« 空振りの前振り | トップページ | 炎天下で。 »

京とれいん

宝塚線を撮り終えた7月14日、ダンナ+コッコ1号京都線正雀へ向かう。それもクルマで。そもそも阪急撮るのにクルマ出すことはないのだが、出るのが遅かったので高速すっ飛ばしたのである。ちなみに川西能勢口の駅から少し離れたところに駐車。炎天下を歩くしんどさを考えると電車で来たほうが楽だったか、と。正雀へは池田から箕面を通り、北千里から斜めに摂津市方向へ下りてくる。今度はJR岸辺駅前に駐車。ガストで何か食べるかスーパー銭湯で一風呂浴びれば駐車料2時間くらいならタダになるはず。正雀までは歩いてもすぐ近く。

Dsc_0115_1
正雀駅すぐ梅田方の正雀下一番踏切道から9300系。

駅が近すぎるな~、ともう少し梅田方へ。

Dsc_0120_1
結局二つばかり梅田方の南村踏切道で「京とれいん」を迎えたが、ダンナ的にはイマイチな感じ。(この写真、トリミングしてます。)

Img_1629_1
こちらコッコ1号撮影。コンデジのくせにそこそこ写る。というか構図はダンナのほうが負けているような・・・。

Dsc_0124_1
すぐ近くに堺筋線の基地。66系更新車がいたのでキャッチ。

しかし、この直後雷雲が近づきゴロゴロ鳴り出したので退散、雨が降る直前間一髪ガストに逃げ込むことができた。その後土砂降りの間、雨宿り兼夕食。2300系は1本しか見ず、消化不良気味の1日であった。

Dsc_0122_1
天気が悪くならなければこの列車の折り返しを狙ったのだったが、致し方あるまい。待っていたらずぶ濡れになるところだった。

|

« 空振りの前振り | トップページ | 炎天下で。 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

京都線は元新京阪で京都ゆきが上りですね。
で、踏切名も京都方が上手、大阪方が下手となり
上一番(かみいちばん)・下一番(しもいちばん)と
読むようです。

京阪神の山手を走る路線は雷さんの通り道でも
あります。
六甲・宝塚・伊丹・千里・茨木・高槻・山崎・長岡・桂と
ほぼ西国街道と並行していますね。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2013年8月 8日 (木) 12時36分

またいらしてたんですね。
その日は家でダラダラしていましたので,一声かけて頂ければ差し入れ伺いましたのに(笑)
3000系は残念でしたが,懲りずにまたお越しくださいませ。

投稿: 3427D | 2013年8月 8日 (木) 22時19分

>アルプス銀水タクシーさま
ということは、京都線だけ編成の向きが上り下り逆ってことですね。電車は大阪向きに揃えてあるわけですが、施設は東から西へと向かうのですね。いや、合理的な考え方だと思います。もっとも、そう簡単に踏切名称は変えられませんが・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2013年8月 9日 (金) 01時15分

>3427Dさま
いや~一声かけてしまうと、涼しいところで休憩したいとか(笑)
3000系、そんなに執着は無いのです。撮りに行く動機付けですから。運転会があるから模型を作るみたいな。

投稿: いぶきダンナ | 2013年8月 9日 (金) 01時17分

京都線は車内中吊広告の配列が神宝線と逆だったりします。
運番は梅田ゆき列車が神宝線だと偶数、京都線が奇数ですね。
信号機名称は近いキロ程を名称にされていますが、
梅田ゆきが神宝京線共奇数、神宝京ゆきが偶数だったりします。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2013年8月12日 (月) 13時04分

>アルプス銀水タクシーさま
運番は東へ行くほうが「上り」なんですね。まあ、まさか京都へ向かう列車が「下る」っちゅうわけにもいかないんでしょうが。信号機名称は梅田起点で揃えてあるというわけですね。なかなか興味深いお話です。

投稿: いぶきダンナ | 2013年8月12日 (月) 21時01分

興味深いついでにもう一つ。
西向日駅がホーム幅が非常に広く、東側にも分岐できるような用地になっています。
これは、新京阪鉄道時代に名古屋方面へ分岐する構想
だったと言われています。
その分岐先は現在地元の公園になっていますので
時間がありましたら、ごらんいただいたら
と思います。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2013年8月12日 (月) 23時05分

>アルプス銀水タクシーさま
夢の名古屋行きですね。開通したら電車も20m級にする計画だったとか。涼しくなったらその辺りも歩いてみたいと思います。

投稿: いぶきダンナ | 2013年8月14日 (水) 06時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/52757245

この記事へのトラックバック一覧です: 京とれいん:

« 空振りの前振り | トップページ | 炎天下で。 »