« 伊予鉄道松山市内線 | トップページ | 三岐鉄道へ何かを見に行く。 »

松山での収穫【バス編】

今回の四国旅行での収穫。バス編。
※型式・年式はネットで調べました。手抜きでございます。

1.徳島駅
B03
徳島市交通局H506 徳島230あ506 
日野ブルーリボンシティノンステップ KL-HU2PMEE 2002年式

銀色に青帯の一般色に慣れているため、青がピンクになると目がチカチカするというか、最初ネットで見たときは画像をいじくってウソバスでも作ったかと思ったものだが・・・。それにしても訳分からんセンスである。

2.吉野川サービスエリア
B01
JR四国バス674-1902 愛媛200か53-63 
三菱ふそうエアロエース LKG-MS96VP 2011年式

吉野川サービスエリアにいると松山や高知へ向かう高速バスや貸切バスが次から次にバスがやって来る。あまりに順光で美しく撮れそうなので、ついつい粘って何台か撮ってしまった。これは松山行きのJR高速バス。特に趣味的にどうという意味はないが。

B02
徳島バス 徳島200か14
日野セレガFD KC-RU3FSCB 1999年式

初代セレガもあまり見なくなってきた。この車両も15年選手。こんな古いクルマが走っているとは思わなかった。引退近しというところか。

3.道後温泉本館裏
B04
両備バスF0607 岡山200か760
三菱ふそうエアロクイーンⅡ PJ-MS8系 2006年式

ネットで調べても型式が出てこなかった。両備にたくさんいるので珍しくはないけど綺麗に撮れそうならば撮るということで。

4.松山市駅
B05
伊予鉄道 愛媛22か1678
日野ブルーリボン P-RU637BB 1988年式

貸切転用のリムジンバス。この手のクルマは、貸切や高速で使い倒した車両が最後のお勤めをするものだが、それを差し引いても古い。バスの寿命ってせいぜい15年。20年も使う事業者は相当のものだと思っていたが、26年を経てまだ現役とは。これがまた、結構な台数が生き残っている模様・・・。

B11
伊予鉄道 愛媛200か5413
日野セレガ

伊予鉄道の名誉のためにも。このような新車も多数が活躍している。

B12
宇和島自動車 愛媛200か5105
三菱ふそうエアロバス KL-MS86MP 2005年式

宇和島バスは、ダンナの好きなカラーリングだが、最近の貸切はちょっと首を傾げたくなる新色。ここのトラック部門も同じ旗の模様を付けたツートンの車体だったが、こちらも塗装が変更され、旗マークも無くなった。残念・・・。

5.道後温泉駅
B06

B07
伊予鉄道 愛媛22か1695
日野ブルーリボン P-HT233BA 1988年式

丸目のブルーリボンがまだ生き残っている。まあ奇跡というべきなのだろうが・・・。数台はいる模様・・・。

6.松山駅
B08

B09
奥道後交通 愛媛22か1770
三菱ふそうエアロクイーンW P-MU525TA 1989年式

う~ん。少なくとも3台はいるらしい、クイーンW。化石というべきなのだろう。旧車がまとまって生き残っていると、免疫が出来るのか不思議だと思わなくなる。しかし、クイーンW自体が珍しいのである。全国でもそう何台も走っているものではないのである。「まだいるな~」と感慨に浸ったりするが、前に見たのも20年以上前なのである・・・。

B10
伊予鉄道 愛媛22か1680
日野ブルーリボン P-RU637BB 1988年式

貸切カラーもいた。もう訳分かりません。誰か助けて~。

クリック願います!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 伊予鉄道松山市内線 | トップページ | 三岐鉄道へ何かを見に行く。 »

バス」カテゴリの記事

型式写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。

これだけ旧タイプの日野ウィングマークを見れるのは珍しいですね。私はウィングマークでもこの内側楕円の旧タイプが好きです。解体屋でも旧タイプは値段が倍になっていまして、それだけもう出回りにくくなったのかもしれません。

尚先日和歌山市内に久々行ってきましたが、もうP規制の和歌山バスは見れませんでした。現行タイプが増えたなという印象です。

投稿: 西日本総合開発 | 2014年4月17日 (木) 04時46分

伊予鉄道は愛媛日野自動車の親会社でして、以前から日野車で固められていました。旧タイプのウイングマークの件ですが、ある時期よりトラックとバスでは形態が異なっていたのでは?バスは新しいタイプのウイングマークは付かなかったような記憶があります。

投稿: いぶきダンナ | 2014年4月25日 (金) 22時28分

こんにちは。

そういう経緯で日野が多いんですね。

えっ、内側が角のウィングマークはバスには無かったんでしたっけ。てっきり両方あったと思っていました。

投稿: 西日本総合開発 | 2014年4月29日 (火) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/55304046

この記事へのトラックバック一覧です: 松山での収穫【バス編】:

« 伊予鉄道松山市内線 | トップページ | 三岐鉄道へ何かを見に行く。 »