« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

なんとなく静岡方面へ(その2)

SL列車までだいぶ間があったが、車庫のほうへ行ったり大鉄観光バスなんぞを撮影しているうちに時間も過ぎ、ホームにSL列車が入線した。
101
今日の牽引機はC11190。有名な227号機はトーマスになっていたが、すでに元に戻っている。オレンジ色の客車はそのままだが。今年はC5644をジェームスにするらしい。

大井川鉄道はSL列車の収入が9割を占めると言う観光鉄道である。にもかかわらず貸切バスの自由競争化すなわち規制緩和による事故多発により(ある意味当たり前と言える。予見できないほうがおかしい)、距離制限が加えられ、この鉄道は首都圏からの日帰りツアー範囲から外れた。このため首都圏からの旅客が半分近くにまで減少したという。トーマスに関してはファンからは評判が悪いらしいが、とにかく鉄道の存続のため頑張っているのである。ダンナのような外野は応援するしかない。

102
オハ35車内。客車は純正の「旧客」である。原型を留めているという点では営業に使用する唯一の旧客と言える。会社の先輩からすれば「腐るほど乗った」らしいが、ダンナは都会育ち(?)ゆえあまり乗った記憶がない。もちろんコッコ1号は皆無である。そうそう、銀河鉄道999の車内もこれであるが、本来999のような展望車の付くような特急はこのような向かい合わせの座席ではない。まあ、鉄郎とメーテルは向かい合っているから意味があるのであって、隣に座っていたのでは(現代人の郷愁としての)、ムードが台無しなのである。まあ、難しい話は無しにして。

103_2
「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」

こちらが遠江の国、そして対岸は駿河の国である。列車はゆっくりと大井川沿いを北上する。

104
終点千頭。ここから井川線に乗り継ぐと、まさに秘境駅として有名な奥大井湖上駅に行けるが、そうなると「一日仕事」になっちゃう。コッコ1号はまだ先を乗りたいと駄々をこねたが、とりあえず今日はここまでにしたい。

105
そう、うどんの汁は黒い。浜名湖を境に東日本の食文化圏内に入っていることを実感する。フォッサマグナあるいは探偵ナイトスクープによるアホバカ境界である。

106_2
蒸気暖房による湯気が上がっている。冬場でないと見ることはできない。かつて全国どこでも見られたものなのだろうが。

折り返しは電車で、それもデッキの無い近鉄16000系だったわけなのだが、ダンナ的には南海21001に乗りたかったなどと贅沢を言いつつ金谷まで戻った。JRの接続はかなり良かったのでスムーズに掛川へ。天竜浜名湖鉄道への接続も偶然3分だったため乗り換える。
108
静岡と言えば「茶」であろう。このあたり、どの路線の窓からも茶畑が一面に広がっているのを見ることが出来る。ほんの少しのスペースがあれば茶を植えるらしい。

107
天浜線は西鹿島で下車。どうしたのか、怪しげなイルミネーションが上屋に・・・。

109
西鹿島から新浜松までは遠州鉄道に乗車。遠鉄と言えば写真にあるような正面2枚窓の赤い電車を思い出すが、すでに大半が新車に置き換わり旧型車は3編成を残すのみである。残った3本のうち2本は吊り掛け駆動で有名。写真の車両は日本で最後に新製された吊り掛け車という。平日朝しか走っていないらしい。

110
ローカル私鉄のようだが、終日12分間隔のパターンダイヤで、非常に利用しやすい。終端駅は両方とも0.12.24.36.48分発に統一されている。西鹿島出発時はガラガラだった2両編成の電車は、途中でどんどん乗客を拾って最終的には立客も多く出るほどだった。浜松からの折り返し便は最初から混んでいる。2両編成ながらツーマンだが、車掌は常に車内を行き来し、改札が前寄りの駅では運転台側に移って扉操作を行い、集札する。日本で初めて電車・バス共通ICカードを導入しただけあってICの普及率も高そうで、乗客の多さの割には車掌の集札はあまりなさそうな印象だった。ただ、乗務員や駅係員はてきぱきと仕事をしており、士気の高さをうかがわせた。

地方私鉄とは言え、遠州鉄道のバス含む単体収入は300億を超え、連結に至っては1300億円クラスであり、山陽や神鉄といった準大手クラスを企業としてはるかに凌ぐ事業者なのである。お隣の静岡鉄道も連結1000億円事業者だ。単に鉄道の規模だけで中小に分類されているだけに過ぎない。本当は彼らこそが「準大手」ではないのか。

111
浜松駅前の遠鉄百貨店。同ビルには遠鉄本社も入居している。

浜松で少しはゆっくりできるかと思ったが、すぐに岡山行きの「ひかり」が来ることが分かり、慌てて食糧と酒を買って飛び乗ったのであった。今度は浜松に観光で来るか。バスも撮りたいし。

クリックにもご協力願います。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんとなく静岡方面へ(その1)

コッコ1号が「どこかへ連れて行け」と騒いでいた、とある日曜日。2号は同級生とのプレゼント交換会があるとかで、ダンナ+1号の2人で「どこかへ」出掛けることに。おかみから子守代として小遣いをもらったダンナ、朝は4:30に起き出して1号を起こす。1号、前夜にどこへ行くかは知らされず訳も分からず起こされ、でも、こういうことは慣れている(どんな家庭じゃ!)ために素直に起きてきた。

新神戸6:09発、ダンナ愛用の「のぞみ100号」で名古屋へ。今日はN700系のA化未改造車のZ4編成。4号車785-4に乗車する。新神戸駅で朝も早くから知人に会ってしまったが・・・。

名古屋に降り立ったのは7:12。早速名鉄名古屋駅へ向かう。豊橋行きのパノラマスーパーに乗るためだ。もちろん前面展望席を希望。ただ、スーパーが入っていなければ何本でも待つ覚悟である。名古屋での時間つぶしは駅前で「つばめタクシー」でも撮っていれば良いことなので問題ない。全く得な性分である、自分で言うのも何だが。

102
が、意外にすぐの特急がパノラマスーパー運用で、あっさりと最前席が取れてしまった。いつも思うが、名鉄の窓口駅員は展望席を希望するマニアな親子連れに対して非常に親切だ。ダンナ、名鉄が好きなのは、大手なんだけれども、こういう、何となくローカルな親しみを感じる、そういうところなのだ。垢抜けなくても構わない。

101
展望席で。結局終点豊橋まで4人だけのほぼ独占状態。これが追加360円で楽しめるとは贅沢な話である。最近展望席が無い特急や、NEXコンプレックスの塊みたいなミュースカイなど、”都会の大手私鉄”を目指しているとしか思えない名鉄。でも、窓口の駅員さんたちはみんな、そしていつも、このパノラマ席を取りたい親子鉄に非常に共感を寄せてくれる。現場はパノラマカーを愛しているのではないのか?経営者としては、パノラマカーから脱皮したいみたいだが、たとえ垢抜けないダサさがあるとしても、夢のある車両を走らせてくれることこそ「名鉄」の存在感ではないのだろうか。

登場して27年。かなりくたびれた雰囲気になってはいるが、それはそれで良い雰囲気である。

110
JR飯田線との共用区間を経て豊橋に到着。

とにかく予定はないので豊橋鉄道の市内線にでも乗ろうかと思ったが、コッコ1号「前、見たやん。」まあ、確かにそうなのだが。しょうがないので「浜松まで乗るか」ということになる。ダンナ的には遠州鉄道に乗りたいわけなのだが、1号「大井川鉄道に乗る」と主張。おいおい、金谷まで乗らなあかんぞ・・・。

113
と言いつつ、本当に金谷まで乗ってしまう。(写真:金谷駅西方)

211系。205系と共に添加励磁制御の代表形式。私鉄では山陽5000系くらいしか採用例を知らないが。211系って改めて見るとカッコ良い電車だと思う。残念ながら関西地区には投入されなかった。113系との混結を見たかったファンは多いはず。結果としてそれがネックになったようだが。

114
JR金谷駅に隣接する大井川鉄道金谷駅。売店のおばちゃんから「富士山がきれい見えるよ。」と聞いて、初めて東のほうを見ると、雲一つない青空に真っ白な富士の姿が見えた。コッコ1号は初めて富士を見たらしい。よかったよかった。

さてさて、この時点でまだ午前10時ごろなのだが、SL列車は11:52に隣の新金谷から出る。さっきの売店のおばちゃんに「新金谷まで歩ける?」と聞いたら「20分くらい」ということで、せっかくなので金谷の街をぷらぷら歩くことにする。富士は相変わらず正面に見える。ここは東海道島田の宿場町らしい。山の斜面には茶畑が広がり、いかにも静岡らしい。

115
20分というのは少々無理があった。だいぶ歩いた先で「新金谷1㎞」の看板があったからである。まあ、しかし子供連れで30分で歩けたので良しとしよう。いかにもな木造建築は大井川鉄道の本社も兼ねている。向かいのSLプラザで乗車券を入手する。

116
新金谷駅で。近鉄から来た16000系と南海から来た21001形。緑色の南海電車はかなり久しぶりに見たはずだが、やはり「南海ってこれよね!」みたいな気分のためか懐かしさは感じない。

てなわけで、初めて大井川鉄道のSL列車に乗ることにする。

クリックにもご協力願います
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伏見稲荷大社から伏見の町へ(その2)

日が空くと忘れてしまいそうになるが、まあともかく。

伏見稲荷を後に、ダンナ一家、伏見の町へ出ることにする。京阪電車で中書島へ。それにしても京都市内の京阪車内は、ダンナ一家のような家族に優しい。席を譲ってくれた紳士、自分は中書島で降りるから、と席を譲ろうとした奥さん。「いや、僕らも中書島で降りるので。」と断ったが、残念ながら地元の鉄道では見られない光景である。

ダンナ的には街歩きしたかったが、コッコ1号の「電車撮りたい」希望があったのをダマして伏見稲荷に連れて行った手前、撮影に時間を割くしかない。この寒いのにホームに立ちんぼは正直辛い。おかみは完全防寒でベンチに座っている。

103
にしても子供は寒さに強い。2200系はダンナも撮りたい。次は大和田にでも行くか。

101
7000系だけれども後ろは6000系から編入された変形編成(のはず)。

102
3000系もすっかり本線特急が板に付いたようで・・・。

104
「月桂冠」の酒蔵が立ち並ぶ一角。伏見と言えばこんな風景かと。

105
あまりにも有名な寺田屋。現在の建物は明治以降の再建である。

106
「マッサン」ロケ地の一つ。住吉酒造として登場した松本酒造。風情ある建物群が魅力的。ドラマでは何となくのどかな雰囲気だったが、実際は幹線道路や高速道路が近くにあり、十分現代的な街中である。さすが、うまく撮るものである。

107
時系列的にはもっと明るいうちに来て熱燗を一杯飲んだ黄桜カッパカントリー。日が暮れるとライトアップしていたので、また撮影。

109
当然、宇治茶を売る店は多い。

108
行きには気付かなかった古い銭湯「新地湯」。この名前からして旧遊郭エリアだと自称しているようなものだが、にしても「まんま」である。

114
帰りも京阪。コッコ1号の流し撮り。もはやダンナには追い付けない技術を身に付けつつある。

クリックにもご協力願います
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伏見稲荷大社から伏見の町へ(その1)

アニメ(ばっかり観てるような気がする。このトシになってアニオタというのもイタいが、子供をダシにしているとも言える。まあ、ともかく)「いなり、こんこん、恋いろは。」とかいう伏見稲荷がそのまんま出てくるのがある。ダンナ、京都にはたいがいよく行っているほうだが、なぜか伏見方面に足を伸ばしたことはなく、従ってかの伏見稲荷に行ったことが無かった。豊川稲荷には先日行ってしまったわけだが。

102
伏見稲荷には京阪で行く手もあるが、神戸市民としてはTime is money、新快速で京都まで一直線。チケット屋で片道630円の昼トクきっぷを購入する。最近知ったのだがこの切符、1枚で子供2人が乗れるのである。JRは私鉄と異なり半額切符の場合端数切り捨てとなるので、このような処置が可能なのであろう。それはともかく。京都駅で奈良線に乗り換え。そうそう、ダンナの狙いはここで103系に乗ることであったりする。オリジナルの低運転台がまだまだ活躍する「聖地」でもある。

104
稲荷駅で降車後、コッコ2号がトイレに行っている間にホーム撮影。103系、何気に珍しい存在になっている事実と、いや、まあ103系だし、みたいな気分が交錯する。にしても今撮っておかねば後悔するに違いない。

110_2
稲荷駅って本当に駅の前が伏見稲荷だ。というか、鳥居の前に駅を作ったというのが正しい。この鳥居、明神鳥居系だが柱の上に輪っかが付いている。これが稲荷鳥居である。そりゃまあ、稲荷の総本山であるがゆえ、正しい稲荷鳥居があるのは当たり前である。にしても、若い人多いな。女の子も多い。外人も多い。賑わっているのは良いことだ。

112
なんだ、この横断幕。”行って良かった”外国人に人気の観光スポット2014の第1位に輝いたらしい、伏見稲荷。で、こういうものを掲げてしまう。この大らかさが日本の神様らしい。

101
手水には作法が図示されている。また柄杓に口を付けないよう英語での表記もある。ダンナ、アニメで稲荷神ウカミタマが女性に描かれているのを見て、おかみと一緒に「ウカミタマってオトコじゃなかったか?」、とエエ加減な記憶で話していたが、どうやら本当に女神だと考えられているらしい。もちろん、断じてキツネではない。(当たり前じゃ!)

103
恐らく外国人が来て喜ぶのは、この無数の鳥居群ではないか、と。千本鳥居などというが、実際は1万本くらいあるらしい。またどのようなルールで更新されているのか知らんが、たいてい平成10年代後半からここ数年のものである。2時間くらいかければ稲荷山中を巡れるが、そんな時間は今ないので、適当に途中で引き返す。この罰当たり。

113
もはや、多くののぼりと誘導看板を設置しないと「御朱印ガール」は捌けなくなったらしい。会館の屋上にまで「朱印授与所」と横断幕。ここまで徹底しているのは初めて見た。

103_2
御朱印である。

御朱印をいただいたダンナ一家は伏見稲荷を後に伏見の町へ向かうため、京阪電車の伏見稲荷駅へ向かうことにする。

以下、続く。

クリックにもご協力願います!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下鴨神社から上賀茂神社へ

アニメ「有頂天家族」を観てからというもの、京都は下鴨神社に行きたくてしょうがなくなったダンナ。ここが山城国一宮であるという大義名分を得て、神戸三宮から阪急電車に乗車した。大山崎のあたりでサントリーの醸造所が見えるお馴染みの風景も、「マッサン」を毎回欠かさず見ているコッコ共には新鮮であるらしく、車中で「ポットスチルが!」と騒ぐ。恥ずかしいような気もするが、深夜アニメの何かを口にされるよりずいぶん健康的である。まあ子供らしくていいじゃないですか。

さて、終点河原町で9300系から降車したダンナ一家は、晴れているのに底冷えのする京都の繁華街に出た。鴨川の向こうには、そう、「弁天さま」が飛んでいた南座の屋根。その黒い屋根に斜めに降り注ぐ「雪」が見えた。出かけるなら昨日だったかな、と反省しつつ京阪祇園四条駅へ。まず下鴨神社に向かうため出町柳駅まで京阪特急に乗る。

105
ほんの数分だがダブルデッカーに乗ってしまう。こんなに短い時間なのにコッコ共、同乗の「ネットで折り紙クラブをやっている」という方に作品をもらっていた。子供は得である。

106
駅を出るとすぐ案内看板があり、「糺の森」へ誘導される。ここでも嫌われたか雪がかなり降ってきた。やれやれ。森の入口左手の第一摂社「河合神社」へ向かう。かの鴨長明はこの神社の家系である。ダンナ一家、正しく手水を。①まず柄杓を右手で持ち、水をすくって左手を清める。②柄杓を左手に持ち替え、水をすくって右手を清める。③右手に持ち替えて水をすくい、左手に受けて口を漱ぐ。柄杓に口を付けてはいけない。④口をつけた左手を清める。⑤最後に水を入れた柄杓を立て、自分が触った柄の部分を清める。この作法、よく図入りで描かれているので知っている方も多かろう。現在ではコッコ2匹とも身に付けている。さすがダンナとおかみの子供だけのことはある。

102
糺の森を抜けると門が見えてくる。嘘のような晴天になった。

101
しかし、寒い・・・。

102_4
山城國一之宮「賀茂御祖(かもみおや)神社」とある。下鴨神社は通称である。「御朱印ガール」が増加したために、窓口に並ぶ若い女性が多くなった。巫女さんも美人で気分は上々である。使っている朱印帳は平成8年からの19年ものだが、立葵か緑色のスタンプは初めてである。

さて、もう一つの一宮は同じ賀茂社の上賀茂神社である。鉄道の最寄駅が無いのでバスに乗るしかないのだが、地図上では鴨川を遡れば行けそう。3㎞程度あるが「1時間も歩けば行けるだろう」と安易に考え、鴨川べりまで行ってみる。腹も減ったしローソンで買ったおにぎりを河原で食べよう。

104

107
晴れているのに雪が・・・。それに川べりは吹きさらしで街中より寒いという、当たり前の事実に気付いたがもう遅い。さすが京都は寒さが違う。とても呑気に座って食べている場合ではない。

103
とは言っても歩けば体もほどよく温まる。50分くらいかかっただろうか。上賀茂神社前に到着。

108
ここでも受付に並ぶ「御朱印ガール」のみなさん。最近どこに行っても結構こんな感じ。ダンナが四国八十八箇所を回り始めたときは、御朱印帳を持っている若い人なんて珍しかったものだが、ブームもあって今は普通だもんな~。時代は変わったものである。

101_3
こちらも山城国一之宮「賀茂別雷(かもわけいかづち)神社」と。もちろん上賀茂神社は通称だ。下鴨神社と共に今年遷宮だが、上賀茂のほうはご朱印が終わりそうな所で、横から別の巫女さんが手を出して、小さいスタンプを右側にひょいと押してくれた。「遷宮記念限定スタンプ」らしい。ブームにあやかって神様だって何でもするのだ。

さてさて、帰りに出町柳から京阪特急に乗る!と主張していたコッコ1号ではあるが、神社の前から市バスに乗せると疲れたと見えて挫折。

109
この赤帯のやつ、何とかならんのか。(上賀茂神社前)

どこで降りようかと思いつつ京都駅まで乗り、チケット屋を探して4人分2,040円で三宮まで切符を買って、新快速で帰って来たのであった。

110

あっ、そうそう。ダンナ、まだ一度も京都タワーに登ったことがない。

クリックにもご協力願います!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年の初詣

このところ初詣と言えば「どこかの一宮」に行ったり、はたまた何か(と言うのはおかみが言い出したりするもので・・・。)に因んだ神社に行ったりと、神戸の神社からはとんとご無沙汰しているダンナ一家ではあるが、2015年の今年はさてどこに行ったかと言うと。

紀伊国「一宮」であった。(結局「一宮」かい!)

和歌山まで所要2時間と見てクルマを飛ばしていると、阪神高速3号線との合流地点でまさかの渋滞30分!おまけに泉佐野から阪和道に入ったところで渋滞30分!というわけで、和歌山に着くのが大幅に遅延。

何となく「や~」な予感。というのも、紀伊一宮は3ヵ所ある。最初に目指す伊太祁曽神社は実は3度目の訪問なのである。1度目は朱印帳を忘れ参拝のみ。2度目は時間が遅すぎてご朱印もらえず、おまけに和歌山電鐡伊太祁曽駅前でカングーをポールにぶつける始末。

というわけで3度目の正直というやつ。天気も良いし、いや少し怪しいか。

104
今や「タマ駅長」ですっかり有名になった貴志川線改め和歌山電鐡。伊太祁曽駅は文字通り伊太祁曽神社の真ん前にあり、車庫もある。「ニタマ駅長」殿が勤務しておられる。

103
無事参拝、ご朱印もいただく。バイトの巫女さん(まあ、正月増員の高校生だろうが・・・。)が可愛いかったのはラッキー。

102
ご朱印にある「木の国 一之宮」。紀伊すなわち「紀の国」とは、本来「木の国」と書くのが正しい。下の「参拝記念」というか「記念」と押してしまうのは少し珍しいかも。

ところが、である。一転にわかに掻き曇り、というか少し怪しい空模様だったのが、雪がちらほらと。「何とか駐車場まで行けるか。」という期待も空しくご覧のような状況に・・・。

105
ちなみに、和歌山市内である。ここ。

101
写真1枚目の伊太祁曽駅も、雪景色に。雪まみれになりながらもカメラを出してしまうアホなダンナではある。

というわけで、3度目にして「どうやら伊太祁曽さんには嫌われているらしい」、と悟った。やれやれ。

次いで和歌山電鐡沿いを和歌山方面へ。これも沿線にあるもう一つの一宮、日前(ひのくま)神宮に行く。

106
さっきまでの天気がウソのような。しかし寒い。石碑にある通り2社で一つである。参道を歩くと途中で左右に分かれていて、同じ規模の神社が2つ並んでいる。

107
左側が日前神宮。

108
そして右側が国懸(くにかかす)神宮。

この2社。我が国では最古級の神社で、共にご神体は鏡である。この鏡、伊勢神宮(正式名称は単に「神宮」)のご神体に先立って作られた試作品(失敗品?)であると言う。今でも相当広大な敷地だが、元々この5倍はあったというからさすがである。

101_3
ご朱印。2社であるがゆえ、一瞬2つ(料金が倍になるとか)かと思ったが、うまく一つにまとまっていた。こちらは「木の国」ではなく「紀伊国」と書かれている。

もう一つの一宮は次の宿題ということで慌ただしく和歌山を後に。

102_2
何とか加太の淡嶋神社へ到着。全国の淡嶋神社の総本社であるが、何と言っても有名なのは境内に無数に置かれた人形の姿であろう。にしても風がビュービューと大荒れの天候で、早々に退散・・・。

クリックにご協力願います!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »