3月最後の日

実はこの1週間、コッコ1号2号は高松出張中(おかみ実家に放り込み中)なのだった。で、ダンナとおかみ(主におかみ)は1週間静かに過ごすことができたわけだが、3月最終日、とうとう怪獣どもが帰ってくるというので、「まあ、デートでも行くか」とアテもなく家を出る。

3105
近所に出来たパン屋で朝とも昼ともつかない食事を調達、農業公園(いわゆるワイン城)で食べるか、と。それなりの時間なのだが、人が少ない。かなり寂れている。それにしてもトイレが古くて汚いのには参った。このトイレ一つでなんか終わった施設のような気がした。

3101
その後、ふと思い立って舞子墓園へ。ここには他より早く満開になる桜が1本だけあって、坂を登るバスと絡めて撮りたいと思いながら10数年・・・。この場所で撮ったのは初めて。いろいろと挑戦したが、想像したような構図にならない。キュービックが来たのは良かったけど。

で、望遠ズームに付け替えて立ち上がったとたんに、カメラバックから短いほうのズームレンズがコロンと転がり出て地面に落下・・・。ガチャン!

あ、あかん・・・。
慌ててカメラに付け動作を確認するが、異常は見られない。カメラ表面にキズは付いたがレンズは無事のようだ。振ってみたが内部に部品が落下している音もしない。

セ、セーフだったのか・・・?

(答えは後で判明することになる。)

3108
天気も今ひとつで、どうも気分が乗らないので、どっかへケーキでも食べに行くか、ということになり伊川谷駅方向へ。元明石市バス車両数台が神姫バスとなって走り始めたので塗り替えて綺麗なうちに撮っておく。(実はレンズに異常があるのだが、撮っている分には気付かない。この写真で分かりますか?)

3106
いつも前を通っていて気になっていた「モルトクオーレ」へ。

3107
ケーキセット。ゼリーが付いていたりするが、やや高め。

3102
で、帰るのか、というとそうではなく、三木市内へ。ここへ来るなら農業公園から直接来たら良さそうなものだが、無計画に行動するからこうなる。もっとも、15時を過ぎないと志染以遠は1時間に1本しか電車が来ないから、早く来てしまうと暇でしょうがない、なんてことにはなる。

この時間だったからこそ、同じように電車を撮っている人がいる。と思うと知り合いだった。

3103
「こっち側からも撮れるんですよ。」と教えてもらった。三木城をバックに。なるほど~。

3104
ついでに三木城に登って上から電車を撮る。手前の古い街並み(ナメラ商店街)と三木城の瓦を入れて撮ってみたが、実際に目で見るよりイマイチ感は否めない。背景が住宅地でごちゃごちゃし過ぎているのか。本当は写真の腕がないからだろうが。

家に帰って気付く。ケーキ屋の写真はコンデジ使用なので関係ないが、神姫バスと神鉄の写真。右側がブレているのがお分かりいただけようか。焦点が合わずにボケているのではなく、流れているように見える。「片ボケ」と言われる現象で、舞子墓園でレンズを落としたからに違いない。内部で何かが歪んでいるのだろう。行楽時期を前にレンズ使用不能は辛いので修理に出さねば・・・。この機会に明るい単焦点レンズを1本買っても良いけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カレー

コッコ2号が幼稚園でもらったカレールーを使って

070201_2
おかみの指導のもと、カレーを作っているところ。

070202_2

さあ、めしあがれとな。部屋を片付けるのが先のような気もするが。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

季節もの

午前の仕事が終わったら昼食を食べ損なっていたという日、今帰ってから昼食は遅いけど夕食には早過ぎるな~、何か食べたいなとケーキ屋で何か買って帰ることにする。ダンナ、行きつけというほどではないのだが、小さい頃からごく近所にあったということで東須磨駅前の「ボック(現在は「ボックサン」)」を利用していたため、現在もとりあえずケーキの基準はそこにある。この「ボック」系統、もちろん口に合わないという人もいるが、味覚は小さい頃から慣れ親しんだものに左右されることなので、合う、合わないはあってしかるべきなのである。

今回は会社の帰りにクルマで寄れる西神の「リッチフィールド」。ご存知のとおり現在の「ボックサン」とは兄弟にあたるが、やや甘さを控えた大人味の店である。

Img_3021_1

何もなければ「いちごショート」を一つは買うのが定番なのだが、ショーケースを眺めると栗やかぼちゃを使った秋らしい色合いのケーキが並んでいたので、そちらばかりを買い求めた。

帰っておかみとコッコ2号でつついたが、結局大半を食べたダンナとおかみ、胃がもたれて夕食が遅れることに。やっぱりトシかな~。1つが限界か。ケーキバイキングなんて、とんでもない。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

公休日の朝は

コッコ1号をクルマで幼稚園に送り、その足でおかみとコッコ2号を乗せたまま近所の”ぶぅらんじぇ”へ行く。チェーン店のパン屋なのだが2階がイートインで、モーニングを頼んで平日午前のガラガラ店内でゆったりと過ごすのが最近のお気に入りなのだ。

Img_0649_1
モーニングAセット(515円)。店内で好きなパンを1つ選ぶシステム。パンはみな105円とお手軽な価格。スープはその日により数種類。今日はヨーグルトがアイスクリームに変わっていた。

とにかく空いていたので適当に座っていたが、後から来たオバハン2人組、わざわざダンナ一家の隣に来る。別に構わんが、めっちゃ空いとるんやから、もっと離れて座ってくれよ、というか、普通は離れて座るやろ、と。こういう場合、こちらが離れるのも何か変やし。結局しょーもない世間話を聞かされるハメになるし。

やれやれ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

かわせステーキ

いや、別に宣伝を依頼されたわけでも広告費をもらったわけでもないのだが。

Img_6883_1
スーパー「かわせ」のステーキ肉。グラム118円のオージービーフである。「奉仕品」とあるが、いつ行っても売っているわけで。ダンナ一家御用達の一品である。

Img_5335_1
こういう感じで食べると、それなりに見栄えがするので見た目でダマせる。

ま、ご存知のとおり肉の味は価格に比例するため、ダンナ的には焼肉にもグラム298円以上のものを使いたいと考えているが、この肉、安い割には別に不味くはなく、ましてやコッコ1・2号は「量と見た目で勝負」ゆえ、これで十分である。何となく小贅沢な気もするし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

たらの芽

ダンナ誕生日(ってもう39なんだが・・・)のお祝いということで、そういえばその昔、コッコ1号がひっくり返して無事だった卓上電気揚げ鍋による「天ぷらパーティ」と相成った。

Img_7061_1

この時期は「たらの芽」でしょう!(ってピンボケかい。)

と、エラそうに言ってはいるがダンナ、15年以上前「家栽の人」でタラの芽を採るシーンが出てくるまで、その存在を知らなかったものなのだが・・・。そう言えばこのところ、土手なんぞで土筆採りをしている方もよく見かける。

それにしても、春を告げる食べ物はほのかに苦いのが良いですな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀杏

ややこしいのでカナ書きするが、おかみが近所の
イチョウの木から落ちたぎんなんを拾ってきて、
先日の「揚げパーティ」で素揚げにしてみた。

Img_5285_1

揚げてみると、透明感が出ておいしそうになる。
実際モチモチした歯応えと苦味が美味であった。

ま、酒のアテではあるが。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

秋味

毎年同じネタで恐縮ではあるが。

Aki01

サンマ。秋味。
いつもながら同じ組み合わせである。

Aki02
今年はコッコ1・2号もサンマ解体に挑戦。

Aki03
おおっ、さすがダンナの子だけある。

Aki04
もちろんダンナ、内臓も含め完食!である。

Aki05
左は今回おかみが発見した「秋生」。
サントリーの発泡酒である。にしても「秋味」と
デザインが似すぎてはいないか。

味は・・・
好みの問題ではあるのだが、

もう買おうとは思わなかった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

収穫

庭で栽培していたゴーヤが食べられる大きさに
成長したので、収穫した。

Goya
とりあえず2本。

せっかくなので、水にさらして生のまま
塩麹ドレッシング(いぶき工房自家製)
であえ、鰹節をかけて食べてみた。

この歯ごたえと苦味、病み付きになる。

しかしながら、セロリといい、ゴーヤといい
子供の頃は絶対キライな味だったずなの
だが・・・、

酒のアテになるものなら
今は何でも美味しく感じるものなのである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

だだちゃ豆

ここでは常連のアルプス銀水タクシーさまから
「だだちゃ豆」をいただいた。
山形県鶴岡の特産で、大豆の銘柄の一つ。
枝豆用として優れる。外観は茶色っぽい毛が
生えているのが特徴。「だだちゃ」とは「お父さん」
の意だとか。どうしてこの名前が付いたのかは
諸説あるとか。(ただし鶴岡で「だだちゃ」の意味
は通じるが、日常用語ではないらしい。)

ともかく、アルプスさまから教えられたとおり
調理する。

Dadacha
普通の枝豆のような鮮やかな色ではない。

これ、香りや味が通常の枝豆より濃い。かなり
「豆の味」がする。夏のビールに最適である。

面白いことにこの豆、他の土地で栽培すると、
普通の枝豆になってしまうそうな。

アルプス銀水タクシーさま、ありがとうございました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧