« 炎天下で。 | トップページ | 今回の寺社仏閣 »

”萌え”どこまで?

この週末、飛騨から越中方面へ旅に出たダンナ。行く先々で”萌え”系キャラに出会う。もはや止められない流れなのか?(別に止める必要もないが・・・。)

Dsc_0525_1
高山市内循環「まちなみバス」の側面にアニメ「氷菓」のラッピング。京アニ制作だけあって、いつもの通りリアルな高山の街並みがそのまま出てくるのだが(見ようと思いつつ1話しか見てない、って見たんかい!)、もう、地元は「聖地巡礼」だのグッズ販売だのと盛り上がる。実景+萌え系キャラで岐阜県の経済効果は21億円に上るという。地元の祭りとのコラボ企画やら何やら、どこまで行くんだろうね~高山は。

で、富山へ。ライトレールの駅へ来てみたら、

Dsc_0769_1
「鉄道むすめ巡りラッピング電車運行」って、なんじゃそりゃ。何か周辺にマニアもウロウロしているようだ。明らかに怪しい。

Dsc_0835_1
途中各駅のガラス壁面に、全国の「鉄道むすめ」が。というか、イベント名そのまんまやし。

Dsc_0861_1
電車も、「やっちまった」感全開のラッピング。岩瀬浜の「岩瀬ゆうこ」か~。しかし、この「鉄道むすめ」下に小さく書いてあるが「バスコレクション」「鉄道コレクション」同様、たぶん正式名称は「鉄道制服コレクション」なんだろうな。大きな字では書けんかも。

Dsc_0839_1
もう1本走っとった。

「鉄道むすめ」が何か分からんという鉄道ファンはいないだろうから説明はしないが、大手より中小私鉄が盛り上がってるような。関東大手は結構みな食いついたが、関西では今一つのような気がする。それにしても富山ライトレール、ふっ切れてます。

Dsc_0901_1
こうなるとお隣の高岡に現れるのが「ドラえもん」電車。乗降扉が「どこでもドア」になってる。高岡は藤子不二雄の地元であり、こんな電車の運行は自然な成り行きか。こちらは子供連れに大人気のようでコンセプトに”萌え”要素が無い分「鉄道むすめ」より健全な感じはするが、あまりに有名すぎるキャラゆえ、高岡のPRとしてはちょっと無理があるような、何とも言えない感じがする。

Dsc_0911_1
車内も青で統一。確か体重も同数値だったような。

だがしかし、ドラえもんで町起こしするかに見えた高岡市、”萌え”系路線が捨てがたかったようで。観光大使としては別のキャラクターを起用している。

Dsc_0111_1
それが、「あみたん」と、

Dsc_0110_1_2
「あみたん娘」。

この一連の動き、どう評価すれば良いのか分からないのだが、ダンナ的には不特定多数の広い世代を狙う「ドラえもん」より、一点集中型でマニアをきっちり押さえる「鉄道むすめ」のほうが戦略的に正しい気がする。深夜アニメの「氷菓」と鉄道模型から変に派生した「鉄道むすめ」、どっちも一般的には極めてマイナーな存在だが、中小私鉄にとってはイメージアップ(ダウンするかも知れないというリスクは伴うが)につながるなら何でもする、ということなんだろうな、と。ドラえもん使うのは高そうだし、あまりに有名なキャラクターってその鉄道固有の感じが薄れ、ピントがボケてそうな感じがする。高岡だから辛うじてマルなのであって、それ以外の地域でやっても「?」な印象。新長田の三国志みたいなものか。最後に載せた高岡市観光大使については、さすがに無理があるのではないかな~。とは言え、秋田こまちだったか忘れたが、コメ袋を萌えキャラにしただけで、めちゃくちゃ売上げが伸びたという先例もあるからな~。

こういうの、好き嫌いに関わらず、ある種日本らしい文化なのだが、あくまでサブカルであって、大臣までが先頭に立って宣伝するようなものじゃない。表に出てきたら色褪せるような気がするのはダンナだけではないと思うが。

|

« 炎天下で。 | トップページ | 今回の寺社仏閣 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

だんなのサブカル論、納得です。
首都圏をはじめとする東日本ではそのノリが通用するが、
西日本、特に関西は無理があるような気がします。
東京発信で全国一律の展開には同調しない、したくない気質が
あるのも関係するのかなと。
高山も縦貫道が開通してから、東京との流れが強くなったそうで。

そうそう、秋田こまちは「釣りキチ三平」でしたね。
これは似せ防止の副産物だったようですね。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2013年8月20日 (火) 12時49分

こんばんは。

私はバスむすめ派です(笑) バスむすめはシリーズが完全に終了したっぽいですが、鉄むすは未だ根強い人気を保っているようですね。

投稿: 西日本総合開発 | 2013年8月22日 (木) 03時26分

>アルプス銀水タクシーさま
どうなんでしょう。関西の異様な冷めっぷり。鉄道コレクションには食いついているんですけどね~。

飛騨から北陸にかけては北陸新幹線の金沢開業で、大きく東京へシフトするのだろうと思います。ある意味仕方ない流れなのかも知れません。

秋田こまちの「釣りキチ三平」は似せ防止なんですが、いわゆる萌えキャラではなく、「萌え」としてはJA羽後のイラストがきっかけになっています。今は「萌え米」という言葉もあるようで・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2013年8月23日 (金) 21時38分

>西日本総合開発さま
バスむすめと鉄道むすめ、どう違うんでしょうか?
まあ、バスと鉄道ではファンの絶対数が違いますので、鉄道のほうが展開が広がるのは仕方ないです。なにせ保守要員まで「むすめ」化するわけですから・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2013年8月23日 (金) 21時39分

こんばんは。

そういえば鉄むすのほうにはヘルメット姿のお嬢さんもありましたね。あれは欲しかったかも(笑)

投稿: 西日本総合開発 | 2013年8月24日 (土) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/52946032

この記事へのトラックバック一覧です: ”萌え”どこまで?:

« 炎天下で。 | トップページ | 今回の寺社仏閣 »