« 帝冠様式 | トップページ | 塗装前に難関 »

キハ57

最近、日々の活動がFacebook上に移ってしまい、おまけに諸事情があってブログ更新が滞っているダンナ、なのであるが。
http://chanoma-ibuki.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-fb6c.html
で書いたとおり、20年来不良在庫として抱えていたKATOの無塗装キハ58+65をJR四国色に塗り替えるという企画、新たな展開を迎えた。

無塗装キハ58がもう2両手に入った、のだ。

今回のはキハ58+28である。要するにキハ58モーター付きが2両になったのである。ここは1両をキハ57にするしかないのではないか?と思う。いろいろ調べたがキハ57は台車以外キハ58と同じというではないか。(もちろんライト間隔の狭い1次型というやつはある。)会社の先輩にKATOのキハ58にキハ80のDT31台車が付くのか聞いたところ「付く」と結論を得たので、ネットでキハ80動力台車を探すが無い。

そこで、昨日大阪は江坂のホビーセンターカトーを訪れたところ、キハ80動力台車がすんなり手に入った。
Img_3062_1

日本橋で気動車用一般型タイフォンも入手。なぜKATOのHOキハ58は、キハ58、28がシャッター付きタイフォンなのに65は一般型なんだろうか?

Img_3064_1
キハ58(手前)用のコイルバネ台車DT22(手前)と、今回入手のDT31(奥)。商品名はTR58であるが、DT31で間違いないところ。模型メカニズム的には同一品と言える。これで交換ができる!

Img_3066_1
というわけで、後から入手できたキハ58(奥)と、今回台車を交換してキハ57になる予定のキハ58。模型はシャッター付きタイフォンなので、これも一般型に交換するため削り落とした。

Img_3068_1
キハ57(左)とキハ58。そうそう、こういうのがやってみたいのだ。

早く塗装しないと・・・。

よろしければクリック願います。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

|

« 帝冠様式 | トップページ | 塗装前に難関 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/56580725

この記事へのトラックバック一覧です: キハ57:

« 帝冠様式 | トップページ | 塗装前に難関 »