« 東へ西へ(前編) | トップページ | 東へ西へ(続編) »

東へ西へ(後編)

山陽電車の撮影を終了したダンナ、今度は東へ向かう。

阪急塚口へ到着。とりあえずホームで。

3077
急カーブを曲がり伊丹に向かう3000系。とうとう看板をぶら下げた阪急電車は伊丹線と箕面線に残るだけとなってしまった・・・。

3100
3077の反対側は3100号。3000系と3100系は同型だがモーター出力や歯数比が違うはずである。混結できるのであろうか・・・?

3052
すでに方向幕付き3000系が進出している。原型が端正な顔立ちだけに、この顔はなあ~。好きな人には悪いのだが・・・。

それにしても雲行きが怪しい。先を急がねば・・・、ということで箕面線へ。石橋駅で雨がポツポツ降り始めた。今日はダメかと思いつつ牧落駅まで乗車。

3080_1
牧落駅を出て少し桜井寄りで3080ほか4連を撮る。この日走っていた原型顔車3080は、冷房化後も3+3で須磨浦公園に乗り入れており、ダンナもよく知っている編成である。もっとも1978年頃のお話であるが・・・。

3080_2_2
何とか雨は止んだのでさらに桜井寄りのカーブで撮影。

3025_2
こちらもすでに方向幕車が入っている。3025ほか。ダンナとしては長く神戸線を動かなかった編成として記憶に残っている。

いよいよ、阪急原型顔も終焉の時が迫っている。

|

« 東へ西へ(前編) | トップページ | 東へ西へ(続編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

おおっ!この行動力、さすがダンナ。

神戸本線は全てツートンカラー編成のみになって
しまい、原型顔を見るなら支線ですね。

3077編成はM車が3100系のみなので問題無いと思われます。

3080編成は出場して日が浅いので美しい状態ですね。
箕面線桜井駅でしたか、出口案内の表示盤に
阪急タクシーが朱・黒ツートンで表示されているのが
残っていましたが・・・。ご覧になりましたか?

投稿: アルプス銀水タクシー | 2013年5月 9日 (木) 13時00分

>アルプス銀水タクシーさま

あ、そうか。神戸本線って全てツートンカラーですね。今まで認識していませんでした。そりゃそうですね。5000系って更新済みですし。というより、5000系が本線唯一のツーハンドル車ということに・・・。
桜井の阪急タクシー表示、気付きませんでした。次はいつ行くのか・・・、という感じですが・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2013年5月19日 (日) 07時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/51505657

この記事へのトラックバック一覧です: 東へ西へ(後編):

« 東へ西へ(前編) | トップページ | 東へ西へ(続編) »