松山での収穫【バス編】

今回の四国旅行での収穫。バス編。
※型式・年式はネットで調べました。手抜きでございます。

1.徳島駅
B03
徳島市交通局H506 徳島230あ506 
日野ブルーリボンシティノンステップ KL-HU2PMEE 2002年式

銀色に青帯の一般色に慣れているため、青がピンクになると目がチカチカするというか、最初ネットで見たときは画像をいじくってウソバスでも作ったかと思ったものだが・・・。それにしても訳分からんセンスである。

2.吉野川サービスエリア
B01
JR四国バス674-1902 愛媛200か53-63 
三菱ふそうエアロエース LKG-MS96VP 2011年式

吉野川サービスエリアにいると松山や高知へ向かう高速バスや貸切バスが次から次にバスがやって来る。あまりに順光で美しく撮れそうなので、ついつい粘って何台か撮ってしまった。これは松山行きのJR高速バス。特に趣味的にどうという意味はないが。

B02
徳島バス 徳島200か14
日野セレガFD KC-RU3FSCB 1999年式

初代セレガもあまり見なくなってきた。この車両も15年選手。こんな古いクルマが走っているとは思わなかった。引退近しというところか。

3.道後温泉本館裏
B04
両備バスF0607 岡山200か760
三菱ふそうエアロクイーンⅡ PJ-MS8系 2006年式

ネットで調べても型式が出てこなかった。両備にたくさんいるので珍しくはないけど綺麗に撮れそうならば撮るということで。

4.松山市駅
B05
伊予鉄道 愛媛22か1678
日野ブルーリボン P-RU637BB 1988年式

貸切転用のリムジンバス。この手のクルマは、貸切や高速で使い倒した車両が最後のお勤めをするものだが、それを差し引いても古い。バスの寿命ってせいぜい15年。20年も使う事業者は相当のものだと思っていたが、26年を経てまだ現役とは。これがまた、結構な台数が生き残っている模様・・・。

B11
伊予鉄道 愛媛200か5413
日野セレガ

伊予鉄道の名誉のためにも。このような新車も多数が活躍している。

B12
宇和島自動車 愛媛200か5105
三菱ふそうエアロバス KL-MS86MP 2005年式

宇和島バスは、ダンナの好きなカラーリングだが、最近の貸切はちょっと首を傾げたくなる新色。ここのトラック部門も同じ旗の模様を付けたツートンの車体だったが、こちらも塗装が変更され、旗マークも無くなった。残念・・・。

5.道後温泉駅
B06

B07
伊予鉄道 愛媛22か1695
日野ブルーリボン P-HT233BA 1988年式

丸目のブルーリボンがまだ生き残っている。まあ奇跡というべきなのだろうが・・・。数台はいる模様・・・。

6.松山駅
B08

B09
奥道後交通 愛媛22か1770
三菱ふそうエアロクイーンW P-MU525TA 1989年式

う~ん。少なくとも3台はいるらしい、クイーンW。化石というべきなのだろう。旧車がまとまって生き残っていると、免疫が出来るのか不思議だと思わなくなる。しかし、クイーンW自体が珍しいのである。全国でもそう何台も走っているものではないのである。「まだいるな~」と感慨に浸ったりするが、前に見たのも20年以上前なのである・・・。

B10
伊予鉄道 愛媛22か1680
日野ブルーリボン P-RU637BB 1988年式

貸切カラーもいた。もう訳分かりません。誰か助けて~。

クリック願います!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (3) | トラックバック (0)

伊予鉄道松山市内線

松山市内で、おかみ+コッコ2号と別行動となったダンナ+コッコ1号。数時間のうちにあちこち撮らねばなるまい。

伊予鉄道の松山市内線と言えば、多くのファンが軽量車体のモハ50を思い浮かべることと思う。前扉が連接扉の62~64と引き戸の65~69、計8両と呉市から来た同型車1001~1003の合計11両あったが、車体が弱いのか先に廃車が進んでいて現在は66~69の4両が残るのみである。

Dsc_0765_1_2
松山城をバックに69号。少なくともダンナが物心付いた頃から松山の市内線と言えばこの組み合わせだった。長く憧れていたが実車を見たのは大学に進学した後のこと。それからでも20年以上経つが、変わらぬ姿を保っている。(市役所前)

Dsc_0767_1
「く」の字型に上部の折り目、側面のリブ、一六タルト。ああ、松山。

Dsc_0776_1
モハ50の1次車、トップナンバー51号も非常に美しく保たれている。1951(昭和26)年ナニワ工機製。京都市電800形と同型で前後扉であったが、のち前中扉に改造されている。

Dsc_0711_1
同型車53の車内。木目の美しい車内は今となってはモダンな感じさえする。古き良き時代の路面電車。今でも普通に乗れることに感謝。

Dsc_0781_1
2次車となる57号。広島電鉄550型と同型車。(市役所前)

Dsc_0709_1
2次車途中からは前面中央窓の幅が広がった。61号。(上一万)

Dsc_0747_1_2
愛媛県庁をバックに4次型77号。3次型と同じスタイルながら軽量車体をやめ、側面「く」の字とリブが無い平凡なデザインに。市役所前~県庁前間は松山城か県庁をバックに撮れる定番撮影地。お城と県庁の両方と路面電車を撮れる場所はないかとウロウロしてみたが、どうしてもうまく入らない。(市役所前~県庁前間)

Dsc_0788_1
モハ2000。元京都市電2000形。車番は書体も含め京都時代のまま。すっかり松山に溶け込んでいる。

Dsc_0805_1
モハ2100。アルナ製リトルダンサー単車型。松山市駅の折り返し線長さが足りず連接車に出来なかったというが、そのため定員が47名と従来車の半分しかなくラッシュ時には苦しそう。10両が在籍。(県庁前~大街道間)

おまけ。やっぱりダンナお気に入りのモハ50軽量車を。

Dsc_0691_1
66号(道後温泉)

Dsc_0801_1
68号(県庁前~大街道間)

以下バス編へ続く・・・。

松山に行きたくなった方はクリックを!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神バス いすゞKK-LR233J

雨の浜田車庫で。

208f

208r

阪神バス208号 いすゞ”エルガミオ”KK-LR233J 1999年式
事業用としては非常に珍しいツーステップのエルガミオ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

3月最後の日

実はこの1週間、コッコ1号2号は高松出張中(おかみ実家に放り込み中)なのだった。で、ダンナとおかみ(主におかみ)は1週間静かに過ごすことができたわけだが、3月最終日、とうとう怪獣どもが帰ってくるというので、「まあ、デートでも行くか」とアテもなく家を出る。

3105
近所に出来たパン屋で朝とも昼ともつかない食事を調達、農業公園(いわゆるワイン城)で食べるか、と。それなりの時間なのだが、人が少ない。かなり寂れている。それにしてもトイレが古くて汚いのには参った。このトイレ一つでなんか終わった施設のような気がした。

3101
その後、ふと思い立って舞子墓園へ。ここには他より早く満開になる桜が1本だけあって、坂を登るバスと絡めて撮りたいと思いながら10数年・・・。この場所で撮ったのは初めて。いろいろと挑戦したが、想像したような構図にならない。キュービックが来たのは良かったけど。

で、望遠ズームに付け替えて立ち上がったとたんに、カメラバックから短いほうのズームレンズがコロンと転がり出て地面に落下・・・。ガチャン!

あ、あかん・・・。
慌ててカメラに付け動作を確認するが、異常は見られない。カメラ表面にキズは付いたがレンズは無事のようだ。振ってみたが内部に部品が落下している音もしない。

セ、セーフだったのか・・・?

(答えは後で判明することになる。)

3108
天気も今ひとつで、どうも気分が乗らないので、どっかへケーキでも食べに行くか、ということになり伊川谷駅方向へ。元明石市バス車両数台が神姫バスとなって走り始めたので塗り替えて綺麗なうちに撮っておく。(実はレンズに異常があるのだが、撮っている分には気付かない。この写真で分かりますか?)

3106
いつも前を通っていて気になっていた「モルトクオーレ」へ。

3107
ケーキセット。ゼリーが付いていたりするが、やや高め。

3102
で、帰るのか、というとそうではなく、三木市内へ。ここへ来るなら農業公園から直接来たら良さそうなものだが、無計画に行動するからこうなる。もっとも、15時を過ぎないと志染以遠は1時間に1本しか電車が来ないから、早く来てしまうと暇でしょうがない、なんてことにはなる。

この時間だったからこそ、同じように電車を撮っている人がいる。と思うと知り合いだった。

3103
「こっち側からも撮れるんですよ。」と教えてもらった。三木城をバックに。なるほど~。

3104
ついでに三木城に登って上から電車を撮る。手前の古い街並み(ナメラ商店街)と三木城の瓦を入れて撮ってみたが、実際に目で見るよりイマイチ感は否めない。背景が住宅地でごちゃごちゃし過ぎているのか。本当は写真の腕がないからだろうが。

家に帰って気付く。ケーキ屋の写真はコンデジ使用なので関係ないが、神姫バスと神鉄の写真。右側がブレているのがお分かりいただけようか。焦点が合わずにボケているのではなく、流れているように見える。「片ボケ」と言われる現象で、舞子墓園でレンズを落としたからに違いない。内部で何かが歪んでいるのだろう。行楽時期を前にレンズ使用不能は辛いので修理に出さねば・・・。この機会に明るい単焦点レンズを1本買っても良いけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オレンジアロー連

新三田で神姫バスに登場した西日本初の連接バス「オレンジアロー連(れん)」試乗会に参加。多くの方のブログなどに登場しているので、あえて詳しくは説明しない。

3001
新三田駅前。試乗会に集まる人々。隣接する立体駐車場に上って、(模型資料用に)屋根上を撮ってやろうというのはダンナにとっては日常行動だが、他に上がってくる方がいなかったのは意外・・・。

3002
この日は20分ヘッドで2台を走らせている。武庫川を渡るエルム橋で順光になるので、そこでしばし粘って撮り・・・、

3003
なんかLRTと同じような感じやな~、とか言いながら乗り、

3004
駅前で再び撮る。連接バスは直線になっているより、このようにカーブで車体をくねらせたいるほうが格好良いですね。

3005
ここ新三田はターミナルから出て来る路線車が綺麗に撮れる。喜んでパシャパシャ撮る。いや、何度も同じクルマばかりが来るんですってば。最近は明石近辺では見なくなったような気がする元淡路交通のキュービックも元気に活躍中。

3006_2
ダンナ、結構好きな西工エアロスターS。最初は「ブッサイク」と思っていたのに・・・。

3006

| | コメント (3) | トラックバック (0)

撮りバス

昔、今から思えば28年も前のことになるが(本当に昔やな~)、ダンナがいつもバスを撮っていた妙法寺駅前。

さてさて、別に何をという目的無く、「地下鉄1本待ち」の間にカメラを向けていたら、バス待ちのおっちゃんに声を掛けられた。雨の中、傘を差してまでバスを撮っている”変なマニア”と認定したらしい。

「なあ、撮り”テツ”っていうんやろ。アンタみたいなんは何て言うんや?」

そら、撮り”バス”やろが。とは思ったが、
「いや~、そんな言葉が生まれる前、30年前からこうやって撮ってますんで知りませんわ。」

とまあ、真面目に答えてしまった、かな、と。

Dsc_0512_1
神戸市交通局263(落合) 
日産ディーゼルKL-UA452KAN(西工96MC B-Ⅱ)2004年式

Dsc_0518_1
神戸市交通局219(落合)
日野KL-HU2PLEA(日野) 2001年式

ブルリシティも11年落ちか~。そろそろ危ないな・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神戸市バス収穫

今回のSKTオフ会は、必死に目指すバスを撮るあるいは乗る!というイベントではなく、まあ久しぶりに顔を見るのでグダグダしゃべってバス乗って、晩は飲み会というゆる~い会合だったので、特に大きな収穫はなし。また六甲道は昨年6月に来ているので重複もあり。ご容赦を。

01
魚081 三菱ふそうLKG-MP37FK(MBM) 2010年式
ワンステベースのエアロスターノンステ。ダンナ家の近所は純正ノンステのほうをよく見るので、まだ違和感はある。ドア上の妙に大きい空間が好きになれない。神戸市は黒いから良いようなものの、神姫になると目も当てられない。(JR六甲道)

02
魚220 日産ディーゼルKK-RM252GAN改(西工) 2001年式
1台のみ存在する西工中型CNGノンステ。1台だけだが昨年も撮れたし、ダンナはわりと遭遇しやすいクルマ。しかし車齢11年、まもなく廃車か。(JR六甲道)

03
魚201 三菱ふそうKK-MJ23HE(MBM) 2000年式
今回摩耶ケーブル下まで乗ったエアロミディ。昨年は撮っただけ。まもなく廃車となろう。(JR六甲道)

04
石018 日野ADG-HX6JLAE(J-BUS) 2007年式
勢力拡大中のポンチョ。新鮮に感じたこのカラーのポンチョも、もう登場して5年も経つのが信じられないが、増えたら増えたで食傷気味とは人間勝手なものである。(JR六甲道)

05
魚047 いすゞPDG-LR234J2改(J-BUS) 2008年式
もはやいすゞなのか日野なのか、大型なのか中型なのか、興味も失せたこのシリーズではあるが。エルガミオCNGノンステ。(JR六甲道)

06
魚442 日野KL-HU2PLEA(日野) 2003年式
ブルーリボンシティのこの顔も、今見ると「なかなかカッコ良いじゃないの。」と思ってしまうのは、バスメーカーが疲弊して減ってしまい、ここ数年で外観だけでも5種あった大型バスが2種類に集約されてしまったことと無縁ではあるまい。ブルリシティ、ハイブリッドならばこの車体をまだ作ってくれるが・・・。(阪神御影)

以下、飲み会・・・。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

20年

いや、40歳を過ぎると考えることもある。人生も半ばを過ぎたと判断するのが良かろう。残りの人生のほうが少ないと想像したところでピンと来ないのだが。いや、そうではなくてバスの話。mixiに何気なく昔のバスの写真を載せたりしているのだが、

047f
神戸市交通局047 三菱ふそうK-MP107K 1980年式

例えばこの写真。高校時代、047が中間改装され局番レタリングが大きくなって出てきたので、キレイなうちにと撮ったものである。ダンナにとってはブルドック自体が新しいバスの部類であって、その認識が時代錯誤だということは十分承知しているのだが、かと言ってなかなか消えるものではない。

しかし、思う。この047が廃車されたのが恐らく1991年頃であって、それからすでに20年が経つということである。例えば、ダンナがバス撮影を始めた1984年頃、古いバスに関心があっても1964年に廃車になったようなバスは認識の外、すなわち神話時代のバスであったということである。1964年に廃車になるということは、1953年式くらいなのだが。いや、確かに神話時代である。

神戸市の日野が600番台だった、などという大先輩の話を、もうすでに他人事のような、そんな気持ちで聞いている自分を思うと、このブルドックの話さえ、今のバスファンの方々にとっては何ら共感を起こすことのない遠い世界の話

なのかも知れない、というか、に違いない・・・。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

十和田観光電鉄 いすゞBU10他

青森駅前のカプセルホテルを朝早く抜け出し、野辺地から南部縦貫鉄道に乗って七戸に出たダンナ。何もないその辺をうろついていると十和田観光電鉄七戸営業所にたどり着いた。多分、大方の南部縦貫乗車者が訪れたであろう営業所である。早速許可を得て車庫に入る。KBXのBUがうじゃうじゃいた。平面ガラス仕様はやはりカッコ良い。いずれも撮影は1993年9月のこと。

1876f2
青22か1876 いすゞBU10(川崎) 1979年式?

1878r2
青22か1878 いすゞBU10(川崎) 1979年式?3連テールじゃ。

2103f2
青22か2103 いすゞK-CLA500(川崎) 1980年式

実はこの前に盛岡でBUばかり見ていたので、どうもCJM系の顔が希少に思えず、あまり熱心に記録していない。今から思えば勿体ないが、デジカメ時代でもないので仕方ない。

そういう、思い出の七戸。
実はもう一つ、七戸でのクルマネタ。次の機会に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

十和田観光電鉄 いすゞCRA650

オバQの続きというわけではないのだが、山陽バスの中古車がとうとう十和田観光にも出現したと聞き、所蔵の写真を引っ張り出してきた。

258f

258r
十和田観光電鉄 いすゞCRA650(川崎) 1977年式?
(1993年9月 青森駅)

ダンナ18きっぷで放浪していたときに青森駅前で撮ったもの。当時にしても「ボロい」感じがした。国際興業カラーだった貸切から塗り替えたものでナンバーも付替である。山陽の中古もこのカラーになっているようだ。何となく電車と同じ色遣いを意識しているが、車体が白いため雰囲気は異なる。この点、土佐電鉄の電車とバスの関係に似ている。しかし十和田観光の電車は今年廃止されてしまった。

余談だが、十和田観光のタクシーは国際興業貸切カラーを使っていて、本家のような小豆色ではないのが面白かった。この旅行中取り損ねたまま現在に至っている。まあ本家が小豆色だったというのも昔の話。

| | コメント (2) | トラックバック (0)