« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

工作再開

水島臨海鉄道に行ってから、再び気動車を何とかせねばという気分になったダンナ。実はいろいろと事情があって真鍮キットを組まねばならないのだが、まあ気動車なら単品でカタチになるので取り組みやすいな、と思ったりしていて。で、ふと放置してある車体を出してきた。

Img_0995_1

これはKATOのキハ58、もちろんHOゲージ版である。通常は急行色で出ているが、1995年頃に無塗装の白いものが出ていたので買い求めた。もちろん四国色にするつもりだが、20年近くこの状態で放置してあるので、もう元通り組み立てられるか自信がない。

実はダンナ、学生時代に高松理工という鉄道模型店のアルバイトで、気動車の模型をどこからも発売されていなかった「四国色」に塗るっていう仕事をしていたのである。当時KATOのキハ58「九州急行色」とかいう58+65が2組入った4両編成のNゲージ模型があったのだが、四国では売れずに模型店で不良在庫になっていたのを、店主が「四国色にして」ということでダンナが塗り替えて売っていたのである。今から考えると九州急行色も結構プレミアが付いているので、そのまま死蔵したほうが儲かったかも知れないが・・・。

結果として、四国色は手間ばかりかかって時給的に大したことはなかったが、ダンナの塗装技術が大きく向上したのは事実であり、現在のダンナの一部がここで構成されたのは言うまでもない。この仕事を依頼して下さった店主に感謝。

Ho_1
当時の模型写真。いずれもキハ58+65。四国でよく見られた編成である。この仕事、最初はNゲージの塗り替えであったが、トミックスで四国色が発売になったため、HOゲージに変わった。HO第一作が完成したので納品前に記念写真を撮ったのがこれ。

Ho_2
こちらはキハ28。

Nゲージは最初58+65+58+65の4連単位で塗っていたが、そのうちキロ28(キハ28-5200)とか、実際には存在しなかったキハ25なんかを単発で塗る仕事もあった。HOは何両塗ったか記憶にないが、上写真のような編成単位だけでなく、下のキハ28のような1両だけの注文にも応じていた。

で、大学卒業前後に自分用として買った2両が、現在まで放置されているということなのである。

20年前より腕が落ちていないことを祈るばかり。

よろしければクリック願います。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水島

かねてより予定していた水島臨海鉄道撮影ツアーを実行した。1月19日と2月2日、明光バス主催のツアーで引退間近の旧国鉄色キハ20を貸切運行するというのだ。平日ラッシュ時にしか稼働しない(しかも国鉄色かどうか分からない)という同車を休日に見ることができる数少ないチャンス。重鎮T氏が提案し、播磨観光タクシー氏、みささ氏と一緒という同業オッサン軍団である。
当日は降雪により地面が悪く、山陽道に入るまでノーマルタイヤでは慎重な運転を要したが高速道からは快調で、倉敷に着く頃には好天となっていた。

まずは水島臨海と言えば「ここしかない」撮影地である倉敷市運動公園野球場裏手の踏切(球場前~西富井間)である。

01
とりあえず試し撮り。列車はおおむね20~30分ヘッドでやって来る。同業者も続々と現れたが、我々は全く情報を持っていない無計画・能天気軍団だったので、運行ダイヤなど教えてもらうばかり。おまけにペットボトルのお茶や紅茶まで差し入れしていただいたり、本当に恐縮である。通りすがりの地元の方もカメラの集団に「何か通るの?」と話しかけてきて雑談。和やかな雰囲気である。

さてさて、お教えいただいた情報通り、倉敷市からツアー客を迎えにやって来たキハ20の2連。ダンナ、実はこのカラーリングのキハ20を見た記憶がない。日本全国にそれこそどこにでもいたベストセラー気動車だが、今となっては走る姿を神戸から気軽に見に行ける場所はここだけである。それも3月まで。

というか2014年の現代に走っているのが奇跡というべきなのだろうが。

02
まずは迎え撃ち。逆光気味なので少し補正して・・・。

03
後追いではあるが、この角度でOKでしょう。右のプレハブが邪魔だったりするが、本番で画面から省くとして、季節的に太陽の高度が低くて陰になるところが多いのもまあ、ガマン、ガマン。

さて、7分後に戻ってくるということで。みなさんお互い邪魔にならないよう譲り合って列車を待っているというのに、空が曇ってくるんだな、これが。

04
構図的にはこれで良いと思うのだが日が差さず。こればかりは仕方ない。

05
今日はもう来ないので、水島の車庫へ移動。ツアーのみなさんは構内で撮影やDLの試乗に興じているが、我々とその他大勢はフェンス外から撮影。逆光だが雪もちらつく天気で、まあこちらも撮れたかな、と。キハ20は4両が在籍しているが、うち2両は青帯の水島オリジナルカラーである。

06
代替としてやって来たのがJR東日本のキハ37や38だったりするが、キハ30もいた。部品取りなのか整備待ちなのか分からないが、この色のキハ30も久しぶりに見た。

10
ダンナ世代のファンは大抵何両か持っているKATOのキハ20とエンドウのキハ30。両方とも現代はもっと完成度の高い製品が出ているが、この素朴な出来もまた懐かしい。ウチでは未だ現役である。

09
帰り道で中古バス販売店に立ち寄り。敷地外から元近鉄の国産ダブルデッカー試作車?を撮影。1台しか作られなかった珍車である。何とかまだ残っているという感じで・・・。

07
両備バス西大寺営業所は旧西大寺鉄道の駅舎を保存活用したもの。良い雰囲気である。表には軽便の気動車1両が保存されており、美しく整備されている。産業考古学会から推薦産業遺産にも認定されており、同社の企業姿勢が垣間見える。

08
と思ったらツアーの途中客を降ろすためか、公式バーチャル社員「七葉院まゆせ」ラッピングバスが立ち寄ってきた。それにしても、地元の水戸岡鋭治氏が車両のデザインをする一方で萌え系キャラも自社で作ってしまうなんて、何でもやっちまう会社だな、と。ある意味尊敬する。

よろしければクリック願います。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その後のBOSE125

BOSE125を天吊りにして早やウン年(記憶にないほど前)。ケーブルは「そのうち」延長して整理しようと思いつつ、「そのうち」はなかなかやって来なかった。そもそも左側のケーブル長が足りなかったのだが、垂らせば届いたのでブサイクなまま放置していたのだ。ところが今度はアンプが入っているテレビ台を更新したら、本当に届かなくなってしまった。

やれやれ、工事するか。

Img_0891_1
要するに天井に沿って木目の配線カバーを付けて、その中にスピーカーケーブルを通し、部屋の隅から直角に下ろすという、それだけのことなのだが。

Img_0893_1
今回スピーカーケーブル延長に際し、純正ではなくBELDEN社の「8470」というケーブルにしてみた。ネットでの評判が良かったのとAmazonで手頃な価格だったことによる。とあるサイトによるとBELDENは偽物が出回っていて、有名通販サイト(これってAmazonとか?)でも偽物を掴まされることがあるとかないとか。「押さえて硬ければ本物」という話もあるので、届いた品物を押さえたら硬かったが、冬場なもので当てにならん。

Img_0892_1
とりあえず曲をかけてみて角度調整。

「永遠の阪急サウンド」。あの鈴木竹男先生がお亡くなりになられたとき葬儀に駆けつけたのたが、後日送られてきたマーチ集である。先生らしい明るい演奏が聴ける珠玉の逸品。BOSEのスピーカー自体音質が柔らかくアナログ的なサウンドのように思うが、このケーブルを通しても「まあ、こんなものでしょう。」という感じで。他所のサイトにあるようにケーブルを変えたら劇的に変わるっちゅうもんでも無さそう。もともとBOSE純正だったわけだし。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

聖地にて

久々に阪急宝塚線へ。銭屋踏切道(川西能勢口~雲雀丘花屋敷間)へ初めて行ってみる。先人が開拓した撮影聖地へ「行ってみる」自分の中の一連の企画。雲雀丘花屋敷駅から川西能勢口寄りへ線路際を歩いていると、カメラを持った同業者とすれ違った。銭屋はすぐ近くなのか?

踏切は意外なほど簡単に見つかった。警報器が鳴動する。

「おっ!」

001

1本しかない3000系狙いである。「あっ、3000系!」とエキサイトしたが、これは箕面線送り込みの回送車。それに3074ってダンナには神戸線のイメージが大きすぎて・・・。

005

そもそも3000系を狙っているのに最新鋭の1000系を捕獲。やれやれ・・・。

004_2

ちなみに反対側はこんな感じ。午後になると下り方が順光である。

ここから坂を下ってJR線へ出る。川西池田駅構内の宝塚寄りだ。大きなカーブが待っていた。

 002
後追いで223系。なかなかカッコ良く撮れる。

003
迎え撃ち。223系8連。ヘッドライトで露出が狂わされるので、+2で撮ったらこんな感じになった。最後尾が電柱に掛かってしまったが・・・。

今年もカメラ小僧、スタートということで。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »