« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

保々

保々。不思議な地名である。三岐鉄道三岐線の車庫・工場・CTCセンターなど運転上の中枢となっている。なお、wikiによると1日平均乗車人員は600人とのことである。

101
保々駅前。

102
車両工場。トラバーサが電車と同じ色に塗り分けられているのが面白い。

103
何かの土留めに電車のドアを使っている。黄色いし・・・。

104
いや~、これぞ西武の顔。好き嫌いはあろうが、ダンナは好きだ。

105
さて、走っている電車を撮ろうと線路際を歩いているうちに電車が来てしまった。「場内信号機が邪魔~。」なんて文句を言いつつ、とりあえずシャッターだけは切ったものの・・・。そりゃ藤原岳を背景に入れて撮りたいんだけれども・・・、みたいな。

106
こちらはコッコ1号作品。この編成、脱線事故で先頭車が廃車になり、代わりに西武新101系を1両補充したので1両だけ車体断面や前面が異なるマニアックな車両。しかし、コッコ1号、知らん間に写真技術が進歩している。恐るべし。

107
富田に戻った一行。桑名まで近鉄で出て養老鉄道に乗車。大垣に着く。

108
大垣駅前で。なんでネズミ色なんだろうか、このタクシー。

さてさて、大垣でメシ(全員)と酒(ダンナのみ)を買い込んだ一行、米原から無事新快速に乗車して神戸に帰り着いたのであった。

クリック願います!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


| | コメント (2) | トラックバック (0)

丹生川

富田から三岐鉄道に乗車。ダンナ初めて三岐線に乗る。

001_2
101系。本来ここの電車は黄色だが、フルラッピング広告が付いていた。元西武の401系。とりあえずこれに乗って「貨物鉄道博物館」なる施設のある丹生川に向かう。

002_2
たくさんの花で飾られた駅舎を出ると、左手にあるのが、

003_2
貨物鉄道博物館!である。バックの山は藤原岳。まさに太平洋セメントが掘り、三岐鉄道で運んでくる石灰岩の塊である。

さて、貨物鉄道博物館の保存車両その他詳細については
http://frm.kans.jp/
を見ていただくとして。

004_2
シキ160。これは珍しい。

来館者からの情報で13:30くらいに貨物列車が通過するというので、あちこちと撮影する場所を探してウロウロ。とは言え10分くらいしかない。いや、貨物列車を撮るために来たわけではないのだ。

まあ、いい。遠くに鉄橋が見えるので望遠で撮ることに。

005_2
重連の電機がタキ1900を牽いてやって来た。

006_3
私鉄の電気機関車って模型みたいだ。模型にしたい気持ちはよく分かる。

007_2
丹生川に戻ると、さっきのとは別の機関車が戻ってきた。

008_3
保々(ほぼ)へ移動。車内でなぜか自分の撮った写真を見せ合う重鎮T氏とコッコ1号。電車は田園地帯を快調に走る。国鉄DT21系統の台車がかなり上下動する。この感覚、まさに国電。連結部のサン板が振動で跳ね上げられているが、お構いなし。

009_2
いかにも「電車」らしい運転台。



クリック願います!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三岐鉄道へ何かを見に行く。

毎週兵庫県を脱出するダンナ、今回は重鎮T氏+播磨観光タクシー氏+コッコ1号の4名で朝も早くから神戸駅に集合。予想以上に混んでいる6時20分の快速電車で東へ。草津で乗り換え、柘植から関西線。

0001
加太(かぶと)越え。キハ120は軽快なエンジン音とともに、かつてD51が挑んだ有名撮影地を難なく駆け抜ける。(コッコ1号撮影)

亀山着。ここで接続が無く50分待ち。

000
211系。クモハ211-1を先頭にした4連。国鉄時代に投入された初期ロット。わずか2編成の珍車である。

何もすることがないので駅の外へ食料調達に。駅の周囲には何もないので国道まで歩いて出たらローソン発見。メシ(全員)と酒(ダンナだけ)ゲット!駅に戻ったらもう電車が着いていた。何も面白くない313系の2連である。四日市で普通に乗り換え。その間撮影。

001
DD51 1803

002
DD51 899

DD51がたむろする「国鉄」らしい風景が見られる場所も僅かである。更新色がいやだなどと贅沢を言っている場合ではない。今や生きて走っているDD51を間近で見られるのは幸せと思わねばならない。かつてSLを駆逐し大いに嫌われたものだが・・・。

005
太平洋セメントのタキ1900。セメントターミナルの薄緑色のは模型でも持っていたりするが実物は現存しない。とは言え黒貨車は魅力的。いろんなタイプがあるようで1両1両撮りたくなるが、いや、衰退したとは言え私有貨車の世界に足を突っ込むと出て来られなくなる。ここはあまり深入りしないのが身のため。

003
日本石油輸送のタキ43000。カッコ良いです!

004
同、タキ1000。たまりません!

010
DE10 1726  DE10が本当に入換してる~!当たり前の風景なんだが、妙に感動してしまった。アホです。

006_2
てなわけで、ダンナ1人だけほろ酔い状態で富田(とみだ)着。ここから近鉄・三岐富田まで歩く。JRは無人駅。おまけに近いくせに近鉄駅への案内表示なし。普通の住宅地を経由するのだが、知らないと迷うな、これは。まあ近鉄が走っているのが見えるので、あらぬ方向にはいかないにしても。

007
怪しい家。何だろうこれは、と思って屋根上を見上げると・・・、

008_2
出た!逓信省マーク。元郵便局だったようだ。

009
近鉄富田に到着。三岐線は線路の反対側である。

クリック願います!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »