« 美濃一宮 南宮大社 | トップページ | 一畑薬師へ »

久々の松江

松江に来るのは久しぶりである。前に所属していた部署の旅行で訪れたのも10年以上前。鉄道で島根入りするのは20年ぶりになる。

001
「みずほ」初乗車。

002
「やくも1号」381系は久々に乗る。評判の悪い乗り心地も懐かしい。乗り物に弱いコッコ2号は早々に寝てしまったが、起きていた1号は完全に酔ったらしい。さすが振り子電車、只者ではない。松江到着は9:40。

004
まずはおかみリクエストの和菓子店「彩雲堂」へ。松江駅より西へ徒歩10分というところか。ここで買ったお菓子は後ほどご紹介する。

005
「彩雲堂」を出て西へ歩くと、ほどなく宍道湖畔に出る。嫁が島が見える。にしても、恐らく宍道湖と聞いた10人が10人とも思い浮かぶであろうと思われる嫁が島。逆にこれが無いとどこか判らんという、有名な「日本の風景」ではある。

101
その間、ダンナが何をしているかと言うと、走って来るバスを撮り続けているわけである。街歩きは交通費の節約とバス撮影を兼ねた非常に経済的な行為なのだ。これは一畑バスのキュービックLR。

006
宍道湖に沿って北上すると、まあ、見えてはいたが結構歩いて松江城に着く。以前ここを歩いていて突然雪に降られ往生したこともあったが、というか、ここを歩くのも実は3度目なわけだが。さてさて、松江城。現存十二城の一つ。現存する天守では姫路城に次ぐ高さ。そして鯱は日本一大きいという。

007
木造の内部と急な階段が現存城であることを物語る。

008
今回乗りたかった遊覧船。これは以前には無かった。乗り場はあちこちにあるが、ダンナ、地ビール館に隣接する乗り場までわざわざやって来た。ちょうど昼。

009
何のために列車で来ているかというと、そういうこと。昼間から飲む地ビールは旨い!

010_2
リンゴのビール。アルコール度数9%とやや高め。ぷはぁ~。

011
ほろ酔いのまま遊覧船に乗る。船にはコタツが。にしても船の数が多い。

012
松江城の堀を巡る。視点が変われば風景も変わる。松江市内は20年前結構歩いた覚えがあるが、こういう景色は初めて。

013
通りにくい水路は船の屋根を下げて対応。「通れないから通らない」ではなく、「何とかして通す」という発想が素晴らしい。正直、こういう考えが持てるか持てないかが物事の分かれ目であろうと思う。

014
堀川を行く遊覧船。ここまで本格的な取り組みは初めて見た。残念ながら姫路、完敗です。

ここからダンナ一家、一畑電車に乗る。(以下続く)

クリックにもご協力願います!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 美濃一宮 南宮大社 | トップページ | 一畑薬師へ »

建物」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/59316590

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の松江:

« 美濃一宮 南宮大社 | トップページ | 一畑薬師へ »