« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

美濃一宮 南宮大社

畿内全一宮を回ってしまったダンナとおかみ。なかなか周辺と言っても遠くなり始めている今日この頃。但馬にも行きたいが雪が・・・。というわけで伊勢一宮か美濃一宮かと思案しつつ、今回は美濃へ。

104
名神の伊吹PAで見つけた200系ハイエース。東急鯱バスを勝手に連想してしまったが、全体に白ばかりの営業車の世界で、きちんと塗っているのは珍しい。敦賀名産のかまぼこ屋さんらしいが・・・。

110
伊吹山が綺麗に見えました。

関ヶ原インターで降りて国道21号を東上することしばし。途中「桃配山」を横目に。関ヶ原戦史には詳しくないが、さすがに家康が布陣した「桃配山」は分かる。「おお~っ!ここか。」と感慨にふけりつつ今日は寄らない。

101
美濃一宮 南宮大社。主祭神は金山彦命で、全国の鉱山・金属業の総本山という。建造物は神社としては比較的古く、関ヶ原の戦いで焼失した後、徳川家光により再建されたもの。春日局が美濃出身であるため篤く崇敬されたらしい。崇神天皇の時代からあるというが、崇神は歴史学的に実在する天皇と考えられているので、創建年代としては確度が高いような気がする。

111
御朱印。ダンナ&おかみの朱印帳も20年近く使用して最後のページが近くなり、どうもハンコが押しにくいらしい。この日もどうやら真ん中がうまく付かなかったらしく、謝っておられたが、構いませんよ。これもまた旅の思い出です。

102
神社の門前にはそれなりに商店があるが、にしても、HOゲージのキットでも組み立てて並べたような、妙に「それらしい」”不自然さ”があるように感じるのは、なぜだろう・・・。

112
あっさりと神社を出て来た一行。JR垂井駅で周辺に何か観光地が無いか探す。垂井は竹中半兵衛ゆかりの地で、銅像なんかもある。

113
竹中家陣屋跡。陣屋というよりは小規模な城で、堀も作られている。現在は小学校の敷地となり、校門として利用されている。

114
五明稲荷。竹中半兵衛が黒田官兵衛の嫡男長政(松寿丸)をかくまった地であるという。樹齢400年の銀杏はその長政が植えたというが、それはともかく同時代の木ではある。

垂井は宿場町としての風情が残る町並みもあり、まあ~、他とセットならいいけど、ここだけのために来るのはちょっと物足りんかな~、という感じか。

てなわけで、移動・・・。
115
突然、名鉄美濃駅跡へ。とは言っても垂井からは遠すぎ。16:30の閉館時刻に間に合わず。ちょっと無茶だった。

116
ここ、ダンナ2回目の訪問。1度目はまだ新関まで路線があった2003年6月のこと。その2年後に全線廃止となった。当時590や左端の旧札幌のは現役でいたはず。

Meitetsu870
と、写真を探すと出て来た。もうあれから12年も経つのか~。は、早すぎる・・・。

クリックにもご協力願います
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの加古川橋梁

先日、京阪電車の木津川橋梁で撮影を楽しんだダンナ。なぜか今日も橋梁、それも近場。天気が良かったので出動。

106
山陽電車の加古川橋梁である。西側は午後順光になる。

107
少し北側には新幹線も渡っている。こちらも一度綺麗に撮ってみたいが。

最初のうちは日が照ったり陰ったり安定しなかったので、照れば南側、陰れば北側に移動しつつウロウロ。風が無かったので寒さもまし。

114
阪神1000系1203編成。南側はケーブルが結構邪魔である。これを避けようとすると、今度は鉄橋に付属する黄色の係員避難台(?)が邪魔。要するに「スッキリ」とは撮れないのである。

109_2
かと言って鉄橋に近づくと後追いしか撮れないわけで。日が陰るなら北側でも同じやな、と移動。5000系5012編成。1次車を含む編成では唯一添加励磁で揃った編成である。

110
北側から阪神8000系8227編成。どうやら全検出場直後のようである。

111
そのうち雲が少なくなり天候が安定してきたので、南側に腰を据える。3200系3202編成。3連くらいならケーブルを避けつつ、まあこんな感じで撮れた。

112
徐々に橋から離れた場所へ移動。こうなると風景写真っぽくなっていく。ただ、堤防でそのまま撮ると、このように背景がごちゃごちゃしている。

113
堤防を降りて(結構角度があるので注意)、そこで撮影。まあ、構図はこっちのほうが良いかな、と。足元がおぼつかない場所だが。

なんだかんだと1時間半くらい撮影。15分ヘッドで特急・普通が交互に来るため1時間いれば上下16本来る計算。このくらいの頻度だと間延びせず楽しむことが出来る。電車はあまり面白いのが来なかったが、思っていたより満足。

応援していただける方はクリックを!
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

京阪電車 25年ぶりに

京阪電車の有名撮影地と言えば「大和田!」まあ、それはそうなのだが、八幡市~淀間の鉄橋もメジャーである。ダンナ、25年前に予備校を抜け出して撮影に行ったことがあるが、相当歩いたような・・・。たぶん今でも同じであろう。と言うのは、

107_2
今年の京阪電車カレンダー2月に、鉄橋を渡る1000系の姿が。

久しぶりに行ってみようかな、と思うのは理の当然である。で、カレンダーに写る先頭車の番号を確認しないまま現地に飛ぶ。

順光。とりあえず淀川のほうへやって来る。赤いトラス橋の大阪寄り。「あれ?」遮断機が結構高い。顔を出しても向こうまで届かない。「ここは撮れん」と判断。恐らくここから後ろを振り返った風景を25年前撮ったに違いない。うまく特急が来た。3000系トップナンバーだ。

102
昔はなるべく視点を下げたように思うが、柵が作られこれ以上下げられない。カーブが急なので標準レンズでもご覧のように編成全部が入る。25年前は、もちろん背景の京滋バイパスが存在しなかった。

と言うわけで、ここをあきらめ木津川の大阪寄りを目指す。

108_2
って、場所を変えるのに結構歩かないといけないのだ、これが。

109_2
木津川を渡って、ようやくたどり着くと・・・、そこは高い柵が張り巡らされた場所であった。というわけで、もう一度木津川を戻って橋梁の京都側に行ってみる。

110_2
ここやんか!午後逆光である。カレンダーは雪景色ゆえ逆光なぞ関係なかったと見える。

もう、ここに腰を落ち着けて撮影開始。

103
8000系の特急。

111_2
2200系の準急。

112
7000系の準急。

105_2
コッコ1号の作品から。自転車が効果的。

113
5000系。

114
2600系トップナンバー。

2時間立っていると「お腹いっぱい」になったため、今日のところはここまでということに。大和田は次に行くのだ!

クリックにもご協力願います。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »