« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

空振りの前振り

宝塚線を撮ったあとは京都線に「京とれいん」を狙いに行くわけだが、実はこの話には前振りがあって・・・。先週7月6日、ダンナ、阪神野田駅16時待ち合わせの用事のためコッコ1号を連れてとりあえず時間潰しをしていた。「京都線の2300系でも撮りに行くか。」そう言えば十三~南方間の直線で誰か撮ってたかな、などと思いつつ。
※2300をどうしても、という真面目な気持ちではないが、淡路より向こうに行くと千里線に入っている場合に撮れないという色気もあるわけで、こういう時にロクなことにはならないことは経験上知っているのだが。まあ16時に野田に行くのに、あまり遠くにも行けないという物理的事情もあるし。

神戸線9000系で快適な移動、十三で下車。ところがコッコ1号が乗って来た9000系をホームで撮るんだなどと言ってぐずぐずしているうちに京都線のホームで2300系の準急河原町行きが、まさに出発直前。「乗るか、撮るか」迷っているうちに電車は出て行くわ望遠レンズに付け替えている暇はないわで、おまけに北千里行きならともかく、河原町行きって「帰ってくるまで待っていられない」という時間的制約。ダンナすでにやる気半減。やれやれ。コッコ1号は「京とれいんは?」と聞いてくるが、運転時刻を把握していないので「知らん。」と回答。「この前見たやん。」と言ってくるが「この前何時やったか覚えてない。」とゴマかしてともかく電車へ。

南方で降りる。十三方へ歩く。まさか新御堂直下の踏切では撮らんだろうから、次の踏切まで歩く。宮操筋踏切道という。JR宮原操車場への筋なんだろうな、というまんま名称の踏切だ。幅は結構ある。

9307
その宮操筋踏切道から9300系。前パンタ車はカッコ良いんだけども、阪神や山陽に慣れて構図を決めると上が切れてしまったりするので注意が必要。

3325
そこから一つ十三寄りが高槻街道第一踏切道。まあ似たような構図である。3300系。うじゃうじゃいる今撮っておかないと、数年後絶対に後悔する羽目になる車両だ。かと言って今頑張って撮る意欲が湧かない電車なのだが。低音から上がってくるモーター音は神宝線の車両では聞かないだけに物珍しい(のはダンナだけか)。

5324
同じ踏切で5300系。3300もそうだが原型の端正な顔を知っているだけに、ブチャイクになったものだ。神宝線の狭幅車体は何とか許容できるが、広幅車体になるとダンナ的にはどうにも許せない。何が許せないのか、株主でもなければ京都線ユーザーでもないくせに訳が分からないのだが、とにかく理屈ではないのだ。

7303
7300系の特急。とまあ、ぐちゃぐちゃ余計なことを考えながら撮っていると、矢印灯や遮断機が画面に入ったりして台無し・・・。踏切で撮ると警報機だの障検だの意外に邪魔になるものが多くて困る。もちろん撮りテツのために踏切があるわけではないわけで。

と、ご覧のとおり2300系は1本も通らなかったのだが、16時野田なので15時30分に計画的撤退を開始したところ、15時40分頃「京とれいん」が梅田方面に向け走り去った。コッコ1号「今、京とれいん来たやん。写真撮ってた角度やん(うるさい!)。もうちょっとおったら良かったのに。」

もうちょっとおったらチコクするやろ。(って言いながら遅刻しました。申し訳ありません。)

前振り、以上。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

完全な空振り

5月6日、すでに本線運用が宝塚線に2本を残すのみとなった阪急3000系最後の姿は撮りに行っているのだが。

Dsc_0013_1_2
3064F 石橋駅 2013.5.6

いわゆる編成モノの素直な写真を撮りたくなって、今日再び宝塚線に現れたダンナとコッコ1号。完全な炎天下、阪急山本駅に降り立った。川西能勢口で上写真3064Fが回送入庫してゆくのを見て「今日は3062Fだ!」と意気込んでいる状態。なんとなくいやな予感。

Dsc_0078_2
山本駅から梅田方面へ歩く。2つ目にあるのが下ノ段踏切道。宝塚行きの列車(下り側)がこのように撮れた。背景も木々の緑で余計なものが写らない。5100系。

Dsc_0083_1
一つ梅田寄りへ移動。平井踏切道から。宝塚行き5100系。最後尾がまだ勾配の途中。なるほど。

Dsc_0092_1
同じ踏切で宝塚行きを後追い。6000系。

Dsc_0097_1
平井踏切道での本来画角は梅田行きをこう撮るべきか。障検が邪魔だが、うまく避ければこんな感じに撮れる。5100系の2丁パンタ、カッコ良いです!

Dsc_0107_2
平井踏切道より一つ東寄りが寺門踏切道。宝塚線撮影の定番として有名な場所。勾配を登ってくる列車がダイナミックに捉えられる。もちろん午前が順光だが、ダンナ撮影の午後早い時間帯ならば問題はない。5100系。

この辺りで平井車庫の入庫車が見える。3064Fどころか3062Fも車庫にいた。やれやれ。今日の目的が失われ愕然とするダンナ。ほとんど撮影地探しで終わった感・・・。

Dsc_0102_1
寺門踏切道北側から梅田寄りを向くと、こんな感じ。架線柱が鉄柱のため辛うじてマルか。コンクリート柱ならば撮影する気もしない。6000系更新車。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »