« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

福井へ(続き)

というわけで、福井で朝を迎えたダンナ一家。朝食は頼んでいなかったが、バイキング形式でどうにでもなることを知っていたので、朝になって「食べる」と宣言。一家で1,000円追加ということで。新築できれいなのと、とにかく安いので気に入ったホテルである。

今日は快晴。

だったのに。

122401
やれやれ~。誰かも言っていたが「日本は冬のほうが広い」と。どんなに寒くても神戸で急にこんな天候に見舞われることはない。別世界である。こうなると裁判所をバックに雪景色の中で電車でも撮りたかったが、あと一歩のところで電車が来てしまったので、止むなくパチリ。写真の左後方、茶色の建物が裁判所。もう一つ先の交差点までが到達できなかったわけで。

122402
200形を探しに武生まで出る前に、せっかく近くまで来たのだからと越前丸岡城へ向かう。現存12天守の一つで、1948年の福井地震で倒壊したが元の部材を用いて復元されたもの。ダンナ・おかみ初登城である。

122403
城下の雪景色。住む人々にとっての雪は無いほうが良いに決まっているのだろうが、こうした景色を見ることのない我々観光客にとっては非常に美しいものに映る。この季節に来るのも乙なものだ。

ちなみに、ここでおかみは現存12天守制覇である。ダンナには松本城が残っている。

122405
地理的に永平寺方面が行きやすそうだったのと、今度こそ本当に晴れてきたので、まあ「鉄」に戻るのも何だと勝山の福井県立恐竜博物館へ行ってみた。ダンナ特に興味はないが、まあコッコ共が喜ぶもので。

122404
駐車場から見える山並みはどこだろう?地図から見て高尾岳?

122406
それにしても、結構な田舎にあるにしては規模が大きい。福井市内からクルマで来ればさほど遠くはないのかも知れないが・・・。

興味なし、と言いつつ展示を見ていると面白いものである。恐竜が大きいものだということは知識として分かっていることだが、実際の化石を見ると「すごいな~」と素直に感じてしまい、こうした動物が闊歩していた古代の風景をも想像してしまったりする。単純なものである。いや、これに限らない。博物館の価値というのは、実際そういうことにあるのだから。

肝心の200形に振られつつも、結構満喫している福井の旅ではあるが、最後に本来目的に戻ることにする。ダンナ的には永平寺に行って終わりでも良かったのだが、まあ永平寺は今行かなくても大丈夫。200形は余命短い。再び武生へ。

122407
ようやく営業運転に出ているところをキャッチ。

122409
本当は福井市内まで乗りたかったが、昨日ならばともかく今日は帰らねばならない。泣く泣く西鯖江で下車してクルマを止めていた北府に戻った。

何気なく、こうした昭和30年代の地方私鉄自社発注車が「いつまでも走っている」みたいな幻想に囚われ、ついつい見たり乗ったりしに行く機会を作らないまま日が経ってしまい、気が付けばあちこちでその姿を消しつつある。長電2000もまたしかり。

次は地鉄10020に乗りに行くのだ。ただし、雪が溶けたら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

福井へ

土曜日。とある会合のあと、飲み会で。
「福井鉄道200形って昼間も走っている。」という情報を得て、なぜか急に「明日行こう!」と6月と同じホテルを予約、無謀にも夏タイヤで出動することに。

ただ、福井は「雪」との予報・・・。
「どこかでチェーン買ったらええやん。」と。

122301
名神を東上、大津SAで。快晴。順調順調。

122302
が、北陸道で日本海を望む頃には天気が怪しい。

一気に福井まで行くのは危険、と武生で降りて福井鉄道越前武生駅へ。ところが・・・、武生駅に200形が3本とも寝ていたのである。1本だけパンタが上がっていたが、すぐに動く気配が無い。

「一体何しに福井に来たのか・・・?」

という疑問を感じつつ、まあ武生の古い街並みでも散策するかと思ったが、

122303

完全に雨。それも風を伴って結構な状態に。動けない・・・。武生駅の隣、車庫・工場併設の北府(きたご)駅でしばらく雨宿り。駅舎にある資料室で時間を潰す。やれやれ。

と、いうわけで200形はあっさり諦め、

「東尋坊でも行く?」

ダンナ一家、ダンナ以外は東尋坊に行ったことがない。ちょうど良い。

122306
幸い天気は回復したが、ものすごい風。

122304
荒れ狂う日本海。いや、これはこれで迫力満点。来た甲斐はある。

122305
もっとも商店は早仕舞いしてしまい、観光客もまばら。

それにしても、よくミステリーものの最後で犯人が告白するシーンが東尋坊だったりすることがあるが、あの犯人はまずこの立ち並ぶ商店を抜けて来るわけで、いか焼きの一つでも買って食べたりなんかするんだろうか?などとしょうもないことを考えたりする。まあ横の散策路から入れば店の前は通らないで済むだろうが、散策しながら告白するか?って。

とまあ、単なる観光になってしまった1日目であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤田無線

藤田無線。正直あまり捕捉できていないのだが。

1010
春駒交通。何とか撮れたY31前期型。

1016
ライオン交通。Y31後期型(前期タイプ)

1551
日立自動車交通。マークⅡYX80(後期型最終タイプ)

藤田とか共同とか、インパクトあるカラーリングではあるが、いざ撮るとなると、なかなか捕まらなかった記憶がある。

メジャーな存在の東京無線でもマツダ車を入れている会社があって、かの東京でも異彩を放っていた。

1501
スガイ交通。カスタムキャブ。今や走っているのを見ることもないが、存在したことさえ忘れられているのではないか。

1502
スガイ交通はマツダ車好きなんだろうか。ルーチェもいた。登場時「和製ベンツ」などともてはやされていたことを思い出したが、今や遠い昔話・・・。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

東京のタクシー:130前期型

というわけで、昨日の続き。130系クラウン前期型の東京タクシーカラーを。

2001
東京無線。久しぶりに写真を出してくると、今まで何とも思っていなかった130系が古臭く感じられた。そりゃまあ、20年近く前だもんな~。

2003
昨日載せた東京自交の後ろにいたグリーンキャブ。もちろん撮ってます。

2004
東都。

2006
チェッカー。スタンダードは4年間外観に変化が無かったが、TOYOTAエンブレムのみ異なる。この写真は前期型のうち1stモデル(1987~1989)。

2007
平和交通。こちら2ndモデル(1989~1991)。

2005
東個協の上級グレード。前期のうち1stモデル。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東京のタクシー:Y31前期型

先日コメントをいただいたNONOJIさま。

都内のタクシーカラーのY31前期型、130系クラウンの写真をお持ちでしたらブログに掲載していただけないでしょうか?

その当時は生まれてすらいないので見た事がなくて・・・。

そうなんだ~。生まれてすらいないんだ~。
それはともかくリクエストにお応えして、今日はそれこそ20年近く前に撮った東京のY31前期型を。たぶん撮影時期からして、前期型のうち後期型(意味分からんが)がほとんどと思われる。何を言っているかと言うと
http://chanoma-ibuki.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/y31-8b37.html
ということなのだが。

1009
まずは東京無線カラーのセドリック。

1007
こちら東京駅八重洲口で。セドリック。

1006
こっちは東京駅丸の内側。中央無線のグロリア。

1003
東京自交のセドリック。

NONOJIさま、このくらいでいかがでしょう?
次回は130系クラウンをお送りします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »