« 聖地にて | トップページ | 水島 »

その後のBOSE125

BOSE125を天吊りにして早やウン年(記憶にないほど前)。ケーブルは「そのうち」延長して整理しようと思いつつ、「そのうち」はなかなかやって来なかった。そもそも左側のケーブル長が足りなかったのだが、垂らせば届いたのでブサイクなまま放置していたのだ。ところが今度はアンプが入っているテレビ台を更新したら、本当に届かなくなってしまった。

やれやれ、工事するか。

Img_0891_1
要するに天井に沿って木目の配線カバーを付けて、その中にスピーカーケーブルを通し、部屋の隅から直角に下ろすという、それだけのことなのだが。

Img_0893_1
今回スピーカーケーブル延長に際し、純正ではなくBELDEN社の「8470」というケーブルにしてみた。ネットでの評判が良かったのとAmazonで手頃な価格だったことによる。とあるサイトによるとBELDENは偽物が出回っていて、有名通販サイト(これってAmazonとか?)でも偽物を掴まされることがあるとかないとか。「押さえて硬ければ本物」という話もあるので、届いた品物を押さえたら硬かったが、冬場なもので当てにならん。

Img_0892_1
とりあえず曲をかけてみて角度調整。

「永遠の阪急サウンド」。あの鈴木竹男先生がお亡くなりになられたとき葬儀に駆けつけたのたが、後日送られてきたマーチ集である。先生らしい明るい演奏が聴ける珠玉の逸品。BOSEのスピーカー自体音質が柔らかくアナログ的なサウンドのように思うが、このケーブルを通しても「まあ、こんなものでしょう。」という感じで。他所のサイトにあるようにケーブルを変えたら劇的に変わるっちゅうもんでも無さそう。もともとBOSE純正だったわけだし。


|

« 聖地にて | トップページ | 水島 »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

学生時代にクラシック好きになって、特にワーグナーに
はまり込み。名演奏と言われたゲオルグ セル指揮演奏が
クリーヴランド管弦楽団のLPをSeattleで買って、太平洋を横断して持ち帰ったりでしたが、耳が悪くなって補聴器になったら、音が飛んで聞こえなくなりました。
女房は「LPを全部売って来い」ですが、騙したりしない
買取店を探す術が無いので----

投稿: モハ830 | 2014年1月18日 (土) 11時33分

おおっ!非売品CDですね。
葬儀にも駆けつけられたとのこと。

恥ずかしながら、球場とかイベントだけで聴いたことしか無く、
きちんとホールで聴いたことがありません。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2014年1月21日 (火) 18時27分

>830さま
私はワグナーにハマる前に友人から勧められたドビュッシーやラヴェルにハマりました。なのでワグナー方面には行かずに現在に至ってます。ブラームスもいまいち分からないです、実は。さすがに私のヨメさまは同じ趣味なので売って来いとは言いませんね~。

投稿: いぶきダンナ | 2014年1月27日 (月) 21時11分

>アルプス銀水タクシーさま
そうです。いやまあ、家宝ですね。ウチの楽団は下手っぴなのに鈴木先生に客演指揮してもらっていたのです。猫に小判とは言いませんが、今から考えてももったいない話です。

投稿: いぶきダンナ | 2014年1月27日 (月) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/54652552

この記事へのトラックバック一覧です: その後のBOSE125:

« 聖地にて | トップページ | 水島 »