« ”萌え”どこまで? | トップページ | 今回見た車両 »

今回の寺社仏閣

飛騨や越中くんだりまで萌えキャラを見に行くわけではないので、とりあえず通常運行。最近ダンナとおかみがハマッている「一ノ宮巡り」。専用の朱印帳を作ると「回らなければならない」強迫観念に付き纏われるので、要するに旅先にあれば詣でる、という姿勢である。

では。

Dsc_0583_1
ここは「飛騨一ノ宮」水無神社。

ここの「いきびな祭り」はアニメ「氷菓」最終回に登場したらしい。神社とアニメのコラボ企画でオタ2,500人が集まったというから、実際侮れない。この日は静寂につつまれ心洗われる気持ちになれたが、これが日常なのだろう。

Img_1710_1
朱印いただきました。「飛騨一ノ宮」としっかり押されています。

さて、次。

Dsc_0072_1
高岡古城公園にある射水神社。越中一ノ宮の一つ。実は越中、一ノ宮が4つある。

一国一城令により廃城となった後も堀など完全な状態を残す高岡城。城内にある射水神社は歴史は古いが城内には明治時代に移ってきたもの。

Img_1707_1
「越中一ノ宮」この部分はスタンプのようだが・・・。ちなみに巫女さん、社務所に近づくまでは非常に胡散臭い目で我々夫婦を眺めていたのだが、「ご朱印、いただけますか?」と言った瞬間、態度が激変し満面の笑み。

これ以外にも

Dsc_0482_1
高山市櫻山八幡宮。全国的に知られる高山祭で有名。

Dsc_0497_1
全てではないが屋台は神社脇の展示館で見ることができる。解説は巫女さんがしてくれる。

Img_1709_1
もちろん、ここでも朱印。

最後は

Dsc_0973_1
高岡市随一の名刹、瑞龍寺。富山県唯一の国宝建築物。真夏に青い芝生が目に染みる。加賀前田家の力を知ることが出来る。

Img_1708_1
こちらは「納経」ですね。







|

« ”萌え”どこまで? | トップページ | 今回見た車両 »

寺社仏閣」カテゴリの記事

建物」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

高岡まで行かれたのなら(車??)氷見から羽咋へ
抜けて旧北陸鉄道能登線の「能登一ノ宮」へ行かれたら良かったのに-----。そこそこ立派な神社です。

射水神社で巫女から胡散臭い顔をされた----富山県では県外人と見たらそんな態度です。ゼニになる
と想ったら笑顔になるのですが。
これは半世紀の富山県との付き合いから学んだ
事です。

社の建物なら地鉄岩峅寺近くの「雄山神社」が茅葺き
屋根が残って居て見事です。

瑞龍寺の近くに旧中越鉄道の「黒田」(仮の高岡)が
ありました。どうも北陸新幹線の新高岡駅がその
位置付近らしいです。

投稿: 830 | 2013年8月24日 (土) 20時18分

>830さま
今回は鉄道利用ですので、ちょっとそこまで行く余裕はありませんでした。今回は高山・富山・高岡の街歩きを企図していましたので、能登はまた今度です。越中もまだ一ノ宮3箇所残してますしね。

あ~、富山県人、そういう気質ですか~。と言いたいところなのですが、確かにいろいろとあるとは思いますが830さま、「思う」のは自由なのですが「書く」といろいろトラブルの元になると思います。私はバイトであろう巫女さんが面白かっただけで、そこから富山県民を断じるつもりはありません。私だって聖人ではないので、そりゃゼニになると思えば笑顔にもなりますよ。というか、炎天下にTシャツ+短パンでやってきた夫婦が、実は手水使うところから正式なスタイルで拝礼をしているのですから、多分かなり怪しかったであろうことは想像に難くありません。

投稿: いぶきダンナ | 2013年8月25日 (日) 08時20分

いぶき工房さんには以前から御忠告や御助言を
戴きありがたく思っております。

「一の宮」と言うと子供の頃の手まり歌??だったか
”一番初めは一の宮、二番は日光東照宮-----”てなのがありましたね。

投稿: 830 | 2013年8月25日 (日) 14時30分

「一ノ宮参り」、どの位参拝されましたか?

ご朱印の画像楽しく拝見させていただいてます。
子供と一緒に通っている書道教室の門下生が
大学卒業後、とある天満宮に就職しました。

数ある業務があるなかで、ご朱印担当になった
時は腕の見せ所ということで、一度覗いて
みようかと思っています。
やはり、年季の入った方は味のある筆さばきを
見せてくれますよね。

私も定年後は社寺に入って、ご朱印担当でも
してみようかと・・・。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2013年8月27日 (火) 22時52分

「一ノ宮参り」何箇所くらい行きましたかね~。スタンスとしては観光に行った先にたまたまあったら行く、程度なんです。たまたま近くにあったのに朱印帳持って来ていなかったとかいうのもありますし。尾張は現地のコンビニで地図見て探した、とか。飛騨はわざわざ行きましたけれども。無理はしないということで。

ご朱印や納経印は書く方によって違うので、おかみと2人で四国八十八箇所を回っていたときは大きな寺で複数窓口があるときは、両方にそれぞれの納経帳を出して違いを楽しんでいました。

ご朱印担当ですか~?四国で観光バスが何台が着いたら、めっちゃ忙しいですよ~。

投稿: いぶきダンナ | 2013年8月28日 (水) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/53006777

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の寺社仏閣:

« ”萌え”どこまで? | トップページ | 今回見た車両 »