« 阪神バス いすゞKK-LR233J | トップページ | 空振りの前振り »

完全な空振り

5月6日、すでに本線運用が宝塚線に2本を残すのみとなった阪急3000系最後の姿は撮りに行っているのだが。

Dsc_0013_1_2
3064F 石橋駅 2013.5.6

いわゆる編成モノの素直な写真を撮りたくなって、今日再び宝塚線に現れたダンナとコッコ1号。完全な炎天下、阪急山本駅に降り立った。川西能勢口で上写真3064Fが回送入庫してゆくのを見て「今日は3062Fだ!」と意気込んでいる状態。なんとなくいやな予感。

Dsc_0078_2
山本駅から梅田方面へ歩く。2つ目にあるのが下ノ段踏切道。宝塚行きの列車(下り側)がこのように撮れた。背景も木々の緑で余計なものが写らない。5100系。

Dsc_0083_1
一つ梅田寄りへ移動。平井踏切道から。宝塚行き5100系。最後尾がまだ勾配の途中。なるほど。

Dsc_0092_1
同じ踏切で宝塚行きを後追い。6000系。

Dsc_0097_1
平井踏切道での本来画角は梅田行きをこう撮るべきか。障検が邪魔だが、うまく避ければこんな感じに撮れる。5100系の2丁パンタ、カッコ良いです!

Dsc_0107_2
平井踏切道より一つ東寄りが寺門踏切道。宝塚線撮影の定番として有名な場所。勾配を登ってくる列車がダイナミックに捉えられる。もちろん午前が順光だが、ダンナ撮影の午後早い時間帯ならば問題はない。5100系。

この辺りで平井車庫の入庫車が見える。3064Fどころか3062Fも車庫にいた。やれやれ。今日の目的が失われ愕然とするダンナ。ほとんど撮影地探しで終わった感・・・。

Dsc_0102_1
寺門踏切道北側から梅田寄りを向くと、こんな感じ。架線柱が鉄柱のため辛うじてマルか。コンクリート柱ならば撮影する気もしない。6000系更新車。

|

« 阪神バス いすゞKK-LR233J | トップページ | 空振りの前振り »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

猛暑の中、お疲れ様でした。
特にこの季節、冷房故障でもない限り走っていると思われますので
またの機会にお出かけ下さい。

古い独特な架線支持物が残る区間でもあり、宝塚線らしい風景の
撮れるところです。
下ノ段は「しものだん」、寺門は「てらかど」と読みます。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2013年7月15日 (月) 09時02分

3000系引退間近ですか・・・。私は、3000系と同い年ですので、感慨深いものがあります。小学生の頃春日野道沿線に住んでいて、3000系には飽きるほど乗りました。聞くところによると、型式番号はリセットされて近々1000系が登場するそうですね。2代目3000系に期待大です。

投稿: ta-yan | 2013年7月16日 (火) 07時37分

>アルプス銀水タクシーさま
3000系、またチャレンジします。撮影場所をあれこれ探せたのは大きな収穫でした。「支持物」そうですね~。「架線柱」はマニア用語でした・・・。踏切道名称は結構難しいですね。下ノ段、寺門、ともに帰ってからネットで読み方を調べてしまいましたよ。

投稿: いぶきダンナ | 2013年7月16日 (火) 22時24分

>ta-yanさま
私も予備校に通うのに3000系にはさんざん乗りました。ちょうど神戸本線看板車最後の頃で、3072と3058の2編成が看板付きで残っていました。特急で110km/h出していましたが、ポンポン跳ねるような上下振動をよく覚えています。その思い出からも20年以上が経ちました。3000系そのものが本線から消えるのも仕方ないことなのでしょうね。

投稿: いぶきダンナ | 2013年7月16日 (火) 22時29分

こちらでは初めまして。
山本へお越しだったのですね。
猛暑の中お疲れ様でした。

3000系。阪急にしては珍しく中間パンタという編成が好きで,FS-345のメカニカルな台車音も好きでした。(ダイヤモンドクロス廃止時にわざわざ3000系を選んで音取りしました)

ちなみに撮影地。当方宅から徒歩10分ぐらいの所ですので差入れすればよかったですね(笑)
またお越しください。

投稿: 3427D | 2013年7月17日 (水) 21時23分

>3427Dさま
3000系、特に珍しくもないと思っているうちに本線では風前の灯になってしまいました。確かに3427Dさまご自宅の近所でしたね。次回訪問の際には是非差入れを(笑)。近々また行きます!

投稿: いぶきダンナ | 2013年7月20日 (土) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/52451037

この記事へのトラックバック一覧です: 完全な空振り:

« 阪神バス いすゞKK-LR233J | トップページ | 空振りの前振り »