« 三岐鉄道へ何かを見に行く。 | トップページ | 保々 »

丹生川

富田から三岐鉄道に乗車。ダンナ初めて三岐線に乗る。

001_2
101系。本来ここの電車は黄色だが、フルラッピング広告が付いていた。元西武の401系。とりあえずこれに乗って「貨物鉄道博物館」なる施設のある丹生川に向かう。

002_2
たくさんの花で飾られた駅舎を出ると、左手にあるのが、

003_2
貨物鉄道博物館!である。バックの山は藤原岳。まさに太平洋セメントが掘り、三岐鉄道で運んでくる石灰岩の塊である。

さて、貨物鉄道博物館の保存車両その他詳細については
http://frm.kans.jp/
を見ていただくとして。

004_2
シキ160。これは珍しい。

来館者からの情報で13:30くらいに貨物列車が通過するというので、あちこちと撮影する場所を探してウロウロ。とは言え10分くらいしかない。いや、貨物列車を撮るために来たわけではないのだ。

まあ、いい。遠くに鉄橋が見えるので望遠で撮ることに。

005_2
重連の電機がタキ1900を牽いてやって来た。

006_3
私鉄の電気機関車って模型みたいだ。模型にしたい気持ちはよく分かる。

007_2
丹生川に戻ると、さっきのとは別の機関車が戻ってきた。

008_3
保々(ほぼ)へ移動。車内でなぜか自分の撮った写真を見せ合う重鎮T氏とコッコ1号。電車は田園地帯を快調に走る。国鉄DT21系統の台車がかなり上下動する。この感覚、まさに国電。連結部のサン板が振動で跳ね上げられているが、お構いなし。

009_2
いかにも「電車」らしい運転台。



クリック願います!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 三岐鉄道へ何かを見に行く。 | トップページ | 保々 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/55373284

この記事へのトラックバック一覧です: 丹生川:

« 三岐鉄道へ何かを見に行く。 | トップページ | 保々 »