« 2015年3月 | トップページ

230のミニカー入手

気が付けば、というか忙しくしているうちに更新が1年以上滞っているこちらのブログ。どう見ても放置状態。いかんいかん。

さて近況だが、先日、トミカリミテッドヴィンテージの1/43(要するに大きいやつ)、230セドリックを入手した。

108
本命のパトカー仕様。定価で税込7,992円もする。もちろんダンナだって1/43のミニカーに8000円近く出す力は無いので、「欲しいな~」と思いつつ指をくわえて見ていたわけだが、最近在庫処分にかかったのか大幅に値崩れしたので、我々庶民にも手の届く値段になったのだ。

106
値段が値段なだけに、もう1台買ってしまった。同じ顔のは面白くないので後期型GLを。子供のころ近所でよく見た。パトカーは俗にいうスタンダード顔で、前期型と後期型の区別はないが、このモデルは後期型。こう並べると「西部警察」を思い浮かべる世代である私たちが、この製品のメイン購買層なのである。

109
後期型ゆえ、3連テールランプ中央にウインカーが入る。ランプ間のモールデザインも前期型はシンプルなデザインであった。こう見るとパトカーは同成型でメッキされていなかったんだな。

にしても、子供のころ「熱烈に欲しかった」230セダンのミニカーがこうもあっさり製品化されるとは時代も変わったものである。このミニカーの出来など秀逸としか言いようがなく、このテールランプだけでもニマニマ眺めてしまう。230~430についてはミニカーで出ているものは全部欲しいが、もちろん財布が許さない。

まあ、230のモデルが全く無かったかというとそうではなく、

107
この写真の左側、トミカダンディにグロリアバンがあった。バンなのでスタンダード顔をしており、ダンナお気に入りの一品。子供のころ、これのパトカーを持っていたのだが西部警察スタントごっこをしていて壊してしまい、今は廃車体状態。写真のは阪神淡路大震災の前に、播磨観光タクシー氏と行った淡路島の玩具屋で見つけたもの。グロリアなので右のセドリックとはボンネットフードのプレスが異なる。縮尺も1/49とやや小さい。

このバンをこういう風に持ってね、

105

「セダンに見える!」と楽しんでいた、そういう人は他にもいるに違いない。アホか、という人は我々世代の奥深き精神世界を・・・、まあここまで読んでないわな。

そこで実車の写真を前にも紹介したよな~、と思っていたのだが330以降だった。230はスキャンすらしていないではないか。

今日はもう寝よう・・・。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ