« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

今日はどこ行こ

思い立って朝早くから活動開始のダンナ+コッコ1号。

21004
すでに朝8時、大阪難波駅到着。

21003
車内で朝ごはん・・・。

21002
紀の川を渡ると・・・。

21001
そこは和歌山市駅。ダンナ、サザンに乗るのは10年ぶりだったりするが、この写真の範囲では10年前と何も変わっていない。いや、点字ブロックが内方表示付きになってるぞ。もとい、ホームは綺麗になっていますた。

10000_2
これが10年前、2003年4月6日の同駅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道模型とあそぼう

神戸市立青少年科学館で開催の恒例「鉄道模型とあそぼう」に、ダンナ+コッコ1号で行ってみた。正直毎年会場が暑い上に混むのだが、みなさん新作もあることだし見に行く意義は大きい。

020900
日本トロリーモデルクラブでは早くも広島電鉄の新車1000系が走っていた。

020901
かつての鉄道模型の主力Oゲージ。JORC関西さんで中に入れていただいたのだが、そこで思わぬ模型を見た。

020902
阪神3501形。
TMS特集シリーズに「電車工作集」というのがある。昭和38年出版(ダンナが手に入れたのは昭和58年の復刻版)の古い本だが、これに掲載されていた作品である。模型は実車が新車の頃に作られたというから50年以上経つもので、まさに骨董品。製作者M氏にも会わせていただき、お話しさせていただいた。どう言ったらいいのか、ダンナ中学生の頃に「いつかは電車を自分で作りたい」と思って買った本に載っていた作品の本物に、30年の時を超えて出会ったという、要するにそれだけのことなのだが、この感動を伝えるのはなかなか難しいものがある。

020903
3301形。「電車工作集」では「今製作中の3301に・・・」とあるが。そうか~、これがその製作中だった3301なのか~!と感慨に浸ってしまった。もちろん、これも50年以上前に作られた模型ではあるのだが・・・。

020904
表に出ると、IKEAに来たのか琴参バスがいた。あれ、天井に帯が回り込んでいない。昔、この回り込みパターンが2種あって、今はなき高松営業所の隣にあったマンションから撮ったことを思い出したが、そうか、最近のはこうなっているのか。発見、発見。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

水仙峡

春のような陽気に誘われ、淡路島に渡った。ダンナ、以前よく電話応対では紹介していた「灘黒岩水仙峡」だが、実は一度も行ったことが無かったのである。ちなみに「探偵ナイトスクープ」で一躍有名になった「淡路島のパラダイス」こと立川水仙峡もすぐ近くにある。

2306
もちろんネットで事前に開花状況を調べているが、天気も上々とあって人出は相当なものがあり、実は駐車場に入るまで1時間もかかったのである。もし行こうと思う人は福良にクルマを止めてシャトルバスで来る方が賢明であろう。しかしながら、駐車場に入ろうと並ぶ我々長蛇の列の前方に銀色のワゴンRが割り込んできた。「おいおい」と見るとオバハンである。断言しても良いが男にはできない芸当だ。本当のところ、ここでナンバーを晒してやりたいが、この程度のことで怒っていては社会で生きることができない。

2305
せっかくデジイチで来ているのだ。あえて逆光でも撮ってみよう。

2307
水仙峡から。前方は沼島。こういう広々とした風景を眼前にすると、まあ日頃のいろんなことがいかにちっぽけで馬鹿馬鹿しいことだと思えてくる。かと言ってその日常から容易には逃れられないのもまた事実であるが。

2308
現在「菜の花の沖」がマイブーム中のダンナ。五色町のウェルネスパーク五色にある菜の花ホールに行ってみた。ここは高田屋嘉兵衛の生誕地であり、また墓所も近くにある。

2309
播磨灘の夕暮れ。嘉兵衛も見た同じ景色であろうか。

2310
帰宅後、ダンナ家恒例の節分行事。近年は鬼役を喜んで買って出る奴(コッコ1号)がいるので、非常にやりやすい。コッコ2号が容赦なく鬼に豆を投げつけるため、鬼は「地味に痛い」らしい・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »