img_3058_1
山陽バスデンソークーラーと積み替えてみた。まあ、こんな感じ。

やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーモキング

話は今年の2月に遡る。

コッコ共を連れて天保山を訪れたダンナ。「高いな~(値段が)」と思いつつ家族サービスと割り切って乗った観覧車から下界を見下ろしていると、

01
大阪市バスが見えた。「あれ?クーラーが違うぞ」。上の青いヤツじゃない。これはデンソークーラー付きのCNG車だ。下の2両、どちらも同じサーモキングを積んでいるはずだが、ファンの位置がちゃうやん。前のJ-BUSは前寄り3つ、後ろの西工は後寄り3つ。いや~、いつも下から見ているのでサモキンにこんな違いがあるとは知らなかった。

で、そのままバス好き仲間の飲み会なんかで、話のネタに使ったりしていたのだが。

話を日曜日に戻して。
舞子で会合があったため、早目に家を出たダンナ。学園都市や舞子でバス撮影なんぞしながら時間をつぶしていたが、あ、そうそう、と思い出した。サーモキングの違いが近くで見れるに違いない、と。

01_2
山陽バスの西工-サーモキング。大阪市同様、ファンは後寄り。

04
こちら神戸市バスの西工-サーモキング。うんうん、確かに後寄り。

02
山陽バスのJBUS-サーモキング。カバーの形状は同一だがファンは前寄り。

03
同じく神戸市バスのJBUS-サーモキング。やっぱり前寄り。

観覧車に乗っていなかったら、ペーパークラフト作成のときにこの違いに気付かず、どちらか一方だけ作るところであった。

と言いつつ、まだ作っていないが。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

なぜか広電完乗

おかみが体調を崩したため、コッコ2匹を連れて外出したダンナ。おかみにお小遣いをもらったのでどこか遠くに行こうか、と。

新神戸駅で「西に行くか、東に行くか。」としばし逡巡していたが、上り方面はダイヤが乱れていてMV(みどりの券売機)で買えない(みどりの窓口で並びたくない)から、というただそれだけの理由で、

01_2
じゃ~ん、と広島駅到着。

雨・・・。

実はダンナ、雨ならばと、在来線ホームの屋根下でコッコ共にメシを食わせながら自分はチューハイでも飲みつつ、115系でも撮ろうと目論んでいたわけだが、間違って駅外に出るほうの改札をくぐってしまった。ダンナとしたことが何たる不覚!

仕方がないので駅前で広電とバスでも眺めながら、とにかくコッコにメシ、自分はチューハイと決め込んでいると、いつの間にやら晴れてくるし。

カメラを持ち出して、ここで広島バスの5Eでも撮るか、路面電車を撮るかと迷うが、ここは望遠で路面電車をしばらく撮ることに。ついでにタクシーも押さえてっと。

02_2
800形と3950形。

03_5
3000形。元西鉄福岡市内線の連接車。

撮っているうちに乗りたくなり、1日乗車券を買い求めて宮島口行き電車に乗る。

04
宮島口着。グリーンムーバー5000形。
こまで来たら宮島に渡るべきなのだろうが、実は近いうちに宮島に行きたいと思っているので今日はお預け。JRの駅に行くと運賃が意外に高い(広電270円・JR420円)ため、1日乗車券でそのまま戻る。西広島で隣に止まっていた350形に乗り換え、土橋で江波行きの700形に乗り換える。江波から横川駅行きの900形に乗車。

05
横川駅前でしばらく撮影。900形は元大阪市電2600形。塗装は大阪時代のまま。

06
1900形は元京都市電1900形。京都にちなむ地名や何やらが1両ずつに付いている。塗色も京都時代のまま。横川駅からこの1900形で広電前、後から来た700形で宇品2丁目、最後は3000形で広島港に出て、すぐ800形で比治山経由で的場町まで。

07
そうこうするうちに日が暮れてしまった八丁堀。夜景も撮るぞ、と。ここまで来ると全線完乗するしかない。ここから白島まで往復して完乗達成。厳密に言えば紙屋町東から本通のルートを通っていないが、路線図上は全線に乗車。一体何をしているんだか分からんが・・・。最後にコッコ1号が「グリーンムーバーマックス(5100形)に乗りたい。」というので、八丁堀でしばらく立っていたが、そうなるとなかなか来ないものである。

それでもなんとか。

08
広島駅に戻ってまいりました。

なかなかの達成感である。次はバスを撮りに来るのだ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

1万キロ

我が家のデカングーが1万キロを走行した。その間7か月半。最初は年に2万くらい走るのではないかと思っていたが、そこまでは走らんかな、と。

Img_3054_1
名阪国道を走っていて、止めるところが無い!と言いつつ非常停車帯に何とか潜り込んで撮影。

Dsc_0233_1
どこ?と聞かれると何とも言えないのだが、針TRSはだいぶ過ぎているんだけれども、伊賀まではたどり着けなかった、みたいな山の中、ということで。

Dsc_0282_1
で、やって来ました四日市。近鉄内部・八王子線が廃止になるらしいと聞いたので慌てて来たのだ。葬式厨と呼ばれてもいい。なにせ「軽便電車」に乗ったことがないので(黒部峡谷には乗ったのだが、あれは観光トロッコなので・・・)仕方ない。まさかすぐには無くならんだろうと油断していたので・・・。

Dsc_0271_1
日永駅に進入する八王子線の電車。

車両は訳のわからないパステルカラーになっていて、いわゆるマニア的関心は削がれるが、乗って走るのは面白い。なにせ吊り革をブンブン振って相当頑張って走っていると感じたときに40㎞/hくらいしか出ていないのだから。

日本にまだこんな鉄道が走っているのかと奇跡に近いものを感じる。モダンナローなんて言われているが、いや~、昔はもっと前近代的だったのは知っているが今も”モダン”とは言い難いものがある。

Dsc_0246_1
内部線の終点内部。ここからまだ鈴鹿方面へ延長しようと一部路盤跡があるというが、現在は車庫を併設した静かな終着駅である。

このような特殊規格の鉄道が残っていること自体がすごいことだが、見る限りそれなりに乗降があり、昼間でこれならラッシュ時のバス輸送は少ししんどいと感じる。本当に廃止になってしまうのだろうか・・・?今後の経過に注目。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

十津川

”週”回遅れ、それも何週も、であるが。

ふと十津川へ行くことを思い立った。谷瀬の吊り橋。昨年行こうと思っていたのだが山崩れ発生で大きな被害が出て、行くに行けなかったというのもある。

まず五条に出る。コッコ共の水分や食料を補給。

01

五条バスセンターで休憩を取る十津川特急バスに出会う。今年で開業50年。大和八木から新宮駅まで168㎞、日本最長としてあまりにも有名な路線バスである。

さて、十津川までは本来狭隘な道をうねうねと行くのだが、一部は山崩れで迂回路が建設されており、皮肉なことにこちらは車線が広い。山崩れの傷跡は生々しいもので、土砂崩れなんていうレベルではなく、山の頂上あたりから深くえぐれている。テレビでは見たけど実際目の当りにすると、自然の脅威というか、言葉にならない。今から思えば写真も撮っていない。

02
ダンナ以外は初めて。ダンナは3度目となる谷瀬の吊り橋。年を取ると観覧車とか高い不安定な所が確実に怖くなった。(タワーや高層ビルの展望台は何ともない。)こんなに揺れたっけな~。最初に渡ったときは何ともなかったのに。

03
最初来たときは渡った対岸にこんな大きな店は無かったと記憶しているが、今は土産物屋あり、食事も出来る。目はりずし、おいしくいただきました。

04
一度少し道を戻ったあと、天川村へ。天川と言えば浅見光彦の名前が頭に出てくる、見事な刷り込みである。このあと面不動鍾乳洞に行ってみたが、タイムオーバー。コッコ共が沈没している間に黒滝村へ向かう。

07
道の駅吉野路黒滝。すでに17時を過ぎ営業していなかったが、

05
片付け中のおばちゃんに交渉、こんにゃくを売ってもらって食べた。

06
道の駅の近所にある丹生川上神社下社。江戸時代以降に格が上昇したらしいが、相当に古い時代からあるらしい。旧官幣大社。

08_2
拝殿から裏側に回ると、長い回廊が斜面に伸びている!本殿は上にあるらしいが、もちろんご覧の通り立ち入れない。神職も見えず朱印はまたの機会に。

ここで18時。まあ、何とか帰り着きましたが。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

最近、増加中?

最近、デカングーが増えているのではなかろうか。ダンナ、購入を決める前に走っているのを見たのは名谷の駐車場、黄色の個体。その1台だけ。実はその後ディーラーさん以外で見たことはなく、乗り始めてからも滅多に同じ車に会うこともなかったのだが、このところ遭遇することが多くなったような気がする。金沢で黄色を2台、高松で青と黄色を1台ずつ。岡山で赤、次いで高速SAでピンク。少し前まではドライブ中1台も見ないことが普通だったのに、昨日なんぞ白いのとすれ違ったかと思いきや、IKEAの駐車場で戻ってきたら2台隣に同じ黄色のやつが(恐らくわざと)止めてあり、夕方寄ったホームセンターで濃い緑色のやつがいた。1日3台も会ったのは新記録と言っていい。今日も入った駐車場に白いのが1台。

Dsc_0204_1_2

うん、特にシートの柄が変わった昨年9月以降のタイプが多いような気がするが・・・。あまりに見ないと不安になるが、普通に見るようになると希少性が失われるような複雑な気分。ただまあ、現地では単なる荷物用バンとしてそこらに転がっているものなので、希少性に期待するほうがおかしい。とは言え、同じフランス車ではプジョーやシトロエンのほうがはるかに遭遇機会が多いわけで。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »