« 神戸市バス乗車会 | トップページ | 木津川へGO! »

しまかぜを狙え!

最近「にわか撮りテツ」になっている理由はおかみが花粉症で、この時期外出できないためにコッコ1号を連れ出しガス抜きするという一点に尽きるのだが、実際ダンナも面白くなってきて、いわゆる「有名撮影地」というのに行ってみようと思うようになった。誰もが撮っている場所にはそれなりの理由があるはずであり、自分で撮る場所を見つけようにも地元でもない限りなかなか難しいことによる。

で、話題の新型特急、近鉄「しまかぜ」をどこか有名なところで撮りたい、と。3dayあるし。

難波10:40発だったはずだから、と朝早くから行動せず、それなりの時刻に出発。大阪線関屋~二上の峠越えを撮ろうか、と。呑気に構えているととある方からメール。内容は書かないが、要するに「しまかぜ」が10:20に難波を出た、という情報。そう、土日祝は20分出発が早いのだった。

「これは、間に合わん!」

と急遽電車の前面にかぶりつき、どこかで撮れんかと場所探し。ちょうど大和川をゴトゴトと渡るところ。

「ここや!」

河内国分駅で電車を飛び降り、大和川へ走る走る。通過予定時刻まで5分もない。何とかたどり着いた堤防上には5~6人の先客がカメラを構えていた。

42801
大和川を渡る「しまかぜ」50000系。急いで決めたにしては良い場所。コッコ1号のカメラはメモリがちょうど満杯になり撮れず。現場で泣き出したため「晩に難波で撮るか」と機嫌を取って泣き止ませた。

目的は達したが、今後のため最初予定していた有名撮影地へ行ってみようと。
関屋駅で下車し、東方向へ。結局道に迷いウロウロ。

42802
そのうち、見たことある風景に出くわす。なるほど。踏切とちゃうんか。電車をくぐったらすぐここを左に入るって?あぜ道やし。

42800
この奥のちょろっと電車が見えているところが撮影ポイント。柵の無い線路際。なかなか危ないぞ、と迷っていると野良のおばちゃんが「みんなそこで撮ってるで。危なくないやろ。」いえ、結構危ないと思います・・・。

42807
21020系「アーバンライナーnext」
轢かれるとは思わないが、信号BOXや架線柱の基部と同じラインであり、ここは近鉄の敷地じゃないのか、と疑問が湧く。通る電車はほとんど警笛を鳴らさないのでカメラがいつも立っている場所と認識しているのか。ただ、電車に背を向けていると軽く「ビッ」と鳴らしてくれます。ある意味親切。だいたい長さ20~30mくらいのスペースがある。

42806
2410系

42805
2610系

42803
5200系

42808
12600系?かな。

42804
逆光気味になるが、後ろを振り返って大阪方面行きを撮るのも良い。9200系。

いろんな電車がやって来て面白い。撮影に熱中するうち2時間経っていた。
次の場所に移動しよう。

|

« 神戸市バス乗車会 | トップページ | 木津川へGO! »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

河内国分駅西の大和川橋梁、わたしもうん十年前
最初に目を付けた駅近の撮影地です。
当時は新スナックカーが最新車で、2代目ビスタカー
が活躍、初代あおぞら号も走っていた頃です。

関谷~二上間の有名撮影地ですね。
河内ぶどうの段々畑が広がる、のんびりした
ところですが、近鉄さんの大通りだけあって
多くの列車が楽しめます。
ぼちぼち河内ぶどうも店先に並ぶ季節です。

続編では撮影メッカの長谷寺も登場?

投稿: アルプス銀水タクシー | 2013年5月27日 (月) 12時38分

2代目ビスタカー、確かにうん十年前前ですね!(笑) 午後から上り列車を下り線側から撮るのが定番みたいですが、午前にこの角度で撮るのも良かったです。関屋の撮影地、私はてっきり踏切かな、と思っていたのですが本当に線路際ですね。都市鉄道と違って柵が無いので撮りやすいとも言えますが・・・。

長谷寺あたり、また次に行こうかと思っているところでして・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2013年5月29日 (水) 21時36分

こんばんは。

これはまた懐かしい場所ばかり出てきましたね。国分付近の大和川の鉄橋はチャリでも車でもよく通っていた場所です。この界隈のR25って橋を右折だの越えたら左折だのと、知らないと案外違う方向へ行きそうな路線です。

二上エリア…二上駅付近の開発地を扱っていた時期によく周辺地域の調査にウロウロしました。二上はニュータウン開発が進んだ割に駅周辺はあまり店舗って無かった記憶があります。

ちなみに関屋周辺の風景って同じ南河内エリアのせいか、祖母の実家のある河南町や千早赤阪村と似ています。

投稿: 西日本総合開発 | 2013年6月 2日 (日) 17時32分

>西日本総合開発さま
南河内エリアは私にとっては土地勘ゼロ地帯なのですが、やはり見る人が見れば雰囲気は感じられるのですね。二上越えは大阪方からだと坂の上まで田舎の風景なのに坂を過ぎればニュータウンが広がっていますよね。今回は二上駅の方には行っていないのですが、そちらにも店舗は無かったんですね。鉄道撮影って店(あるいはトイレ)とか駐車場とか重要なファクターになりますので、そういう情報は大切です。

投稿: いぶきダンナ | 2013年6月 3日 (月) 18時52分

こんばんは。

確か平成1桁前半までは坂を越えた側も田園風景、というか山そのままだったのですが、大和再開発事業が進んでからは坂を越えたら線路の両方ともニュータウンとなりました。

関屋は約10年前に私立大学のキャンパスが出来たので、むしろ相応に駅前が開けてきたのかなと思っていましたが、10年経っても決してそうでもなさそうですね。

私は電車でも車でも二上界隈へ行きましたが、車で行くのも案外いいかもしれませんね。R168は通行量も多いので路肩に止めてシミジミなんて出来ませんでしたが、中和幹線はまだR168まで繋がっていないせいか道路幅の割に通行量が少ないので、ちょっと止めて周辺観察もできました。

南河内エリア… 金剛バスが走る区域まではどんな乗用車でも行けそうなのですが、そこから奥地はナビに出ている道路でも軽で崖ギリギリ、万一対向から軽が来たらどっちかは民家の玄関先に退避して離合しないといけないなんてのもありますよ。

ちなみに奈良はゆったり走る車が多いので、奈良側のR25もR168もファミリードライブにはピッタリかもしれません。ただロードサイド店舗は少ないので、これでいいかなと思ったら迷わず入らないと、次の店が見つかるまで延々とドライブ続行になってしまいます。

投稿: 西日本総合開発 | 2013年6月 4日 (火) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/51779555

この記事へのトラックバック一覧です: しまかぜを狙え!:

« 神戸市バス乗車会 | トップページ | 木津川へGO! »